気になるJCB法人カードの限度額について徹底比較してみました。

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 利用限度額を徹底比較!JCB法人カード

    JCB法人カードの利用限度額を比較

     

    唯一の日本発国際ブランドであるJCB。
    そんなJCBが発行する法人カードは、どれほど利用限度額が高いか知りたくはありませんか?

     

    利用限度額は、法人カードを所持するうえで非常に重要な比較すべき項目。
    不適切法人カードを所持してしまうと、利便性に欠け、ビジネスの効率化が図れなくなってしまいます。

     

    その利用限度額を、JCB法人カードで比較しようとすると少々大変。
    なぜなら、6つもの種類が存在するからです!

     

    そこで、当ページではJCB法人カードの利用限度額を徹底比較。
    また、比較だけでなく、それぞれの特徴も紹介するので、ぜひご覧ください!

     

     

     

    JCB法人カードの種類

    JCB法人カードの限度額

     

    まずは、6種類あるJCB法人カードを1枚ずつ紹介したいと思います。

     

     

    一般法人カード


    JCB法人カードの中で最もコストパフォーマンスが良く、スタンダードな1枚。
    JCB一般法人カードにはポイント還元が付帯していて、その還元率は最大で0.75%にも上ります。

     

    ゴールド法人カード


    しっかりとした補償サービスが欲しいという人におすすめなのがJCBゴールド法人カード。
    年会費は10,000円と安く、ポイント還元機能に加え、保険付帯も備わっている法人カードです。

     

    プラチナ法人カード


    法人カードの中でも1番ランクの高いプラチナランクであるJCBプラチナ法人カードです。
    年会費は30,000円とプラチナランクの法人カードにしてはリーズナブル。
    コンシェルジュサービスなどの付帯サービスも充実しています。

     

    ビジネスプラス一般


    JCBビジネスプラス一般法人カードの年会費は1,250円。
    JCB一般法人カードのポイント還元がキャッシュバックになっているタイプの法人カードです。

     

    ビジネスプラスゴールド


    JCBビジネスプラスゴールド法人カードは、10,000円の年会費で利用できるキャッシュバック型の法人カード。
    キャッシュバック以外の機能は、JCBゴールド法人カードと変わりません。

     

    コーポレートカード


    JCBコーポレートカードは、大企業向けのJCB法人カード。
    年会費は30,000円と安く、発行枚数が限定されていないという特徴があります。

     

     

     

    6種類の限度額を比較してみよう!

    画像:JCB限度額

     

    それでは、上記で紹介した6種類のJCB法人カードの利用限度額を比較してみましょう!

     

    JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード

    比較画像@

    利用限度額:10万〜100万円

    比較画像A

    利用限度額:50万円〜250万円

    比較画像B

    利用限度額:150万円〜

    JCBビジネスプラス一般法人カード JCBビジネスプラスゴールド法人カード JCBコーポレートカード

    比較画像C

    利用限度額:10万〜100万円

    比較画像D

    利用限度額:50万円〜250万円

    比較画像E

    利用限度額:審査による

     

    JCB法人カードの利用限度額を比較すると、ランク毎に設定されているのがわかります。
    また、プラチナランクコーポレートカードでは、利用限度額が高いことが比較表からわかりますね!

     

    この比較結果から、JCB法人カードに利用限度額の高さを求めるのであれば、ランクの高さで選ぶことをおすすめします。

     

     

     

    利用限度額がわかったところでスペックも比較!

    画像:JCB限度額

     

    利用限度額を比較したところで、それぞれの法人カードのスペックも比較してみましょう!
    スペックも比較することで、どの法人カードがあなたに合っているかわかることかと思います。

     

    カード名 JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
    券面
    年会費 1,250円 10,000円 30,000円
    利用限度額 10万円〜100万円 50万円〜250万円 150万円〜
    ポイント還元 最大0.75% 最大0.80% 最大0.85%
    マイル還元 ANA/JAL 0.30% ANA/JAL 0.30% ANA/JAL 0.30%
    国内旅行傷害保険 最高3,000万円 最高5000万円 最高1億円
    海外旅行傷害保険 最高3,000万円 最高1億円 最高1億円
    コンシェルジュ

     

    カード名 JCBビジネスプラス一般法人カード JCBビジネスプラスゴールド法人カード JCBコーポレートカード
    券面
    年会費 1,250円 10,000円 30,000円
    利用限度額 10万円〜100万円 50万円〜250万円 審査による
    キャッシュバック
    国内旅行傷害保険 最高5000万円 最高5000万円
    海外旅行傷害保険 最高1億円 最高5000万円
    コンシェルジュ

     

     

     

    法人カードには利用限度額が高いものも!

    画像:JCB限度額

     

    全6種類のJCB法人カードを比較してみましたが、いかがでしたか?

     

    利用限度額の高さで選ぶのであれば、JCBプラチナ法人カードがおすすめ!
    ポイント還元率が高く充実した付帯サービスもあり、なにより利用限度額が高いので、非常におすすめの法人カードです。

     

    とはいえ、JCBにこだわらなければ、利用限度額の高い法人カードは数多く存在します。
    それらの法人カードを見てみてい方は、当サイトで探してみてはいかがでしょうか?

     

    当サイトでは、様々の法人カードの情報を掲載しています。
    もちろん、利用限度額の情報も掲載しているので、様々な法人カードを比較できることでしょう!

     

    法人カードを探す