ガソリン法人カードはセルフスタンドでも使える!ただし注意点アリ!

ガソリン法人カードはセルフスタンドで使用可能です!

最終更新日: 2019年7月5日

ガソリン法人カードはセルフスタンドで使用可能

有人スタンドよりも低価格で抑えられるセルフスタンドですが、そこでガソリン法人カードがいつも通り使えるのか気になる方は多いですよね?

実は、セルフスタンドでもガソリン法人カードは使用可能
特別な手続きが増えることなく、給油前にガソリン法人カードを指定の挿入口へスキャンすればOKです。

もし、社員の方がセルフスタンドでガソリン法人カードを使用する場合、注意していないと気付かぬ間に不正利用されている可能性もあります。
そういったことにならぬよう、ガソリン法人カードをセルフスタンドで使用する際の注意点は必ず知っておきましょう!

当ページでは、まずはセルフスタンドでのガソリン法人カードの使い方を紹介し、その後に使用時の注意点を紹介していきます。

使い方はクレジットカードと同様

使い方

セルフスタンドでのガソリン法人カードの使い方はとても簡単
クレジットカードをセルフスタンドで使用したことがある方なら、既に知っていることかもしれません。

手順は以下のようになります。

  1. 法人カードをスキャンする
  2. スキャンが完了次第、法人カードを抜き取る
  3. 給油する量や料金を指定する
  4. 給油を行う
  5. レシートを受け取る

少し変わったところと言えば、法人カードを受け取るタイミングでしょう。
通常であれば、決済時に法人カードを使用しますが、セルフスタンドの場合は給油前にスキャンと受け取りを行います。

また、最後に発行されるレシートはできる限り受け取るようにしてください。
レシートが無くてもガソリン法人カードの利用状況はネットで確認できますが、念のためレシートを取っておく方が良いでしょう。

社員の方に配る場合は注意が必要!

注意点

経営者の方は、ガソリン代の管理を楽にするためにガソリン法人カードを社員の方へ配ることでしょう。
もし社員の方にガソリン法人カードを配る場合、セルフスタンドでの使用は控えた方が良いかもしれません。
なぜなら、セルフスタンドでガソリン法人カードを利用した場合、給油した車両の特定がしにくいからです。

有人スタンドでガソリン法人カードを使用した場合、レシートに車両番号が記載されます。
車両番号とは、ガソリン法人カード1枚に対して紐づけられた車両のナンバーのことです。

セルフスタンドでガソリン法人カードを使用した場合、この車両番号がレシートに記載されないケースが多いようです。
そのため、セルフスタンドでのガソリン法人カードの使用を許可すると、どの車両に給油したのかがわかりません
それを利用して、良からぬことを考えた社員の方がガソリン法人カードの決済で自家用車に給油してしまうという恐れが出てきてしまいます。

したがって、ガソリン法人カードはセルフスタンドではなく、有人スタンドでの使用に限定するようにしましょう!
セルフスタンドの方が料金を抑えられることは確かですが、不正利用の発生には代えられないでしょう。

正しく使えばとても便利!

ランキング

ガソリン法人カードはセルフスタンドでの使用を控えた方が良いことがわかりましたか?
不正利用が発生し、お互いに信頼を失うくらいなら、最初からセルフスタンドでの使用を取り締まるべきでしょう。

ガソリン法人カードの注意点が少し目立ったかもしれませんが、正しく利用していれば便利なアイテム
ガソリン法人カードを渡した各社員は、給油時に現金での支払いをせずに済みます。
そのため、後に行わなくてはならない立て替え作業が発生しないのです!

それによって、経費処理がとても簡単になります。
経費処理が軽減できれば、経理担当者の負担が減り、人件費削減や他の作業への割当などに繋がりますよ!

当サイトでは、そんなガソリン法人カードを比較してランキングを作成。
給油の割引やキャッシュバックなど、様々なガソリン法人カードを紹介しているのでぜひご覧ください!

ガソリン法人カードランキング