法人カードにキャッシング機能は必要?不要?

法人カードのキャッシング機能は本当に必要?

最終更新日: 2019年4月30日

法人カードのキャッシング機能の必要性

キャッシング機能は、法人カードにとって本当に必要なのでしょうか?
法人カードでキャッシングを利用しない方も多いので、必要性が分からない方も多いと思います。

ビジネスでは、不測の事態に備えお金を準備できる環境にしておくのは必要なこと。
それでいえば法人カードのキャッシング機能は便利なサービスですが、リスクを感じて利用しない方もいます。

キャッシング機能は法人カードのポイント還元などと違い、使わない人には必要がないように見えるかもしれません。
しかし、法人カードのキャッシング機能を使用していなかったという方の中には、タイミングによっては大きな機会損失をしていた可能性もあるのです。

そこで今回は、法人カードのキャッシング機能の必要性について解説!
また、普段必要としない方にもおすすめの法人カードがあるので、そちらも紹介します。

利用者はこんなときにお金を借りている

利用用途

では実際に、法人カード利用者はどのような時にキャッシング利用するのでしょう。
キャッシングのメリットは、必要な時に「現金」の用意が「すぐに」できることにあります。

例えば、「今日中に大金を振り込まないといけないから現金が必要」ということがビジネスではありますが、そういった急な場面で振り込み用の現金を用意する際に、キャッシング機能は使われます。

他にも急な出張が入ったり、払い忘れのあったオフィスの賃料を払ったり、事業へ投資するために借りたりと、使い道は色々な場面であります。

そういった不測の事態がいつ何時起こるか分からないのでキャッシング枠を設けているという方は多いのです。

また、「必要な時に現金の用意がすぐにできる」というメリットは、何も国内だけではありません。
海外でも法人カードのキャッシング機能は利用できるので、旅行や出張で海外に行く方の助けとなっています。

海外に行く場合の利用方法とは?

海外の場合

上記でも説明した通り、法人カードのキャッシング機能は海外でも利用できるというメリットがあります。

これは、日本と同様に海外のATMでもキャッシングができるということで、現地で現金が足りなくなってしまったという場面でも、必要とあらば安心して現地通貨を用意できます

また海外に行く方の中には、現地の言葉や文字が分からず、困ってしまうこともあります。
そのような場合でも、ATMは言語設定を日本語に変えることができるので、誰とも会話せずカンタンにお金を手に入れることができます。

キャッシングで手に入るお金は現地通貨なので、換金所へ新たに行く必要もありません
担保も保証人も必要ないので、海外へ行く際は海外キャッシング可能な法人カード持っておくと安心できることでしょう。

必要なければキャッシング枠を0円にしておきましょう

必要ない場合

キャッシング機能は、法人カードにとって必要なサービスだとわかりました。

では、必要性を感じなかった方はどうすべきなのか。
もし本当に必要ないと思うのならば、キャッシング枠を0円にすることをおすすめします。
というのも、可能性の1つとして、キャッシング機能の不正利用の危険性があるからです。

不正利用対策は法人カード発行会社も力を注いでいますが、イタチごっこのようにスキミング技術も高くなっています。
※スキミング:カード情報を抜き出す行為

仮に不正利用されて現金が盗まれた場合、その金額を負担するのはアナタかもしれません。
そういった件実例が過去にあり、不正利用だからといってアナタが返済しなくて良いなんてことは無いのです。

したがって、キャッシング機能に必要性を感じないならば、設けておくのは危ないので、封じてしまいましょう。

法人カードのキャッシングを0円にするのは非常にカンタン!
所有する法人カードの発行会社のへ電話をし、キャッシング機能が必要ないことを伝えるだけでOKです!

海外枠だけを設けておくこともできます

海外枠

国内と海外におけるキャッシング枠を、別々にしている法人カードもあります。
そうした法人カードの場合、海外枠だけを設けておくことをおすすめします。

先述した通り、海外でのキャッシング機能はメリットが多く、必要性を感じた方もいるのではないでしょうか。
また、国内で生活している方ならば、国内のキャッシング枠は0円となっているので、不正利用されたとしてもお金が取られることはありません。

これを初期設定の段階から見事に実現している「三井住友クラシックビジネスカード」という法人カードが存在します。
この法人カードであれば、海外最高30万円のキャッシング枠しか備わっていないので、不正利用の被害を最大限に抑制できます。

いざという時のために所持しておきたいおすすめの1枚!

法人カードの必要性

当ページを読み、キャッシング機能は法人カードに必要ではないかと思った方もいるのではないでしょうか?
そんな方には、「三井住友クラシックforOwners」をおすすめします!

一般的な法人カードの場合、キャッシング機能は基本的に個人事業主向けのサービス。
そのため、法人代表者はキャッシングを利用できません。
しかし、この法人カードであれば、法人代表者・個人事業主関係なくキャッシングを利用できます!

三井住友クラシックforOwnersのキャッシング機能の特徴は、金利が固定されていること。
通常のキャッシング機能であれば、「少額借入は18%、多額借入は13%」など、利用額によって金利が変わるため、少額利用者にとっては不利な金利となっています。

ですが、三井住友クラシックforOwnersは、金利手数料一律15%
したがって、キャッシングは必要最低限の利用で済ませたいという方にとって、この法人カードはピッタリなのです。

そんな三井住友クラシックforOwnersは、キャッシングを利用しない場合でも所持しておく価値のある法人カード!
貯まりやすいポイントサービスや、各種サービスの優待利用など、経費削減に貢献してくれるような付帯サービスが備わっています。

上手く利用すれば年会費が無料になりますし、入会初年度の年会費は無料なので、キャッシング機能に必要性を感じた方はぜひ三井住友クラシックforOwnersを検討してみてください!

三井住友クラシックforOwnersの詳細

キャッシング機能で比較したランキングもあります!

キャッシング機能付帯の法人カードランキング

今回、法人代表者でも個人事業主でも申し込めるキャッシング機能付帯の法人カードとして、三井住友クラシックforOwnersを紹介しました。
しかし、なかには他にもキャッシング機能が付帯した法人カードを見たいという方もいると思います。

そんな方は、当サイトがキャッシング機能の付帯した法人カードを比較して作成したランキングをご覧ください!
こちらでは、キャッシング機能はもちろん、法人カードとしての性能も優秀なものを紹介しているので、あなたが必要だと思える1枚が見つかるはずです。

キャッシング比較ランキング