JCBの法人カードを導入することにより得られるメリットを紹介!

JCBの法人カードが持つメリットについて解説!

最終更新日: 2020年10月2日

画像: JCB法人カードのメリットについて

JCBの法人カードが持つメリットについて、気になる方もいるのではないでしょうか?

JCBと言えば、日本国内で絶大な人気を誇る法人カードの発行会社。
多くのビジネスマンに愛されているだけあり、この発行会社の法人カードには数々のメリットがあります。

例えば、ポイントが貯めやすいところや、手厚い旅行傷害保険を備えているところは、JCBの法人カードが持つ大きなメリットです。
この発行会社が作成する法人カードを導入すれば、様々な状況であなたをサポートしてくれることは間違いないでしょう。

もちろん、JCB法人カードのメリットは、これらだけではありません。
どういった強みを持つのか詳しく知ることにより、JCB法人カードの魅力をさらに引き出せるはずです。

そこで今回は、JCBが発行する法人カードのメリットについて解説。
この発行会社の法人カードを導入することによって、どういったメリットが得られるのか詳しく紹介します。

そして、JCBが発行する法人カードの中でも、特に数多くのメリットを持つ1枚を紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

高いポイント還元率を実現!経費削減が図りやすい

画像: 還元サービスについて

JCBの法人カードが持つ最大のメリットと言えば、何といってもポイントが貯めやすいところです。

通常、JCBの法人カードでは、1,000円の利用額に対して1ポイントを獲得することが可能。
この1ポイントは5円相当の価値があるため、JCBの法人カードで実現できるポイント還元率は0.5%です。

一見、そこまで優れた数値ではありませんが、JCBの法人カードにはいくつかのポイントアップサービスが備わっています。
それらのポイントアップサービスを上手く活用すれば、他の法人カードより効率的にポイントが貯められることは間違いありません。

例えば、JCBの法人カードを導入することにより、「JCBスターメンバーズ」というポイントアップサービスが利用可能です。
JCBスターメンバーズとは、法人カードの年間利用額に応じて、獲得ポイント数がアップするサービスのこと。
仮に、JCBの法人カードを100万円~300万円以上年間で利用すれば、最大0.75%~0.85%のポイント還元率を実現できます。

最大0.75%~0.85%と言えば、法人カードの平均ポイント還元率である0.5%より高い数値です。
平均以上のポイント還元率を実現できるため、経費削減が図りやすいという大きなメリットを獲得できます。

他にも、ネットショッピングで獲得ポイント数を上げられたり、特定の提携店舗で得られるポイント数を引き上げられたりと、備わるポイントアップサービスは様々。
一般的な法人カードよりポイントが貯めやすいという大きなメリットがあるので、効率的にコストカットを狙えることでしょう!

トップクラスの旅行傷害保険が付帯!出張時の万が一に対応可能

画像: 旅行傷害保険について

ポイントが貯めやすいというメリットの他に、JCBの法人カードには特に優れた点があります。
それが、他の法人カードと比較して、最高峰の旅行傷害保険を付帯しているというものです。

例えば、JCBが発行する一般ランクの法人カードは、最高3,000万円もの旅行傷害保険を備えています
しかも、付帯する旅行傷害保険は、国内外で適用されます。
国内旅行傷害保険を付帯する一般ランクの法人カードが少ない中、これほど高額な補償金額を備えるものは非常に珍しいです。

もちろん、ランクが上がれば、旅行傷害保険の補償金額も比例して上がります。

ゴールドランクのJCB法人カードには、国内最高5,000万円・海外最高1億円の旅行傷害保険が付帯。
なんと、プラチナランクのJCB法人カードには、国内外で最高1億円もの旅行傷害保険が備わっています
さらに、プラチナランクのJCB法人カードであれば、家族特約(※)も付帯しているので、旅先で家族に万が一のことがあっても対応できるというメリットがあります。
(※ 家族特約とは、JCB法人カードの所持者だけでなく、その家族の方も補償の対象になる保険のこと)

このように、他の法人カードと比較して、より手厚い旅行傷害保険が付帯しているところも、JCB法人カードが持つ大きなメリット。
JCBの法人カードを導入すれば、出張時などの安心をしっかりと守れることでしょう!

豊富なビジネスサポートサービスが備わるところもメリットの1つ!

画像: ビジネスサポートサービスによるメリットについて

JCBが提供する様々なビジネスサポートサービスを利用できるところも、この発行会社の法人カードを導入するメリットと言えます。
JCBの法人カードを導入することで利用できるビジネスサポートサービスは、基本的に以下の通りです。

サービス名 内容
福利厚生倶楽部 保養所やスポーツクラブなどを特別価格で利用できる「福利厚生倶楽部」の優待サービス。
じゃらんコーポレートサービス 日本最大級の宿泊予約サイト「じゃらん.net」が提供する宿泊プランを特別価格で利用できるサービス。
弥生 JCB法人カードの利用明細データをもとに、各種会計処理を自動で実行してくれるサービス。
エクスプレス予約 東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレス乗車サービスである「エクスプレス予約」をJCB法人カードで利用できるサービス。
freeeの優待サービス クラウド会計ソフト「freee」が提供する特定のプランを初年度年会費15%OFFで利用できるサービス。
JCB.ANA@desk 出張業務を最適化してくれるオンライン出張手配サービス。

上記のサービスに加え、ゴールドやプラチナランクのJCB法人カードでは、さらに上質なサービスを利用することができます。
ゴールド・プラチナランクのJCB法人カードに備わる高級なサービスの中でも、空港ラウンジに関するサービスは特に優秀です。

ゴールド・プラチナランクのJCB法人カードがあれば、国内32空港・海外1空港に設置されているラウンジを無料で利用することが可能。
空港にある待合室より快適な空間になっているため、飛行機搭乗までの待ち時間をストレスフリーで過ごせるというメリットが得られます。

しかも、プラチナランクのJCB法人カードには、さらに上質な空港ラウンジを利用できるサービスが付帯しています。
世界1,300ヶ所以上ものVIP空港ラウンジを無料で利用できるサービスが備わっているので、待ち時間をより優雅で有意義なものにできることでしょう。

これらの他にも、レストランで優待を受けられたり、ゴルフ場を手配してくれたりと、ゴールド・プラチナランクのJCB法人カードに付帯するサービスは様々。
当然ながら、一般ランクよりも質の高い特典が備わっているので、ゴールド・プラチナランクの方が付帯サービスによるメリットは獲得しやすいはずです。

追加カードの発行サービスが非常に優秀!

画像: 追加カードについて

きっと、JCB法人カードのメリットについて知りたい方の中には、複数の従業員に追加カードを支給したいという方もいると思います。

そんな方であれば、JCBの法人カードを導入することによって、非常に大きなメリットを獲得できることでしょう。
というのも、JCBの法人カードは、非常に追加カードの発行サービスが優れているためです(※)。
(JCBが発行する「CARD Bizシリーズ」では、追加カードを作成できないので注意してください)

なんと、JCBの法人カードでは、追加カードを無制限に発行することが可能
発行できる枚数に制限が設けられていないため、追加カードを支給したい全従業員に持たせることができます。

例えば、一般ランクのJCB法人カードを導入したとします。
この場合、1,250円という低年会費で追加カードを作成可能です。
コストを抑えながらも、しっかりと経費処理の簡略化が図れるため、一般ランクのJCB法人カードを導入するメリットは大きいと言えます。

一方で、ゴールドランク以上の法人カードで追加カードを発行する場合は、気を付けなければいけません。
これは、一般ランクと比較して、ゴールド・プラチナランクの法人カードで作成できる追加カードには、より高い年会費が掛かるからです。

仮に、高ランクのJCB法人カードで追加カードを数十枚も発行すると、多額のコストが掛かるかもしれません。
もしかすると、追加カードの作成だけで数万円から数十万円もの費用が掛かる可能性もあるので、注意してください。

低年会費&高性能な1枚!審査通過率が高いおすすめのJCB法人カードを紹介

画像: おすすめのJCB法人カードについて

ここまでで、JCBの法人カードが持つ様々なメリットについて紹介しました。
それにより、JCBが発行する法人カードの中でも、導入することで特に多くのメリットが得られる1枚を知りたいと思った方もいることでしょう。

そこで今回、おすすめの法人カードとして紹介するのが「JCB一般法人カード」です!
この法人カードは、1,250円という低年会費で導入できるのにもかかわらず、申し分ない性能を誇っているため、メリットが感じやすい1枚となっています。

まず、JCB一般法人カードの魅力として挙げられるのは、高いポイント還元率を誇っているところです。
なんと、このJCB法人カードは、最大0.75%ものポイント還元率を実現できます
一般的な法人カードより高い数値を実現できるため、経費削減が図りやすいというメリットを獲得できることでしょう。

しかも、JCB一般法人カードは、手厚い旅行傷害保険を備えています。
このJCB法人カードに備わる旅行傷害保険は、国内外で最高3,000万円が補償されるという充実っぷり。
他の発行会社が作成する一般ランクの法人カードと比較して、圧倒的に手厚い補償が付帯しているため、出張時の安心感は違うと思います。

そんなJCB一般法人カードのメリットは、年会費が安かったり、高い性能を誇っていたりするだけではありません。
審査が甘いと言われているところも、JCB一般法人カードが持つメリットの1つです。

このJCB一般法人カードの審査通過率(※)は、驚異の約60%
(※ 審査通過率とは、当サイトが1万件以上もの申し込みデータで算出した審査の甘さを数値化したもの)
法人カードの平均的な審査通過率が約45%となっているため、JCB一般法人カードがいかに審査に通りやすい可能性が高いかわかることでしょう。

このように、JCB一般法人カードを導入することによって、獲得できるメリットというのは様々。
WEBからの申請で初年度の年会費が無料になるという特典もあるので、ぜひこの法人カードの導入を検討してみてください!

JCB一般法人カードの詳細

選択肢を広げてみては?こちらも要チェック!

画像: 他の選択肢について

上述した通り、JCBが発行する法人カードを導入すれば、非常に様々なメリットを獲得できます。
特に、今回紹介したJCB法人カードはおすすめなので、どれが良いかわからないという方は、ぜひ導入を検討してみてください!

とはいえ、せっかく法人カードを導入するなら、もっと他の選択肢を視野に入れてみるのも良いでしょう。
法人カードの種類は非常に豊富なので、もしかするとよりあなたに合った1枚が見つけられるかもしれません。

そこで、もし他の法人カードもチェックしておきたいという方がいたら、当サイトで探してみてはいかがでしょうか?
用途によっては、JCBが発行するものより大きなメリットが得られる法人カードも紹介しているので、参考になるはずです。

法人カードを探す

TOP > JCBについて > JCBの法人カードを導入することにより得られるメリットを紹介!