三井住友発行の法人カードに備わるキャッシング機能について解説!

三井住友発行の法人カードに付帯するキャッシング機能の魅力とは?

最終更新日: 2020年12月4日

画像: 三井住友発行の法人カードに備わるキャッシング機能について

今回は、キャッシング機能に強みがある三井住友発行のおすすめ法人カードについて紹介します!

法人カードの発行会社として、絶大な人気と知名度を誇る「三井住友」。
三井住友が発行する法人カードには、特徴的なキャッシング機能が備わっています。
なので、三井住友の法人カードに付帯するキャッシング機能について、知りたい方もいるのではないでしょうか?

実は、三井住友では、キャッシング機能が備わる法人カードを数種類も作成しています
2種類のシリーズの内、それぞれ「一般・ゴールド・プラチナ」計3つのランクを用意。
どの法人カードを導入しても、キャッシングを利用できるため、キャッシュフローの改善に役立ってくれることは間違いないでしょう。

ただ、三井住友が発行する法人カードでも、キャッシング機能の性能は異なります。
また、ランクによって、法人カードの性能に違いがあるので覚えておきましょう。

そこで今回は、三井住友発行の法人カード計6枚を紹介。
各法人カードが有するキャッシング機能の性能を比較した上で、最もおすすめの1枚を紹介します。

キャッシングが目的で三井住友の法人カードを導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

三井住友が発行する計6枚の法人カードを表にて紹介!

画像: 三井住友が発行する法人カードについて

それでは早速、キャッシング機能を備える三井住友の法人カードを一挙に紹介します。
今回紹介する三井住友の法人カードは、以下の6枚です。

シリーズ名 三井住友ビジネスカード 三井住友forOnwers
ランク クラシック(一般) ゴールド プラチナ クラシック(一般) ゴールド プラチナ
券面
年会費 1,250円 10,000円 50,000円 1,250円(初年度無料) 10,000円(初年度無料) 50,000円
利用限度額 20~150万円 20~300万円 150~500万円 10~150万円 50~300万円 200~500万円
キャッシング枠 国内:なし
海外:最高30万円
国内:最高50万円
海外:最高50万円
国内:最高100万円
海外:最高50万円
利率 海外:18% 国内:15%
海外:18%
返済方法 海外:元利一括返済 国内:毎月元利定額返済(リボ払い)
海外:元利一括返済
返済期間 海外:19日~56日 国内:最長3年9ヵ月(45回)
海外:19日~56日

上記の通り、三井住友では、「三井住友ビジネスカード」・「三井住友forOwners」2種類の法人カードを作成しています。
どちらのシリーズにもキャッシング機能が備わっているので、急な現金調達にも対応可能です。

しかし、それぞれのシリーズをキャッシング機能で比較してみると、三井住友forOwnersシリーズの方が優れています。
これは、三井住友forOwnersシリーズの法人カードだと、国内でもキャッシングが利用できるためです。

そして、三井住友ビジネスカードは、設けられるキャッシング枠が最高30万円なのに対して、三井住友forOwnersシリーズは最高50万円を設定可能
比較的高額なキャッシングが利用できるため、より様々な状況に対処できることでしょう。

このように、同じ発行会社が作成する法人カードでも、キャッシング機能の質は異なります。
基本的には、三井住友forOwnersの方が優れたキャッシング機能を有しているためおすすめです。

forOnwersシリーズで最もおすすめの1枚はこちら!

画像: おすすめの1枚について

上述した通り、キャッシング機能を基準に三井住友の法人カードを選ぶなら、三井住友forOwnersシリーズがおすすめです。

とはいえ、三井住友forOwnersシリーズには、3つのランクがあります。
もしかすると、どのランクの法人カードを導入すれば良いのか、悩んでしまう方もいることでしょう。
そんな方には、「三井住友forOwnersクラシック」の導入をおすすめします!

まず、この法人カードでは、国内・海外と両方のキャッシングに対応しています。
しかも、他ランクの法人カードと同様に、最高50万円のキャッシング枠を設けられるため、まとまった現金が急に必要になったとしても安心できるはずです。

また、三井住友forOwnersクラシックのキャッシングは、国内での利率を15%に設定しています。
ほとんどの法人カードは、キャッシングの利用額によって利率が変化。
100万円近くの高額なキャッシングを利用しない限り、15%で借り入れできない法人カードがほとんどです。

しかし、三井住友forOwnersクラシックは、キャッシング利用額にかかわらず利率を15%に固定しています
少額なキャッシングを利用したとしても、比較的低い利率で現金を借りられるため、手数料を抑えられることは間違いありません!

そんな三井住友forOwnersクラシックは、国内でのキャッシング利用額の返済方法として「毎月元利定額返済」を設けています。

毎月元利定額返済とは、別名「リボ払い」とも呼ばれるもので、事前に決めた金額を毎月支払う返済方法のこと。
この方法でキャッシング利用額を返済すれば、なんと最長3年9ヵ月も支払い期間を延ばすことが可能です!

支払い期間は長いほど、毎月返済するキャッシング利用額を小さく抑えることができます。
返済計画に余裕を持たせることができるので、キャッシングによる負担をあまり感じないかもしれません。

リボ払いは、毎月の返済金額を抑えられるものの、その分手数料が高くなる傾向にあります。
なので、手数料を抑えたキャッシングを実現したい方は、できる限り一括での返済を心掛けるようにしてください。

三井住友forOwnersクラシックの詳細

おすすめの理由は他にもある!低年会費で審査に通りやすい!

画像: おすすめの理由について

三井住友が発行する法人カードの中で、特にキャッシング機能に強みがある三井住友forOwnersシリーズ。
このシリーズの一般ランクに当たる法人カードをおすすめする理由は、キャッシング機能の性能だけではありません!

三井住友forOwnersクラシックは、審査が非常に甘いと言われている1枚。
当サイトが独自に調査したところ、この法人カードは約65%の審査通過率を誇っています!

法人カードの平均的な審査通過率は、45%程度です。
それと比較して、審査通過率が約20%も高いため、この法人カードは非常に審査に通りやすいと言えるでしょう!
申請した3人に2人が所持できていることから、審査に対して不安がある方でも安心して申し込めると思います。

さらに、三井住友forOwnersクラシックは、最短1週間で発行することができます!
きっと、法人カードのキャッシングを利用したいと考えている方の中には、できる限り早く現金を調達しなければいけない方もいることでしょう。
この法人カードであれば、最短1週間後にはキャッシングを利用できるかもしれないので、急を要する方にもおすすめです。

そして、三井住友forOwnersクラシックの魅力は、非常に低価格な年会費で所持できるところにもあります。
この法人カードは、初年度の年会費が無料になるだけでなく、翌年度以降もたった1,250円のコストで所持することができます。

しかも、リボ払いに関するサービスを利用すれば、1,250円の年会費を実質的に無料にすることが可能です。
法人カード自体に掛けるコストを抑えられることから、キャッシングを検討している方に嬉しい特徴を持っているのではないでしょうか!

他にも、レストランの優待サービスを付帯していたり、福利厚生サービスを特別価格で利用できたりと、バラエティに富んだ魅力を誇る三井住友forOwnersクラシック。
優秀なキャッシング機能を利用するまでのハードルが低いため、三井住友forOwnersシリーズの中でもおすすめの法人カードです!

キャッシングランキングも参考にしてみては?

画像: キャッシングランキングについて

今回は、キャッシング機能に特徴がある三井住友のおすすめ法人カードについて紹介しました。
キャッシング機能が優れているのはもちろんのこと、審査に通りやすかったり、年会費が安かったりするので、ぜひ導入を検討してみてください!

しかし、他の法人カードを全く調べずに導入を決めるのは、あまりおすすめできません。
というのも、キャッシング機能が魅力的な法人カードは、他にもあるからです。

もし、様々な法人カードを確認すれば、キャッシング機能を含め、よりあなた好みの性能を持った1枚に出会えるかもしれません。
反対に、勢いで法人カードの導入を決断してしまうと、使い勝手が悪い1枚を手にしてしまう可能性があります。

そこで、キャッシング機能が備わった他の法人カードを見てみたいという方におすすめなのが、当サイトの「キャッシングランキング」です。
特に優れたキャッシング機能を持つ法人カードで作成したランキングなので、きっと参考になると思います。

キャッシングランキング

TOP > キャッシングについて > 三井住友発行の法人カードに備わるキャッシング機能について解説!