法人クレジットカードでキャッシング!利用限度額の重要性とは?

キャッシングには法人クレジットカードの限度額が重要!

最終更新日: 2019年7月5日

法人クレジットカード

キャッシングには、法人クレジットカードの限度額が大きく影響します。

アナタも海外での現地通貨調達や急な出費の支払いなど、緊急的な場面で法人クレジットカードのキャッシングを検討したことがあるのではないでしょうか。

どうしても急な出費というのは経営者にはつきものです。
そんな際、慌てず即座に対応することができているでしょうか?

経営者なら所持しておきたい法人クレジットカードには、ごく少数ですがキャッシング機能が備わっているものがあります。
しかし、そんな便利な法人クレジットカードのキャッシング機能には、知っておかないと急な場面で使用ができない危険性も存在!

今回はそんな法人クレジットカードのキャッシングに関わる情報と、知っておきたい法人クレジットカードのキャッシングと利用限度額との関係性について解説します!

利用限度額とは?

キャッシング可の法人クレジットカード

利用限度額とは、法人クレジットカードで支払いができる金額の上限のこと。
次の引き落とし日まで使える金額を現しており、名前の通り利用限度額を超えての使用はできないので注意が必要です。

この利用限度額が、実はキャッシングにおいて重要な関係性を持っているのです。

キャッシングを利用するなら、法人クレジットカードの利用限度額との関係性を知っておきましょう!

利用限度枠とキャッシング枠の関係性とは?

キャッシング可の法人クレジットカード
ここではキャッシング枠と利用限度額の関係性について説明します。

簡単に関係性を説明すると、「キャッシング枠は、利用限度額の中から算出」されています。

具体例を挙げるとするならば、利用限度額100万円。キャッシング枠が20万円の法人クレジットカードがあったとします。

数字面だけをとって理解してしまうと、毎月の利用限度額の100万円に加え、20万円分のキャッシングもできるので、合計120万円使えてしまうんだ!と思ってしまいがちです。

しかし、実際はそうではなく、キャッシング枠の20万円も利用限度額100万円のうちに数えられてしまうため、20万円のキャッシングを使用した月は80万円分しかカード利用ができません

また逆も然りで、法人クレジットカードで90万円を利用した場合は、キャッシングで借りられる金額は10万円となります。

別々の枠が設けられているのかと思いきや、実は一つになっていた利用可能枠。
そのため、ストレスなく使うなら限度額が高額の法人クレジットカードを選ぶのがおすすめです。

利用可能枠は、返済することで回復する!

キャッシング可の法人クレジットカード

法人クレジットカードを使いすぎると、利用限度額が上限に達してしまいます。
そうなると決済やキャッシングができなくなりますが、どうすれば再度利用できるようになるのでしょうか。

法人クレジットカードを再度使えるようにするには、当たり前ですが利用した分の返済をする必要があります。
法人クレジットカードは基本的に月に1~2度の引き落としがあるので、そのときに利用した分の返済をおこなえば利用額は回復します!

ここで勘違いしてはいけないのが、利用可能枠は毎月リセットされるものではないこと
「引き落としが毎月おこなわれる=毎月リセット」と思われてたかも知れませんが、正確には返済した金額分のみ」復活するのが利用可能枠です。

例えば、100万円の請求あり、80万円しか返せなかった場合には、差額の20万円分は利用枠として復活しません!
つまり未返済分が貯まると、法人クレジットカードの利用ができなかったり、キャッシングができなかったりと問題が起きてしまうのです。

長期間の返済プランを立てたり、リボ払いで返済したり…というのは決して悪いことではありませんが、返済スピードが遅くなることはそれだけ利用限度額を圧迫することになるということだけ覚えておいてください。

上限が低いと感じた場合はどうすれば?

キャッシング可の法人クレジットカード

しっかり計画を立てられれば、利用も返済も安心して法人クレジットカードを使えます。
そうした使い方ができている方の中には、利用限度額に満足できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

法人クレジットカードは、最初の審査で利用限度額の設定を希望することができます。
この希望額と会社やアナタのステータスから、発行会社が判断した金額が利用限度額となります。

もしこの利用限度額が最初が低くても大丈夫、後から上限を高めることは可能です
法人クレジットカードの利用限度額を高くするには色々な方法があります。

まずはアナタが直接オペレーターに連絡を取ってみましょう。その際に、利用限度額に満足していないことを伝えてみてください。

普段から法人クレジットカードを限度額いっぱい使用しており、また、その返済が毎月しっかり滞っていないという評価が得られれば、上限を高めてくれることがあります。

それ以外にも、使っているうちに発行会社からの申し出があることもあります。

利用限度額が少額だと、万が一の際にキャッシングができないなど不便な場面が今後あるかも知れないので、最低でも平均利用額の1.5~2倍以上の限度額はあると嬉しいですね!

おすすめの法人クレジットカードはこちらです!

キャッシング可の法人クレジットカード

キャッシングの利用限度額が気になる方に当サイトがおすすめする法人クレジットカードは、「P-oneBusinessMastercard」です。

この法人クレジットカードは、キャッシング利用限度額が最高300万円
これほどのキャッシング利用限度額を設けている法人クレジットカードはほとんどありません。

しかも、P-oneBusinessMastercardはキャッシング利用時の金利が12.00%~17.95%と、最低値が比較的低く設定されています。
そのため、借入額が多ければ、少ない金利でキャッシングを利用できるのです!

そんなP-oneBusinessMastercardは、入会キャンペーンにて金利割引を実施中。
60日間は5.95%という良心金利で利用できるので、検討されてみてはいかがでしょうか?

P-oneBusinessMastercardの詳細

キャッシングの利用できる法人クレジットカードは、極僅かしかありません!

その僅かしかない法人クレジットカードを集め、利用限度額を始めとした性能を比較して決めたランキングを当サイトで作成したので、こちらもご覧ください。

キャッシング比較ランキング