甘い審査と思われる法人カードを徹底比較!ゆるい判定のおすすめを紹介

甘い審査基準と思われる法人カードを申し込もう!

最終更新日: 2021年3月24日
甘い審査基準と思われる法人カードを申し込もう!

審査が甘いと思われる法人カードを紹介します!

すでに多くの企業や個人事業主が導入を始める法人カード。
経費削減や業務効率を図れるなど、法人カードの導入メリットは豊富にあります!

そんな法人カードですが、導入には必ず審査を受けなくてはいけません。
その審査に通らないと、当然ながら法人カードを作ることはできない仕様です。

この審査が甘いとは言えず、なかなか通らないという人も。
特に設立初期や赤字経営の企業は、通らないと言われています。

そうした場合でも、法人カードを作りたいとは思いますよね?
そこで今回は、60枚以上を比較して審査が甘いと思われるの法人カードを紹介します!

法人カードの審査が厳しい理由とは?

法人カードの審査が厳しい理由とは?

法人カードの審査が厳しいのは、評価対象が2つあるからと言われています!

例えば、個人用クレジットカードの場合、審査の対象は申請者のみ。
それに対し、法人カードは会社も含まれるため、審査が甘いとは言えないのです。

そのため、一方の評価が良くても、もう一方が悪ければ落ちてしまうことも。
法人カードを作るなら、個人だけでなく会社の評価も上げていく必要があります。

会社情報は何を見られるの?

会社情報は何を見られるの?

審査では、会社の何を見られるのでしょうか?
詳細は発行会社のみ知ることですが、主に設立年数経営状況と言われています。

設立年数は3年以上、経営状況は黒字決算2期連続。
これが大事とされており、未達成だと審査には通らないとされています。

設立初期や赤字の企業だったり、収入の安定しない個人事業主が落ちやすかったりするのは、こうした甘いとは言えない審査が行われているからです。

ただ、法人カードの審査が甘いと言えないのは過去の話。
ここ最近はゆるい傾向にあるのか、申請条件や通過率を比較するに甘い審査の法人カードも増えています!

もちろん、甘いとは言えない法人カードも存在するので見極めが重要。
甘い審査の法人カードを知りたくば、申請条件を始め審査に関する情報を比較するのが大事になります。

甘いとされるおすすめの1枚を紹介!

甘いとされるおすすめの1枚を紹介!

とはいえ、甘いか比較するのも時間が掛かるので大変なことでしょう。
そこで、当サイトが審査が甘いと思われるおすすめの法人カードを紹介します!

当サイトが審査は甘いと判断した法人カードは「三井住友forOwnersクラシック」。
その理由は、各法人カードの審査通過率を比較したとき、最も数値が高かったからです。

その通知は約65%と、全体平均より20%も上回る数値 (全体平均=約45%) 。
3人に2人は審査に通っていることが分かり「ゆるい審査なのでは?」と推測できた次第です!

口コミでも同様の意見が多い他、公式サイトにはスタートアップ企業を受付中とのこと。
本来なら審査が通らないという状態の人でも、上記の理由から期待の持てる1枚だと言えます。

そんな「三井住友forOwnersクラシック」は、性能面も優秀な法人カード。
とあるサービスを駆使すれば「年会費無料×還元率2倍」など、嬉しいサービスを備えています!

審査が甘いとされるだけでなく、利便性にも困らないだろう1枚。
提出書類が本人確認書だけというゆるい部分も含め、おすすめの法人カードです!

三井住友forOwnersクラシックの詳細

基準がゆるいと思われるものはランキングでも紹介中!

基準がゆるいと思われるものはランキングでも紹介中!

紹介した法人カードは、審査通過率を比較した中で最も数値の高かった1枚。
そのため、審査が甘い1枚として紹介しましたが、他にも数値の高い法人カードはありました!

それらの法人カードは、以下のランキングにて性能と共に紹介中。
他の法人カードも比較したい方は、ぜひご覧になってみてください!

審査ランキング

TOP > 甘い審査と思われる法人カードを徹底比較!ゆるい判定のおすすめを紹介