法人カードに付帯するキャッシング機能の必要性について解説!

法人カードのキャッシング機能は本当に必要?

最終更新日: 2020年9月14日

画像: 法人カードに備わるキャッシング機能の必要性について

きっと、法人カードに付帯するキャッシング機能の必要性について、疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか?

結論を言うと、法人カードのキャッシング機能は、人によっては必要です。
緊急の支払いが発生したとしても柔軟に対応できるため、法人カードのキャッシング機能は必要と言えるでしょう。

もちろん、法人カードのキャッシング機能が必要な理由は、他にもあります。
反対に、法人カードに借入枠を設けない方が良い理由もあるので、把握しておくことをおすすめします。

そこで今回は、法人カードに備わるキャッシング機能の必要性について解説。
また、法人カードに借入枠を設けない方が良い理由についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

キャッシング機能が必要な理由について解説!

画像: キャッシング機能が必要な理由について

法人カードのキャッシング機能が必要な理由は、主に以下の2つです。

  • 緊急時に対応できる
  • 海外出張時に重宝する

キャッシング機能を有する法人カードを所持していれば、急な支払いが発生したとしても対応することができます

例えば、法人・事業を経営していると、緊急的に現金が必要なシチュエーションもあると思います。
そんな時、もしキャッシュフローに余裕がないと、困ってしまうことになるでしょう。

しかし、法人カードにキャッシング機能が備わっていれば、このような事態にも対応可能です!
24時間365日コンビニなどのATMでキャッシングできるため、突然現金が必要になったとしても安心できることでしょう。

そして、法人カードのキャッシング機能は、海外出張時にも活躍します。
これは、法人カードのキャッシングだと、現地通貨を比較的お得に手に入れられるからです。

基本的に、海外出張時に現金を調達する際は、両替所を利用することでしょう。
ただ、日本円を現地通貨に両替すると、両替手数料が掛かってしまいます。
また、両替時に現地語を話す必要があったり、そもそも手間が掛かったりするため、あまりおすすめできません。

一方でキャッシング機能が備わっている法人カードを所持していれば、海外でもコンビニATMなどで手軽に現金を入手できます
しかも、両替するより安い手数料で現金を手に入れられるかもしれないので、非常にお得です!

このように、法人カードに付帯するキャッシング機能が必要な理由は、いくつかあります。
特に、キャッシュフローの改善を図りたい方や、海外出張が頻繁にある方であれば、キャッシング機能の必要性は高いことでしょう。

法人カードとは別の審査を受けなければいけない

画像: 法人カードとは別の審査について

キャッシング機能を利用するためには、法人カード自体に設けられているものとは別の審査を受ける必要があります。
というのも、法人カードの発行会社からすれば、キャッシング機能は非常に危険性が高いサービスだからです。

法人カードのキャッシングとは、発行会社が利用者にお金を貸し付けるサービスのこと。
当然ながら、キャッシングを利用した側は、借りたお金を返済する必要があります。

しかし、万が一その利用者が倒産や自己破産をしてしまった場合、法人カードでキャッシングしたお金は発行会社に返済されません。
こういった貸し倒れのリスクが高いため、法人カードとは別の審査を設ける必要があるという訳です。

2種類の審査を設けているということは、法人カード所持までのハードルが上がってしまうということ。
所得証明書や登記簿謄本の提出を義務付けている発行会社もあるので、審査の際により様々な項目をしっかりと確認されるはずです。
もちろん、キャッシング機能の付帯を希望しない場合と比較して、審査が厳しくなる可能性は非常に高いので注意してください。

不要なら0円のままにしておくことがおすすめ!

画像: 0円のままでOK

上述した通り、法人カード申請時にキャッシング機能の付帯を希望すると、審査が厳しくなる傾向にあります。
そのため、キャッシング機能にあまり必要性を感じていない方もいるのではないでしょうか?

もし、キャッシング機能が必要でないと考えているのであれば、借入枠は0円にしておくことをおすすめします。
これは、キャッシングを利用しないのにもかかわらず借入枠を設けていると、大変な被害に遭うかもしれないからです。

例えば、法人カードを紛失したり盗まれたりすると、不正利用の可能性は爆発的に上がります。
この場合、もしも借入枠を設けていると、犯人がその法人カードで大金をキャッシングするかもしれません。
より被害額が膨れ上がる可能性があるので、キャッシングを利用しないのであれば、借入枠を設けない方が良いという訳です。

もちろん、万が一不正利用の被害に遭ったとしても、基本的には補償が受けられます。
とはいえ、場合によっては、その補償を受けられないかもしれないので、必要ない場合は借入枠を設定しないようにしてください。

最長110ヵ月も支払いを引き延ばせる!おすすめの1枚を紹介

画像: おすすめの1枚について

ここまでで、法人カードのキャッシング機能は必要だと思った方もいるのではないでしょうか?
そんな方には、特徴的なキャッシング機能を有する法人カード「セゾンプラチナ・ビジネスカード」がおすすめです!

この法人カードでは、最高50万円の金額で借入枠を設定することが可能。
他の法人カードと比較して、そこまで特徴のある借入枠が設けられるわけではありませんが、緊急時の支払いには十分対応できることでしょう。

さらに、セゾンプラチナ・ビジネスカードは、最長110ヵ月もキャッシング利用額の支払いを延ばすことができます!
支払い期間は長ければ長いほど、それだけ毎月の支払い金額を抑えることが可能です。
ゆとりある返済計画を立てられるので、キャッシング利用額の返済に苦しむことはそうないと思います。

そんなセゾンプラチナ・ビジネスカードは、なんと最短3営業日で発行できます!
きっと、できる限り早く現金を用意しなければいけない方もいることでしょう。
この法人カードであれば、最短で3日後には現金を調達できるので、様々な方のニーズに合った1枚となっています。

また、この法人カードは、プラチナランクとしては破格の2万円という年会費で所持できます!
しかも、年間の法人カード利用額によっては、半額の1万円で所持できるかもしれないので、非常にお得な法人カードです。

その他にも、驚異的なマイル還元率を実現できたり、優秀なサービスを豊富に備えていたりと、多岐にわたる魅力を持つセゾンプラチナ・ビジネスカード。
キャッシング機能が必要だと感じている方に、最適な法人カードと言っても過言ではないので、ぜひ導入を検討してみてください!

セゾンプラチナ・ビジネスカードの詳細

こちらのランキングも参考にしてみては?

画像: ランキングについて

今回は、法人カードに付帯するキャッシング機能の必要性について解説しました。
きっと、法人カードのキャッシング機能は必要だと思った方も多いことでしょう。

そんな方に向けて、おすすめの法人カードを紹介しましたが、実は他にも選択肢はあります。
他の法人カードも見ておけば、よりあなたにぴったりな1枚が導入できるはずです。

もし、キャッシング機能に強みがある他の法人カードも見てみたいという方がいたら、以下のページを参考にしてみてください!
魅力的なキャッシング機能を備える法人カード3枚を紹介しているので、あなた好みの1枚が見つけられるかもしれません。

キャッシングランキング

TOP > キャッシングについて > 法人カードに付帯するキャッシング機能の必要性について解説!