有効期限が過ぎてしまった!?そんな法人カードの対処法を紹介します

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 法人カードの有効期限について

    法人カード

    (最新更新日:2018年12月13日)

    法人カードの有効期限について、誰もが分かる解説をします!

     

    みなさまはクレジットカード同様、法人カードにも有効期限があることをご存知ですか
    利用者の中には発行してから気づいたという方も多く、中には有効期限が過ぎて法人カードが使えなくなってしまったという方も少なくありません。

     

    そんな有効期限が切れた法人カードはどうしたら良いのか、イマイチ分かりませんよね。

     

    そこで今回は、法人カードの有効期限の読み方や見方、切れてしまったときの対応などを、初心者の方にも分かりやすく解説します!

     

    「そんなこと分かってるよ」と思われている方もいますが、意外にも間違った情報で覚えていることがあるので、法人カードの有効期限についてぜひ一度ご覧ください。

     

     

     

    期限はどこを確認すればよいのか?

     

    まず、現在利用されている法人カードの有効期限を確認してみましょう!

     

    一般的な法人カードの有効期限は、券面に「2桁/2桁」のエンボス加工(凸凹加工)で表示されています。
    「09/20」や「05/18」という表示がされ、4つの数字の真ん中にスラッシュが入り、左が「月」右が「年」を表します。

     

    1. 02/22…2022年2月まで利用可能
    2. 11/20…2020年11月まで利用可能
    3. 12/16…2016年12月まで利用可能

     

     

     

    期限が切れてしまうとどうなってしまうのか?

     

    上記の例でいう3番のような、有効期限が切れた法人カードはどうなってしまうのか?
    結論から申しますと、有効期限なので当然ながら利用不可になります。

     

    お店やネットはもちろん、電気や水道代などの公共料金の支払いも法人カードでおこなっているのでしたら、使えなくなる恐れがあります。

     

    しかし、ご安心下さい!基本的に、法人カードは発行会社の方で有効期限を自動で更新
    そのため、有効期限が過ぎる前に延長された法人カードが届くような手配となっています。

     

    届いた法人カードはそのまま利用して問題ありませんし、有効期限の切れた法人カードは一応ハサミで切るなどして破棄していただいて大丈夫!

     

    このように、自己判断で解約手続きをしない限りは法人カードを利用することが可能です。
    法人カード発行会社としても利用者の方には長く利用されたいと思っているのでこういった自動更新があるのですが、中には以下のようなことをしてしまい利用停止になるケースもあります!

     

    1. 利用料金の返済が未払い(複数持ちの方は他社含め)
    2. 自己破産や債務整理をしてしまった
    3. 法人カードの利用頻度が少なくなった

     

    特に1・2の場合は更新停止になる確率が高いです。
    利用者側が引き起こしたトラブルとはいえ、更新停止となってしまったら受け入れないといけないこともあります。

     

     

    期限の明確な日程は?

     

    法人カードの有効期限は、基本的には月末です!

     

    例えば、有効期限が「06/19」であれば、「2019年6月末(30日)」まで法人カードを利用できます。
    「2019年7月1日」からはご利用できませんので、新しく配布されている法人カードを使用しましょう。

     

    ※カード発行会社によっては猶予期間(約10日)を設けているものもあり、その場合は翌月でも使えます

     

     

    期限が切れた場合、再審査されるのか?

     

    もし仮に、あなたの持っている法人カードの有効期限が切れてしまい、更には新規の法人カードも無いといった場合、どういった対処をおこなえばよいのか。
    こうした際には、必ず途上与信と呼ばれる「利用者の定期審査」が行われます。

     

    まずこうした場合において、法人カード発行会社は「なぜこの利用者(あなた)は法人カードを持つに値しないか」を見ます。

     

    法人カード発行会社にとっては更新停止されている利用者というのは、何かしら信用が欠けるようなことがあったと思われています。

     

    法人カード発行会社としてリスクを少しでも減らしたいので、信用度が低い利用者には発行できません。

     

    しかし何らかの不備、あるいはアナタの軽いミスによって有効期限が切れてしまっただけであれば、途上与信後のその年から法人カードの利用許可が再度おりることになります。

     

     

     

    有効期限に手続きは不要!法人カードは自動更新!

     

    当ページ「法人カードの有効期限について」を最後まで読んでいただきありがとうございました。
    内容は初心者向けではありましたが、法人カードについてのおさらいができたのではないでしょうか?

     

    基本的に有効期限が切れると使えなくなりますが、それに代わる新しい法人カードは発行されます
    もし発行されていないといった場合は、何かトラブルが原因で止まってしまった可能性があります

     

    あなたに金融トラブルなどの心当たりがなければ、一度発行会社の方へ連絡することをおすすめします。

     

    有効期限について理解した後は、あなたにピッタリの法人カードを探されてみてはいかがですか?
    当サイトおすすめの法人カードの比較ランキングがありますので、ぜひご覧ください!

     

    法人カード比較ランキング