法人カードのキャッシングを利用するメリットとは?注意点も紹介!

法人カードのキャッシングを利用するメリットについて解説!

最終更新日: 2020年9月14日

画像: 法人カードのキャッシングを利用するメリットについて

様々な理由により、法人カードのキャッシング機能を利用して、現金を借り入れたいと考えている方もいると思います。
とはいえ、法人カードのキャッシングにどんなメリットがあるのか、把握しておきたい方もいるのではないでしょうか?

実は、法人カードのキャッシングには、多岐にわたるメリットがあります。
例えば、手軽に利用できることもメリットの1つ。
もちろん、他にもメリットはあるので、法人カードで現金を調達するのはおすすめです。

そこで今回は、法人カードのキャッシングにどういったメリットがあるのか解説。
各メリットを1つずつ詳しく紹介するのはもちろんのこと、法人カードのキャッシング機能を利用する際に注意すべき点も紹介します。

さらに、キャッシング機能に強みがあるおすすめの法人カードも紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

キャッシングのメリットを一挙に紹介!

画像: キャッシングのメリットについて

それでは、法人カードのキャッシングに一体どういったメリットがあるのか紹介します。
今回紹介するメリットは、以下の3つです。

  • 24時間365日手軽に利用できる
  • 海外でも利用できる
  • 保証人・担保不要で利用できる

上記3つのメリットについて、1つずつ詳しく紹介していきます。

24時間365日手軽に利用できる

画像: 利便性の高さについて

まず、法人カードのキャッシングが持つ最大のメリットと言えば、24時間365日借りたい時に借りられることでしょう。

キャッシング機能を有する法人カードでは、コンビニや銀行などのATMで現金を借りられることがほとんど。
もちろん、コンビニのATMであれば24時間年中無休で稼働している(※)ため、自身の好きなタイミングでキャッシングを利用できます。
(※ ATMによっては、年末年始など稼働していないこともあるので注意してください)

しかも、法人カードのキャッシングを利用するのに、難しい手続きや手間は一切要りません!
たった数ステップで法人カードのキャッシングは利用できるので、人によってはものの数分で現金を調達できることでしょう。
このように、借りたい時に借りられるだけでなく、手間や時間が掛からないところが、法人カードでキャッシングを利用する最大のメリットです。

ちなみに、法人カードによっては、インターネットや電話でキャッシングを利用できるものも存在します。
こういった法人カードを導入すれば、ATM手数料を抑えたキャッシングが実現可能。
キャッシングに掛かる費用をセーブできるといったメリットがあるので、非常におすすめです!

海外でも利用できる

画像: 海外での利用について

法人カードの中には、海外でキャッシングが利用できるものも存在します。
海外で現地通貨を調達する際は、両替よりもキャッシングがおすすめ。
というのも、海外で法人カードのキャッシングを利用することによって、様々なメリットを獲得できるためです!

例えば、海外で両替により現地通貨を入手するとします。
この場合、手にする現地通貨は、両替手数料を差し引いた金額です。
渡航先や両替所によっては、非常に高い手数料を設定していることもあるので、知らぬ間に大きく損をしてしまうかもしれません。

一方でキャッシングの場合、当然ですが両替手数料は掛かりません。
なので、両替と比較して、法人カードでキャッシングする方がよりお得に現地通貨を入手できる可能性が高いです。

ただ、法人カードのキャッシングにも手数料は掛かります。
基本的には、「ATM手数料+キャッシング手数料」が掛かるので、覚えておきましょう。

とはいえ、キャッシング利用額や利用期間によっては、両替手数料よりも安く抑えられる可能性は十分にあります!
それでいて、両替よりも手間や時間を掛けずに現地通貨を調達できるため、海外でのキャッシングはメリットが大きいという訳です。

保証人・担保不要で利用できる

画像: 保証人や担保について

現金を借り入れたいと考えているものの、保証人が見つけられなかったり、担保が用意できなかったりするため、困っている方もいることでしょう。
そんな方にも、法人カードのキャッシングはおすすめです!

例えば、銀行や消費者金融のカードローンでは、保証人・担保が無ければ現金を借りられないこともあります。
特に、高額なローンを組みたいと考えている場合は、保証人や担保を必要としているケースがほとんどです。

しかし、多くの法人カードは、キャッシングを利用する際に、保証人や担保が必要ありません
銀行・消費者金融のカードローンのように、特別な前準備が要らないので、より気軽に現金を調達できるといったメリットがあります。

どんなデメリットがある?注意点とは?

画像: デメリットについて

多種多様なメリットが得られる法人カードのキャッシングですが、いくつかデメリットもあります。
法人カードのキャッシングに関するデメリットは、以下の通りです。

  • キャッシング機能付帯の法人カードが少ない
  • 利率が比較的高い

そもそも、キャッシング機能が備わっている法人カードは、そこまで種類が多くありません
当然、キャッシング機能を付帯している法人カードが少なければ、選択肢は狭まってしまいます。
もしかすると、自身に最適な法人カードを導入できないかもしれないので、大きなデメリットと言えるでしょう。

そして、銀行などのカードローンと比較して利率が高いところも、法人カードのキャッシングが有するデメリットの1つです。

カードローンの場合、年間の利率を約2%~15%に設定。
一方で法人カードのキャッシングには、おおよそ15%~18%の利率が設けられています。

もちろん、利率の高さに比例して、掛かる手数料(利息)は高くなってしまいます。
銀行・消費者金融のカードローンよりも、手数料の負担が大きい傾向にあるので、しっかりとした返済計画を立てるよう心掛けてください。

とはいえ、他の方法と比較して、より手軽に現金を調達できるところは、法人カードのキャッシングが持つ大きなメリットです。
「借りたい時に借りられる」という他にはないメリットがあるので、法人カードのキャッシングを利用する価値は十分にあることでしょう!

低い利率でのキャッシングが可能!審査にも通りやすい法人カード

画像: キャッシングに魅力がある法人カードについて

きっと、法人カードのキャッシングを利用したいと考えているものの、デメリットでも挙げた手数料の高さに不安を抱いている方もいると思います。

そこで、今回キャッシング機能が魅力的なおすすめの法人カードとして紹介するのが、「三井住友forOwnersクラシック」です!
この法人カードは、年間の利率が他のものと比較して低いため、手数料を抑えたキャッシングが実現できます。

三井住友forOwnersクラシックのキャッシングに設けている年間の利率は、なんと約15%
他の法人カードだと、平均して18%の利率を設定しているので、それと比較して3%も低い数値です。
掛かる手数料を安く抑えられる可能性が高いので、キャッシング機能に大きなメリットがあります。

そんな三井住友forOwnersクラシックは、審査に比較的通りやすいと推測できます。
これは、「審査通過率(※)」が全法人カードの中で最も高い数値だからです。
(※ 審査通過率とは、当サイトが持つ11,000件以上もの申込情報をもとに審査の通りやすさを数値化したものです)

この法人カードの審査通過率は、驚きの約65%
法人カードの平均的な審査通過率が45%なので、それよりも15%も高い数値を誇っています。
申請した約3人に2人が所持できていることから、審査に通りやすい可能性は非常に高いです!

しかも、この法人カードは、最短1週間で発行することができます!
きっと、法人カードのキャッシングを利用したいと考えている方の中には、急を要する方もいると思います。
この法人カードは、比較的早いスピードで発行できるので、急いでいる方のニーズにも合うことでしょう!

このように、利率が低いことから手数料を抑えたキャッシングが実現できるだけでなく、所持できる可能性も高い三井住友forOwnersクラシック。
年会費は1,250円なので、できる限り法人カードに掛けるコストを抑えたいという方にもおすすめの1枚です!

三井住友forOwnersクラシックの詳細

法人カードの導入前にこちらのランキングもチェック!

画像: 法人カードのランキングについて

きっと、法人カードのキャッシングには、どういったメリットがあるのかわかったことでしょう。
また、特徴的なキャッシング機能を有する法人カードも紹介したので、ぜひ導入を検討してみてください!

ただ、他の法人カードを確認せずに導入を決めてしまうのは、あまりおすすめできません。
もしかすると、あなたに最適な法人カードは他にあるかもしれないので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

そこで、他の法人カードも見ておきたいという方におすすめなのが、当サイトの「キャッシングランキング」です。
キャッシング機能に強みがある法人カードを3枚紹介しているので、チェックして損はないと思います。

キャッシングランキング

TOP > キャッシングについて > 法人カードのキャッシングを利用するメリットとは?注意点も紹介!