法人クレジットカードで海外キャッシング!お得な活用方法と注意点!

海外キャッシングにおすすめの法人カード

最終更新日: 2020年8月24日

法人カードの海外キャッシング

海外でもキャッシングができる、おすすめの法人カードを紹介します!

海外に行くときに、所持金について悩んだことはありませんか?
不測の事態に備えて大金を持っていくべきか、盗まれる危険性を考えると少額にすべきか…と、持っていくお金について真剣に考える方も少なくありません。

こうした所持金で悩む場合、法人カードのキャッシングを利用がおすすめ
法人カードの中には、旅先のATMからお金を借りられるキャッシング機能がついたものがあるので、これを利用すれば所持金問題を解決できるのです。

そこで今回は、法人カードのキャッシングを海外でおこなうメリットについて解説!
また、海外に持って行くと大活躍するサービスを持つキャッシング付き法人カードも紹介します。

利用にあたっての注意点などもあるので、ぜひ一度ご確認ください。

海外でお金を借りられるメリットとは?

メリット

海外でキャッシングをおこなえることには、いくつかのメリットがあります。
まずは単純に、キャッシングの本来の在り方であるお金の補充ができること!

海外では物価や勝手の違いから、現金の持ち合わせが足りなくなる場面も少なくありません。
そういった場面で、キャッシングのできる法人カードなら無から有を作り出せるのです!

キャッシングができることで、日本から持っていく所持金も少なくて済むというのもメリットですね。
海外では物騒なところも多いので、大金を持ち歩くのも気が引けます。
日本から持ち込むのではなく海外で卸すことで、そういった問題から解放されるのです。

キャッシングと聞くと利息で損なのでは?と思われる方もいますが、そんなことはありません
利息は、「キャッシング額×利率÷365日×返済期間」で計算されます。

仮に利率が18%で1万円を借りたとすると、1日分の利息は約5円になります。
これが5万円なら25円、10万円なら50円となる訳ですが、1日にかかる利息なんてその程度。
日本円レートでの計算なので少々手数料が上乗せされますが、数十万円の利用であれば大した差額ではありません。

法人カードのキャッシング利息はとても安いので、返済期間を伸ばさなければ換金所より安く現地通貨を手に入れることができるのです!

利用するには4つの注意が必要です

4つの注意点

上記で海外キャッシングがお得で便利ということが分かりました。
しかし、実際に使う際には注意しなければいけないことがあるので解説します。

キャッシング枠と利用可能枠の違いについて

キャッシング枠と利用可能枠の違い

まず、キャッシングと利用可能枠の関係性についてです。
法人カードで借りられる金額というのは、キャッシング枠の範囲内となっています。

そのため、仮に「キャッシング枠20万円」「利用可能枠300万円」の法人カードだとしたら、20万円が借りられる金額となります。

ですが、この20万円も借りられない場面というのがあります。
というのも、キャッシング枠というのは利用可能枠に依存しているものだからです!

つまり、すでに290万円使っていた場合、キャッシング枠は20万円でも10万円しか借りられません
アナタが法人カードでの支払いやキャッシングができるのは、利用可能枠の範囲内だけなのです!

初めての利用前にオペレーターへの確認を取ろう

オペレーターへの確認

法人カードによっては、キャッシングの初期設定が0円という場合があります。
この場合、当然キャッシングなどできる訳もなく、知らずにいると痛い目を見ることあります。

まずはキャッシング枠の確認をするとともに、利用可能か聞いてみましょう!

そして、この連絡は海外利用する場合でもおこなう必要があります。
というのも、国内ではキャッシングができても海外ではできない設定の法人カードもあるからです。

そのため、海外キャッシングをするためサポートセンターへの連絡は必ずするようにしましょう!

暗唱番号を設定しなければ使えないことも…

暗証番号の設定

多くの法人カードは、不正利用を考慮し、海外キャッシングでは暗証番号を必要としています。
暗証番号の設定は、様々な発行会社の方で説明がされているので、そちらで確認可能。

上記の準備ができていても、ここで躓けばキャッシング利用はできないので注意しましょう!

ATMが国際ブランドに対応しているか

セゾンプラチナ・ビジネスカード

海外でキャッシングを利用する場合、基本的にATMから手続きを行います。
その際、ATMによっては法人カードの国際ブランドに対応していないことがあります。

こういった事態に陥らないためには、海外でも利用しやすい国際ブランドの法人カードを所持しておく方が良いでしょう。
代表的なもので言えば、VISAやMastercardが挙がるかと思います。

逆に、日本人にとってメジャーなJCBは、海外では少々利用しにくいです。
しかし、アメックスは対応しているATMが多くなっています。

所持しておくべきおすすめの1枚

セゾンプラチナ・ビジネスカード

当ページを見ている方のなかには、海外キャッシングの利用に適した法人カードを知りたい方もいるのではないでしょうか?
そこでおすすめするのが、「セゾンプラチナ・ビジネスカード」です!

セゾンプラチナ・ビジネスカードは、海外でのキャッシング利用時の年利が18%
この金利が動くことはないので、高額な年利を恐れる必要はありません。

そして、この法人カードのキャッシング機能の特徴は、対象のATMや銀行から引き落とし日の前に振込が行えることです。

通常、キャッシングの利用額は、次回の請求日に一括払いとして預金口座から引き落とされます。
そのため、それまでの日数分、キャッシング利用手数料が掛かります。
しかし、セゾンプラチナ・ビジネスカードは事前に振り込めるので、その手数料を抑えられるのです!

もし、キャッシング利用額を先延ばしにしたい場合は、あとからリボ払いへと変更可能。
なので、少々手数料が上乗せされるものの、より確実にキャッシング利用額を返済できるようになるのではないでしょうか。

そんなセゾンプラチナ・ビジネスカードは、海外出張者向けのサービスが多く付帯しています。

この法人カードはポイント還元率が低い代わりに、マイル還元率が非常に高くなっています。
そのマイル還元率は最大1.125%になり、海外出張の経費削減に大きく貢献してくれることでしょう。

その他にも、プライオリティパスの無料発行コンシェルジュサービスの付帯など、サービス性の高い法人カードとなっています。
年会費はプラチナランク最安値の2万円となっているので、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

セゾンプラチナ・ビジネスカードの詳細

キャッシングには、こちらのランキングもどうぞ!

法人カード海外使用

海外キャッシングにおけるメリットと注意点はいかがでしたか?
法人カードがあれば、多額の利用可能枠とキャッシング枠の準備ができるので、海外に行かれる際でも安心できるかと思います。

キャッシング機能が使える法人カードはそこまで少なくありません。
こちらのランキングにておすすめの法人カードを紹介しているので、ぜひご覧ください!

キャッシング比較ランキング

TOP > キャッシングについて > 法人クレジットカードで海外キャッシング!お得な活用方法と注意点!