一般法人カードコスパランキング!低年会費で高性能なのはこちら!

優れたコスパの一般法人カードランキング

最終更新日: 2019年6月7日

  • ランキング第1位

    セゾンパール・アメックス

    ランキング1位の法人カード

    実質無料!しかし特典の数はとても多いコスパ最強の1枚
    年会費
    1,000円(実質無料)
    利用限度額
    最高150万円

    詳細を見る


    公式ページ

  • ランキング第2位

    JCB一般法人カード

    ランキング2位の法人カード

    ポイントが貯めやすい!高額保険も付きコスパの良い1枚
    年会費
    1,250円
    利用限度額
    最高100万円

    詳細を見る


    公式ページ

  • ランキング第3位

    三井住友forOwners

    ランキング3位の法人カード

    付帯サービス豊富なマルチに利用できるコスパ法人カード
    年会費
    1,250円
    利用限度額
    最高150万円

    詳細を見る


    公式ページ

優れたコスパの一般法人カードランキング!

低年会費ということから、気楽に持てると経営者に人気の一般法人カード。
しかし、安い=質が悪いという印象から、一般法人カードの所持を見送る方も意外といるそうです。

実は、一般法人カードの中には、ゴールドやプラチナに負けない高機能なものもあり、非常にパフォーマンスに優れた一枚も存在。
「導入が手軽で低年会費」というコスパが良い点も一般法人カードの魅力の一つです!

そこで今回、一般法人カードの性能や年会費を比較し、コスパが優れているものを厳選しました。
ランキング形式でコスパの良さを分かりやすく解説しますので、ぜひご覧ください。

低年会費で高性能な3枚がこちら

一般法人カードコスパランキング

  • 年会費:1,000円 (実質無料)
  • 申請対象:法人 / 個人事業主
  • 利用限度額:最高150万円
  • カンタンな条件で年会費が実質無料になる
  • 海外利用で2倍!モール利用で30倍にもなるポイント還元率!

一般コスパランキング1位は、年会費が無料になる法人カード「セゾンパール」。
その条件が「年1回でも利用する」という非常にカンタンなものなので、実質だれでも無料で持てる一般法人カードです!

そんな年会費のかからないセゾンパールですが、ポイントが一般法人カードのなかでも非常に貯まりやすいというメリットがあります。

例えば、本来0.5%のポイント還元率も海外では1%と、外国で使うというたったそれだけで2倍になります。

さらに、永久不滅ポイントサイトというセゾンポイントモールを利用することで、ショッピング時のポイントが最大30倍にもなってもらうことができます!

また、ポイントだけでなくSuperValuePlusとサービスで保険に加入することも可能。
審査は通りやすいとされ、即日発行もできるといったコスパ良すぎのセゾンパール、ランキング1位にふさわしい1枚でしょう。

クイック申し込み

一般法人カードコスパランキング

  • 年会費:1,250円
  • 申請対象:法人 / 個人事業主
  • 利用限度額:最高100万円
  • 使い方によって、1.25%のポイント還元率にできます
  • 最高3,000万円の保険は、国内外と受け取ることが可能!

ランキング2位は、コスパだけでなくステータス性も優秀な「JCB一般法人カード」。
ポイントの貯めやすさに定評があり、一般ランクの中では一際還元率の高い法人カードです。

例えば、MyJチェックというサービスに加入するだけでJCB海外加盟店での還元率が0.5%UP!
また、カードの年間利用額が高いと還元率が上がる仕組みになっており、最高で0.25%加算されます。

この海外加盟店は通販サイトでも適応されるため、国内にいながら高還元率を実現することが可能。
つまり、利用される方も多いAmazonでの買い物だと、1.25%の還元率でポイントを貰えるのです!

また、JCBの法人カードは保険も群を抜いて素晴らしく、一般ランクだというのに国内外で最高3,000万円の補償を受けられるといったサービスが付帯。

性能がよく、そして安心サポートも備わった低年会費のJCB一般法人カード、試してはいかがですか?

クイック申し込み

一般法人カードコスパランキング

  • 年会費:1,250円
  • 申請対象:法人 / 個人事業主
  • 利用限度額:最高150万円
  • 一般法人カードながら、キャッシング機能が備わっている!
  • 審査では登記簿謄本や決算書が不要

ランキング3位は、ビジネスシーンでマルチに活躍するサービスが豊富な「三井住友forOwners」です。

一般法人カードでは珍しいキャッシング機能付きで、利率は低く、また海外でも借りることが可能。
1,250円と負担のかからない年会費と三井住友という会社の信頼から、有事の際を考え所持される経営者も多い法人カードです!

他にも還元率0.5%のポイントプログラムや、最高2,000万円補償の保険サービス、それから実質無料で発行可能なETCカードや充実した福利厚生サービスなど、1,250円の年会費で利用できる一般法人カードとしては、群を抜いたサービス数が付帯されています。

そんな三井住友forOwnersの審査では、登記簿謄本や決算書が不要。
そのため、審査はわりと通りやすいと評判で、設立したての会社でも審査に通る可能性が十分にあります!

法人カードによるサービスをたくさん利用してみたいという方には、こちらがコスパ的にもおすすめです。

クイック申し込み

全ランクのコストパフォーマンス一覧も必見!

一般法人カードコスパランキング

以上が、一般法人カードコスパランキングになります。

コスパの優れた法人カードというのは、どのランクにも存在しています。
総合的に最もコスパが優れた法人カードを集めたランキングがありますので、こちらも参考にどうぞ!

コスパ比較ランキング