ガソリン法人カードをスタンド別に一挙紹介!SSで選ぶべき理由とは?

おすすめのガソリン法人カードをスタンド毎に紹介!

最終更新日: 2020年9月29日

画像: スタンド毎に異なるおすすめのガソリン法人カードについて

スタンドで利用することにより、様々な恩恵が得られるガソリン法人カード。
車での移動が多い方の中には、よく利用するスタンドで活躍する法人カードを探している方も多いことでしょう。

実は、ガソリン法人カードをスタンドで選ぶことは非常に重要。
というのも、導入するガソリン法人カードによっては、自身が頻繁に訪れるスタンドで全く使えない可能性があるためです。

例えば、ガソリン法人カードの中には、決まったスタンドでしか利用できないものも存在します。
それだけでなく、場合によっては給油代を削減できない可能性もあるなど、ガソリン法人カードの魅力を十分に引き出せないかもしれません。

もし、そういったガソリン法人カードを導入してしまうと、経費削減が効率的に図れないことでしょう。
なので、スタンドを基準にガソリン法人カードを選択するのは非常に重要です。

そこで今回は、おすすめの法人カードをスタンド別に一挙紹介!
「エネオス」・「出光」・「コスモ石油」・「昭和シェル石油」で活躍する法人カードを紹介します。

また、スタンドでガソリン法人カードを選ばなければいけない理由についてより詳しく紹介するので、ぜひご覧ください!

スタンドでガソリン法人カードを選ぶべき理由について

画像: スタンドでガソリン法人カードを選ぶ理由について

早速、ガソリン法人カードをスタンドで選ばなければいけない理由について紹介します。
スタンドでガソリン法人カードを選ぶべき理由は、主に以下の2つです。

  • 特定のスタンドでしか利用できないガソリン法人カードがある
  • 特定のスタンドでしか割引や還元が受けられないガソリン法人カードがある

まず、ガソリン法人カードの中には、特定のスタンドでしか利用できないものがあります。
というのも、こういったガソリン法人カードには、クレジット機能が備わっていないためです。

クレジット機能が付帯していないガソリン法人カードとは、「特定のスタンドでのみ利用できる決済カード」のこと。
例えば、コスモ石油専用のガソリン法人カードを所持していたとすると、出光での支払いに利用することはできません。
基本的に、決まったスタンド内での支払いにしか利用できないので、覚えておきましょう。

そして、ほとんどのガソリン法人カードは、特定のスタンドでのみ割引や還元が受けられるようになっています。

ガソリン法人カードの多くには、給油代を割り引くサービスやキャッシュバックを受けられるサービスなどが付帯。
ただ、これらの割引・還元サービスは、決まったスタンドでのみ適用されます

仮に、出光で給油代が割引されるガソリン法人カードを所持していた場合、昭和シェル石油では割引が受けられません。
自身がよく利用するスタンド以外で割引などが受けられるものを導入すると、給油代に関する経費を効率的に削減できないかもしれないので注意してください。

このように、ガソリン法人カードを導入する際は、スタンドで選ぶことが大切。
最適なガソリン法人カードを導入するために、あなたが普段から利用しているスタンドで恩恵が受けられるものを探すようにしましょう。

スタンド別におすすめの4枚を一挙紹介!

画像: おすすめの4枚をスタンド別に紹介

ここからは、おすすめの法人カードをスタンド毎に紹介します。

今回紹介するのは、計4枚の内3枚がガソリン法人カード。
その他1枚が、特定のスタンドにて給油代の割引サービスが受けられる一般的な法人カードです。

今回紹介する法人カードは、以下の通り。
(スタンド名をクリック or タップすれば、紹介部分に飛べます)

スタンド名 法人カード名
ENEOS ETC協同組合のガソリン法人カード
出光 NTTBizカードレギュラー(※)
コスモ石油 コスモコーポレート一般カード
昭和シェル石油 シェルビジネスカード

(※ ガソリン法人カードではないものの、出光にて驚異的な割引を受けられるため、今回おすすめとして紹介します。)

それでは、上記4つのスタンドで利用することにより、豊富な恩恵が受けられるおすすめの法人カードを1枚ずつ紹介します!

審査はそこまで厳しくないと推測できる!ENEOSで活躍する1枚

画像: ENEOSで活躍する1枚について

まず、ENEOSのスタンドをよく利用する方におすすめとして紹介するのが、「ETC協同組合のガソリン法人カード」です!
このガソリン法人カードにはクレジット機能が備わっておらず、ENEOSのスタンドでのみ利用できる決済カードとなっています。

ETC協同組合が発行するガソリン法人カードの魅力と言えば、審査に通りやすい可能性が高いところ!
クレジット機能が備わっていないため、一般的なガソリン法人カードに設けられているクレジット審査を受ける必要がありません。

しかも、公式サイトには「新会社でも作成できる!」と記載されています。
経営状況が不安定になりがちなスタートアップの方でも申請できることから、審査は非常に甘いと推測できます!

そんなETC協同組合のガソリン法人カードには、発行枚数に制限が設けられていません
自身が抱える従業員の数に合わせてこのガソリン法人カードを発行できるため、経費処理の簡略化に貢献してくれます。

しかも、このガソリン法人カードは、年会費が永年無料です!
コストゼロで無制限に発行できるので、特に大勢の従業員を抱える方に最適な1枚となります。

このように、初めて所持する方にぴったりな特徴を持つところが、ETC協同組合が発行するガソリン法人カードの魅力。
ENEOSのスタンドをメインに利用しているという方は、ぜひ導入を検討してみてください!

ETC協同組合が発行するガソリン法人カードの詳細

ガソリン代を大きく削減できる!出光で活躍する1枚

画像: ガソリン代を削減可能な出光で活躍する1枚について

出光のスタンドをよく利用している方におすすめなのが「NTTBizカードレギュラー」。
厳密に言えばガソリン法人カードではないものの、出光のスタンドにて驚異的な割引を受けられるためおすすめの1枚です。

この法人カードが持つ最大の魅力は、出光のスタンドにて大きな割引を受けられるところ。
月間利用額によって変動する割引額は、以下表の通りです。

月間利用額(※) 割引額
1,000円以上・1万円未満 2円/L
2万円の場合 4円/L
5万円の場合 10円/L
10万円の場合 20円/L
20万円の場合 40円/L

(※ 出光での月間利用額に限ります)

上記表の通り、出光のスタンドでこの法人カードを月に1,000円でも利用すれば、給油代の割引を受けることが可能です。

仮に、出光のスタンドにて月間20万円分の法人カード利用があれば、最大40円/Lもの割引を受けられます!
これほどまでに大きな割引が受けられる法人カードはそう多くないので、出光のスタンドで最も経費削減を図りやすい法人カードと言っても過言ではありません。

しかも、この法人カードは、ポイントの還元サービスも付帯しています。
なんと、この法人カードで実現できるポイント還元率は、常時1.0%です!
出光のスタンド以外でも効率的にコストカットを狙えることから、色々なビジネスシーンで活躍することは間違いないでしょう。

他にも、独自のWEB明細サービスを付帯していたり、手厚い旅行傷害保険が備わっていたりと、様々な魅力を持つNTTBizカードレギュラー。
年会費は永年無料なので、出光のスタンドをよく利用する方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

NTTBizカードレギュラーの詳細

様々なシーンで経費削減を狙える!コスモ石油で活躍する1枚

画像: コスモ石油で活躍する1枚について

きっと、コスモ石油のスタンドをメインに利用しているという方もいることでしょう。
そんな方におすすめなのが、「コスモコーポレート一般カード」です!

このガソリン法人カードには、珍しくポイントの還元サービスが付帯。
実現できるポイント還元率は0.5%とそこまで特徴的ではないものの、様々なビジネスシーンで経費削減を狙うことができます

例えば、コスモ石油はもちろんのこと、他のスタンドで利用する際もポイントを獲得することが可能です。
そのため、コスモ石油を始め、色々なスタンドでお得に給油したいという方におすすめのガソリン法人カードとなっています。

しかも、このガソリン法人カードには、魅力的な追加カードのサービスが付帯しています。
それが、「ハウスカード」というサービスです。

ハウスカードとは、クレジット機能が付帯していない追加カードを枚数の制限なしに発行できるサービスのこと。
クレジット機能が備わっていないため、当然ながらコスモ石油のスタンドでしか利用することはできません。

コスモ石油のスタンドでしか利用できないということは、一般的なガソリン法人カードとは違い、不正利用のリスクが劇的に抑えられるということです。
なので、複数人の従業員にガソリン法人カードを持たせたいという方でも、安心してハウスカードを支給できることでしょう。

これだけの魅力を備えながら、コスモコーポレート一般カードの年会費はたったの1,250円!
低価格で導入できるにもかかわらず、コスモ石油のスタンドで恩恵を受けられるため導入してみることをおすすめします。

コスモコーポレート一般カードの詳細

驚異のキャッシュバック率を実現!昭和シェル石油で活躍する1枚

画像: 昭和シェル石油で活躍する1枚について

最後に紹介するのが、昭和シェル石油のスタンドで活躍する「シェルビジネス一般カード」です!
このガソリン法人カードは、優れたキャッシュバックサービスにより、驚くほど経費削減が図れる1枚となっています。

なんと、シェルビジネス一般カードでは、最大3.0%ものキャッシュバック率を実現可能
このガソリン法人カードのキャッシュバック率は、以下の通り月間利用額に応じて変動します。

月間利用額 キャッシュバック率
5万円未満 0%
5万円~20万円未満 0.5%
20万円~40万円未満 1.0%
40万円~60万円未満 1.5%
60万円~80万円未満 2.0%
80万円~100万円未満 2.5%
100万円以上 3.0%

上記表の通り、月間100万円以上を利用すれば、最大3.0%のキャッシュバック率を実現可能です!

ただ、100万円以上もの月間利用額を達成したとしても、最大3.0%のキャッシュバック率が適用されるのは翌々月先。
しかも、キャッシュバックの対象となるのは、交通費や出張旅費として利用した分だけなので注意してください。

しかし、嬉しいことに昭和シェル石油のスタンドでこのガソリン法人カードを利用した場合、キャッシュバックの対象となる利用額が2倍で計算されます
そのため、昭和シェル石油のスタンドをよく利用する方であれば、より多額のキャッシュバックを受けられるかもしれません。

そんなシェルビジネス一般カードの年会費は、1,250円と非常に低価格です。
昭和シェル石油のスタンドでお得に給油できるだけでなく、このガソリン法人カード自体の年会費も安いので、非常にコスパに優れた1枚となっています!

その他にも、優秀な追加カードの発行サービスが付帯していたり、審査に通りやすいと言われていたりと、豊富な強みを持つシェルビジネス一般カード。
昭和シェル石油のスタンドを頻繁に利用するという方は、このガソリン法人カードの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

シェルビジネス一般カードの詳細

一般的な法人カードを導入するのも1つの手

画像: 一般的な法人カードがおすすめな理由について

ここまでで、ガソリン法人カードをスタンドで選ぶべき理由も含め、おすすめの4枚を紹介しました。
普段から利用するスタンドが決まっているという方は、ぜひ上記4枚から導入する1枚を選んでみてください!

ただ、様々なビジネスシーンで利用することを考えるのであれば、ガソリン法人カードだけを導入するのはおすすめできません。
というのも、上述した通り多くのガソリン法人カードは、特定のスタンドでしか割引や還元が受けられないためです。

例えば、利用するスタンドが明確に定まっていない方がガソリン法人カードを導入したとすると、割引や還元といった恩恵を十分に受けられない可能性があります。
しかも、ほとんどの場合、ガソリン法人カードには魅力的なサービスが備わっていません。
そのため、特定のスタンドしか利用しないといった方でないと、ガソリン法人カードを導入するメリットはあまり感じられないことでしょう。

一方で一般的な法人カードには、様々なサービスが付帯します。
レストランなどを優待価格で利用できるサービスであったり、出張時の万が一に対応できる旅行傷害保険であったりと、備わるサービスは多種多様です。

もちろん、ポイントなどの還元サービスにより、スタンドでの給油時に経費削減を図ることもできます。
より色々なシチュエーションでサポートしてくれるため、人によっては一般的な法人カードを導入する方が良いかもしれません。

もし、一般的な法人カードもチェックしておきたいという方がいたら、当サイトを活用してみてはいかがでしょうか?
数十枚以上の法人カードを紹介しているので、あなたのビジネスにしっかりと貢献してくれる1枚が見つけられることでしょう。

法人カードを探す

TOP > ガソリン法人カードについて > ガソリン法人カードをスタンド別に一挙紹介!SSで選ぶべき理由とは?