法人カードの引き落とし口座にはどういったものが指定できるの?

法人カードで指定できる引き落とし口座は?

最終更新日: 2019年4月16日

法人カードの引き落とし先に指定できる銀行口座をご存知でしょうか?

法人カードの引き落とし口座には、「個人口座」と「法人口座」の2つが指定できます。

個人口座に引き落とし口座を指定できるのは、主に個人事業主用の法人カード。
個人事業主は会社を持たないため、当たり前と言えば当たり前ですね。

一方、企業向けの法人カードは、引き落とし口座に指定できるのは法人口座のみのものがほとんど。
これは、恐らく法人口座を開設していることが、信頼性の高い企業であることの証明になるため、多くの法人カードで徹底しているものかと考えられます。

しかし、企業向けの法人カードの中にも、個人口座を引き落とし口座に指定できるものも。
この場合、法人カードの引き落とし口座はどちらにすべきか迷ってしまうと思います。

そこで今回、法人カードの引き落とし口座について徹底解説。
最後に、個人口座と法人口座をどちらも指定できる法人カードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

法人口座を指定するのが一般的!

法人口座を引き落とし口座に

個人口座しか引き落とし口座に指定できない個人カードに対し、法人カードでは法人口座でなければならないケースがほとんど。
法人口座を引き落とし口座に指定できるのは、法人カードならではの大きな魅力です。

こうすることで、法人カードの請求額は引き落とし口座である法人口座から支払われます。
しかし、個人口座の場合、個人カードや自宅の公共料金などと法人カードの支払いが1つに集約。
そうなると、公私の請求が混同し、経費処理などの際にとても手間になってしまうことでしょう。

また、個人口座を引き落とし口座に指定できる法人カードは珍しいため、選択肢が狭まってしまうかも。
そういったデメリットもあるため、法人カードの引き落とし口座は法人口座にすると良いでしょう。

多くはないが個人口座を指定できる法人カードも!

個人口座を引き落とし口座に

法人カードの中にも、個人口座を引き落とし口座に指定できるものも。
個人事業主用はもちろん、数は非常に少ないですが、企業向けの法人カードの中にも存在します。

とはいえ、企業経営者が個人口座に引き落とし口座を指定するメリットはほぼありません
そのため、もし銀行口座が1つしかないのであれば、法人口座を開設してそれを引き落とし口座に指定することをおすすめします。

なぜなら、法人口座の開設は、発行会社からの信頼性が増すだけでなく、法人カード以外の財務の動きも把握しやすくなるので、削減すべき経費を考えやすくなるなどメリットもあるからです。

無闇に銀行口座を多くしてしまうと、経費の管理が大変になるのは当然。
そうならないために、法人カードの引き落とし口座には、専用の法人口座を指定するのが吉と言えるのではないでしょうか!

三井住友forOwnersはどちらでも指定可能!

とはいえ、とある事情などで法人カードの引き落とし口座を個人口座にしたい方もいるかもしれません。
そんな方のために、引き落としに個人口座も指定できる法人カードをお教えいたします。

それは、三井住友forOwnersという法人カード。
三井住友forOwnersは、個人事業主でも法人代表者でも申し込み可能な引き落とし口座をどちらでも指定できる法人カードです。

その中から、当サイトがおすすめするの1枚をご紹介したします!

実質年会費無料で使える!三井住友クラシックforOwners

引き落とし口座をどちらも指定できる法人カードのおすすめは、「三井住友クラシックforOwners」。
三井住友forOwnersの中で1番低いランクにはなりますが、他のランクとは違って年会費無料で所持することもできます。

三井住友forOwnersには、「マイ・ペイすリボ」という指定額を超過した際に、その超過分をリボ払いにするサービスがあります。
このサービスを利用しているだけで、年会費が割引、三井住友クラシックforOwnersであれば無料で利用できるようになるのです!

リボ払いと聞くと手数料が膨れ上がる…という不安を抱える方もいるかと思いますが、限度額と同じ額をしてすれば、リボ払いを発生させずに利用できます

そんな三井住友クラシックforOwnersは、福利厚生サービスを優待利用できたり、キャッシング機能を利用できたりと、実質年会費無料の法人カードとは思えないほど万能な法人カード。
もし、引き落とし口座を法人でも個人でも指定できる法人カードを探しているのなら、三井住友クラシックforOwnersがおすすめです!

三井住友クラシックforOwnersの詳細