JCBが発行する法人カードでマイルが貯められるものを紹介!

JCB法人カードでマイルを貯めることはできる?

画像: マイルが貯められるJCB法人カードについて

ポイントが貯めやすいことで有名なJCBの法人カード。
きっと、この発行会社が作成する法人カードでマイルを貯められるのか、気になる方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、JCBが発行する多くの法人カードは、マイルを貯めることができません。
ポイントのマイル移行に対応している法人カードが非常に少ないので、覚えておきましょう。

とはいえ、ポイントの移行によってマイルが貯められるJCBの法人カードは存在します
その法人カードを導入すれば、JCBが提供する様々なサービスを利用できるだけでなく、出張費の削減も図ることが可能です。

そこで今回は、マイルを貯めることができるJCBの法人カードについて解説。
どれほどマイルが貯めやすいのか紹介することに加え、その法人カードをあまりおすすめできない理由についても紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

マイルが貯められるJCBの法人カードとは?

画像: マイルが貯められるJCBの法人カードについて

JCBでは、「オリジナルシリーズ」・「ビジネスプラスシリーズ」・「CARD Bizシリーズ」という3種類の法人カードを作成しています。
これらの内、ポイントをマイルに移行できるのは、CARD Bizシリーズのみです。

CARD Bizシリーズとは、JCBが2020年2月にリリースしたJCB法人カードのこと。
追加カードの発行サービスが付帯していないため、法人代表者・個人事業主の方のみが利用できるJCB法人カードとなっています。

このJCB法人カードでは、貯めたOkiDokiポイントをANA・JALマイルに移行することが可能
500ポイント以上を貯めることでマイルに移行することができ、1ポイント当たり3マイルを獲得できます

そんなCARD BizシリーズのJCB法人カードですが、マイルの貯めやすさというのは、ランクによって若干異なります。
当然ながら、一般ランクのJCB法人カードより、プラチナランクの方がマイルは貯めやすいです。
ただ、高ランクのJCB法人カードの方がマイルを貯めやすいと言っても、そこまで大きく変わる訳ではないので、あまり気にする必要はないでしょう。

全部で3つある移行方法について解説!

画像: 移行方法について

CARD BizシリーズのJCB法人カードで貯めたポイントをマイルへ移行する方法について解説します!
基本的には、以下3つの方法でポイントのマイル移行申請が行えます。

  • 電話
  • 郵送
  • ネット

JCBでは、24時間365日電話(自動音声ガイダンス)によるポイントのマイル移行に対応しています。
もし、電話でポイントをマイルに移行するなら、手元にJCB法人カードを用意して「0120-409-309」に連絡しましょう。

また、郵送でもポイントをマイルに移行できます。

まず、郵送の場合は、JCBの公式サイトにアクセスしてください。
その後、「OkiDokiポイントプログラム申込用紙」をダウンロード(※)。
(※ OkiDokiポイントプログラム申込用紙は、JCBから毎月送付される利用明細書の裏面にも付いています)
この申込用紙に必要事項を記入したのち、JCBが指定する送付先に郵送すれば、ポイントをマイルに交換できます。

ただ、この方法の場合、マイルへの移行に少なくとも1週間程度の期間が掛かります
他の方法と比較して、手間や時間が掛かるため、郵送でポイントをマイルに移行するのはあまりおすすめできません。

そして、JCBの会員専用サイトからポイントをマイルに移行することもできます。
この方法でマイルを手に入れるのが最もおすすめ。
他2つの方法よりも手間を掛けずにポイントをマイルへ移行できるので、ネットでの申請を推奨します!

各ランクの比較表を紹介!

画像: 比較表について

上述した通り、CARD BizシリーズのJCB法人カードは、ランクによってマイルの貯めやすさが違います。

そこで、ここからはCARD Bizシリーズのランク全3種類を比較表にて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

法人カード名 JCB CARD Biz一般 JCB CARD Bizゴールド JCB CARD Bizプラチナ
券面 JCB CARD Biz一般 JCB CARD Bizゴールド JCB CARD Bizプラチナ
マイル還元率 最大0.45% 最大0.48% 最大0.51%
ポイント還元率 最大0.75% 最大0.80% 最大0.85%
旅行傷害保険 国内:最高3,000万円
海外:最高3,000万円
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
国内:最高1億円
海外:最高1億円
年会費 1,250円
(WEB申込で初年度無料)
10,000円
(WEB申込で初年度無料)
30,000円

上記比較表の通り、マイルの貯めやすさを表すマイル還元率は、CARD Bizシリーズのランクによって少々異なります。

一般ランクが最大0.45%というマイル還元率を実現できるのに対し、プラチナランクのJCB法人カードは最大0.51%の数値を実現可能です。
その差は0.06%しかありませんが、よりマイルの貯めやすいJCB法人カードを導入するなら、プラチナランクを選択する方が良いでしょう。

そして、旅行傷害保険の項目を比較すると、一般ランクとゴールド・プラチナランクでは大きく補償額に差があります。

一般ランクのJCB法人カードには、国内外で最高3,000万円の補償を受けられる旅行傷害保険が付帯。
一方でゴールド・プラチナランクのJCB法人カードでは、国内最高5,000万円~1億円・海外最高1億円もの補償が受けられます。

また、その他のサービスを比較しても、一般ランクよりゴールド・プラチナランクは非常に優秀です。
ゴールド・プラチナランクのJCB法人カードには、空港ラウンジが無料で利用できるサービスが付帯。
なので、旅行傷害保険の手厚さ・付帯サービスの充実度は、ゴールド・プラチナランクのJCB法人カードの方が優れていると言えます。

あまりおすすめできない理由について解説

画像: おすすめできない理由について

JCBが作成する3種類のシリーズの中で、唯一マイルを貯めることができるCARD Bizシリーズ。
正直に言うと、マイルの貯蓄を目的にこのシリーズのJCB法人カードを導入するのは、あまりおすすめできません。
というのも、他の発行会社が作成するものと比較して、JCBの法人カードではマイルを効率的に貯められないからです。

マイルが貯めやすいと言われている法人カードと、CARD Bizシリーズを比較してみるとその差は圧倒的。
以下表の通り、今回はCARD Bizシリーズで最もマイル還元率が高い「JCB CARD Bizプラチナ」と、「セゾンプラチナ・ビジネスカード」を比較してみます。

法人カード名 JCB CARD Bizプラチナ セゾンプラチナ・ビジネスカード
券面 JCB CARD Bizプラチナ セゾンプラチナ・ビジネスカード
マイル還元率 最大0.51% 最大1.125%
旅行傷害保険 国内:最高1億円
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
年会費 30,000円 20,000円

JCB CARD Bizプラチナで実現できるマイル還元率は、たったの最大0.51%です。
一方でセゾンプラチナ・ビジネスカードでは、最大1.125%もの驚異的なマイル還元率を実現できます
実現できるマイル還元率に2倍以上もの差があるので、マイルの貯めやすさは驚くほど違うことでしょう。

例えば、JCB CARD Bizプラチナとセゾンプラチナ・ビジネスカードで、それぞれ年間100万円のカード利用があったとします。
この場合、JCB CARD Bizで貯められるマイルは、合計5,100マイル。
セゾンプラチナ・ビジネスカードの場合は、計11,250ものマイルを獲得できます。

もちろん、年間のカード利用額がより高ければ、これら2枚の法人カードで獲得できるマイルの差はさらに広がります。
そのため、マイルの貯めやすさを基準に法人カードを導入するなら、JCBが発行するもの以外を検討する方が良いでしょう。

業界最高峰の還元率を実現!おすすめの1枚を紹介

画像: おすすめの1枚について

上述した通り、マイルを貯めて飛行機利用時の経費を効率的に削減したいなら、JCBの法人カードはおすすめできません。

そこで今回、JCBが発行する法人カードの代わりにおすすめとして紹介するのが、「セゾンプラチナ・ビジネスカード」です!
この法人カードは、業界トップクラスのマイル還元率を実現できるだけでなく、充実したトラベルサービスも付帯する1枚となっています。

セゾンプラチナ・ビジネスカードのマイル還元率は最大1.125%
一般的な法人カードの場合、実現できるマイル還元率は約0.4%~0.5%となっているため、比較して2倍以上もの数値を誇っています。
そのため、この法人カードを導入すれば、出張費用などの削減が図りやすくなることは間違いないでしょう!

しかも、この法人カードには、プライオリティパスの無料発行サービスが付帯しています。

プライオリティパスとは、世界1,300ヶ所以上にあるハイグレードな空港ラウンジを利用できるチケットのようなもの。
セゾンプラチナ・ビジネスカードがあれば、このプライオリティパスを無料で発行することが可能です!
マイルが貯めやすいことに加え、空港での時間をより有意義なものにしてくれるサービスも備わっているので、飛行機での出張が多い方に最適な法人カードと言えます。

そんなセゾンプラチナ・ビジネスカードの年会費は2万円と、プラチナランクの法人カードの中でも格安です。
さらに、この法人カードを年間で200万円以上利用することにより、年会費が半額の1万円になります
それでいて、驚異的なマイル還元率を誇っていたり、上質なサービスを利用できたりするので、非常にコスパが優秀な法人カードです。

このように、マイルが貯めやすいだけでなく、他にも様々な魅力を持つところがセゾンプラチナ・ビジネスカードの強み。
JCBの法人カードより効率的にマイルを集められることは間違いないので、ぜひ導入を検討してみてください!

セゾンプラチナ・ビジネスカードの詳細

他にもおすすめはまだまだある!

画像: 他のおすすめについて

今回は、マイルが貯められるJCBの法人カードについて紹介しました。
また、JCBが発行する法人カードより、効率的にマイルを集められるおすすめの1枚も紹介したので、導入してみることをおすすめします。

ただ、マイルが貯めやすい法人カードは、他にもまだまだあります。
そのため、他の法人カードも確認すれば、あなたに合った1枚を導入できる可能性が高くなることでしょう。

そこでおすすめなのが、当サイトの「マイルランキング」を見てみることです。

マイルランキングでは、マイルの貯めやすさで法人カードを5枚厳選。
付帯サービスの充実度なども加味して作成したランキングなので、あなたの相棒になり得る法人カードを見つけられるかもしれません。

マイルランキング

TOP > JCBについて > JCBが発行する法人カードでマイルが貯められるものを紹介!