法人カード年会費が永年無料だとどんなメリットがある?注意点は?

年会費が永年無料の法人カードについて解説!注意点は?

最終更新日: 2020年9月12日

画像: 年会費が永年無料の法人カードについて

年会費が永年無料の法人カードについて、知りたい方もいるのではないでしょうか?

法人カードの年会費が永年無料ということは、所持する上でコストが全く掛からないということ。
それでいて、法人カード導入による恩恵は受けられるため、多くのビジネスマンから人気です。

とはいえ、年会費が永年無料の法人カードには、注意しなければいけないこともあります。
その注意点について知らなければ、維持コストが掛からない法人カードを導入することによって、大きな失敗を犯してしまうかもしれません。

そうならないために今回は、年会費が永年無料の法人カードについて解説。
どういったメリットがあるのか、また導入するにあたって気を付けるべき注意点についても紹介します。

さらに、年会費が全く掛からない永年無料のおすすめ法人カードも紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

実質無料との違いとは?

画像: 実質無料との違いについて

実は、年会費無料の法人カードには、2種類あります。

  • 実質無料
  • 永年無料

実質無料とは、特定の条件をクリアすることによって、年会費が無料になる法人カードのことです。
設けられている条件は、「年1回の法人カード利用」・「リボ払いに関するサービス利用」など、そこまで難しいものではありません。
ただ、条件をクリアしない限りは、法人カードの年会費が無料になることはないので、注意する必要があります。

一方で永年無料とは、実質無料のように年会費を無料にするための条件が設けられていない法人カードのこと。
何もせずとも年会費が永久的に無料なので、条件のクリアに対して神経質にならなくても良いところが魅力です。

年会費が永年無料のメリットを紹介!

画像: 年会費が永年無料のメリットについて

ここからは、年会費が永年無料の法人カードを導入するメリットについて紹介します。
永年無料の法人カードが持つメリットは、主に以下の3つです。

  • 会計処理の負担が減る
  • 急な出費に対応できる
  • コストゼロで従業員に法人カードを支給できる

まず、法人カードの年会費が永年無料であれば、当然ながら維持コストといった負担が一切掛かりません
それに加え、法人カードの年会費を経費として計上する手間も省けるため、会計処理の負担も減らせることでしょう!

また、年会費が永年無料の法人カードをサブとして導入しておけば、急な出費に対応できるといったメリットも得られます。

例えば、法人カードを1枚しか所持していなかったとします。
この場合、もし利用限度額いっぱいまで法人カードを利用していたとすると、突然の出費が発生しても対応することができません。

しかし、永年無料の法人カードをサブとして導入することにより、コストを掛けずにこういった事態に備えることができます
仮に、メインの法人カードが利用できなかったとしても、急な支払いに対応できるので安心です!

そして、従業員に法人カードをコストゼロで支給できるというのも、年会費が永年無料だからこそのメリットになります。
コストを掛けずに経費の立て替えや返還といった手間を削減できるので、従業員に年会費が永年無料の法人カードを支給してみてはいかがでしょうか?

抑えておくべき注意点とは?

画像: 注意点について

まず、年会費が永年無料の法人カードは、有料のものと比較して性能面が劣ってしまいます。

例えば、永年無料と有料で旅行傷害保険の充実度を比較してみると、その補償内容や補償金額の差は圧倒的です。
年会費が永年無料だと、旅行傷害保険が備わっていないこともあるのに対して、有料の法人カードの中には、国内外で最高1億円もの補償が受けられるものも存在します。
そのため、出張が多い方のメイン法人カードとして導入するには、物足りなさを感じるかもしれません。

また、還元サービスを比較しても、年会費が永年無料と有料では、大きな差があります。
年会費が有料の法人カードによっては、最大1.0%以上のポイント・マイル還元率を実現できるものも存在。
非常にポイントやマイルが貯めやすい法人カードもあるため、経費削減が目的なら、基本的に有料の方が良いでしょう。

そして、年会費が永年無料の法人カードは、そもそも選択肢が非常に少ないです。
選択肢が狭いということは、自身に合った法人カードが導入できないかもしれないということ。
もしかすると、年会費の掛かる法人カードを導入する方が良い可能性もあるので、注意してください。

とはいえ、上述した通り、年会費が永年無料の法人カードにも、たくさんの魅力があります。
特に、サブとして導入するなら、永年無料の法人カードを導入する方がおすすめです。

ポイント還元率は常時1.0%!おすすめの1枚はこちら!

画像: おすすめの1枚について

今回、年会費が永年無料のおすすめ法人カードとして紹介するのが、「NTTBizカードレギュラー」です。

この法人カードが持つ最大の魅力と言えば、何といっても驚異的なポイント還元率を誇っているところ。
NTTBizカードレギュラーのポイント還元率は、なんと常時1.0%です!
年会費が有料の法人カードと比較しても、引けを取らないほどポイントが貯まりやすいため、効率的に経費削減が図れることでしょう。

しかも、この法人カードが優れているのは、特に条件なく1.0%ものポイント還元率を実現できる点です。
ポイント還元率に優れた法人カードでも、何かしらの条件をクリアしなければ、1.0%以上の数値を実現できないことがほとんど。
設けられている条件は、一定の法人カード利用だったり、海外での利用だったりと、そこまで簡単にクリアできるものではありません。

しかし、この法人カードでは、条件なく1.0%ものポイント還元率を実現可能です!
誰でも高いポイント還元率の恩恵を受けられることから、年会費が永年無料の法人カードの中で最も還元サービスに優れていると言えるでしょう。

そんな永年無料のNTTBizカードレギュラーには、充実した旅行傷害保険も付帯しています。

年会費が永年無料の法人カードとしては珍しく、国内外で最高2,000万円もの補償が受けられるという充実っぷり!
出張時に万が一のことがあっても、治療費をしっかりとカバーしてくれるので、出張が多い方にもおすすめです。

その他にも、独自のWEB明細サービスが備わっていたり、魅力的な優待サービスが付帯していたりと、年会費が永年無料とは思えない性能を誇るNTTBizカードレギュラー。
年会費が有料の法人カードに劣らないほど高性能なので、ぜひ導入を検討してみてください!

NTTBizカードレギュラーの詳細

こちらも要チェック!コストの掛からない法人カードは他にもある

画像: コストの掛からない法人カードについて

今回は、年会費が永年無料の法人カードについて解説しました。
永年無料の法人カードは、サブとして導入することにより、様々なメリットが得られるので覚えておきましょう。

また、永年無料のおすすめ法人カードとして、NTTBizカードレギュラーも紹介しました。
年会費が永年無料とは思えない性能を誇っているので、ぜひ導入を検討してみてください!

とはいえ、他の法人カードも確認してから、導入する1枚を決めたい方もいると思います。

年会費が掛からない法人カードは、他にも存在。
永年無料だけでなく、実質無料の法人カードも合わせれば、選択肢は広がります。
そのため、また違った法人カードも確認することにより、あなたに最適な1枚が見つけられるかもしれません。

もし、他の法人カードも見てみたいという方がいたら、当サイトの「年会費無料ランキング」を参考にしてみてはいかがでしょうか?

年会費無料ランキングでは、年会費が永年無料と実質無料の法人カード合計3枚を厳選。
年会費が掛からないのはもちろんのこと、性能面も比較して作成したランキングなので、きっとあなた好みの法人カードに出会えることでしょう。

年会費無料ランキング

TOP > 年会費について > 法人カード年会費が永年無料だとどんなメリットがある?注意点は?