JCB法人カードの申し込みをおこなう手順!手続きから注意点まとめ

JCB法人カードの申し込み方法を徹底解説!

最終更新日: 2019年7月4日

JCB法人カードの申し込み手順や、必要書類について紹介します!

JCBの法人カードを検討している方にとって、今1番気になるのは申し込み方法かと思います。
手順はどうなっているのか、必要書類はあるのか、審査期間はどれくらいなのか…など、JCB法人カードの申し込みに関する疑問は尽きないことでしょう。

今回は、そういったJCB法人カードの申し込みにおける手順や注意点を紹介します。
当サイトでもおすすめしている法人カードなので、これを機会にぜひ検討してみてください!

JCB法人カードをすぐに申し込みされたい方は、こちらからどうぞ!
クイック申し込み

申し込みは、6つの簡単ステップ!

JCBの法人カードの申し込みには色々な方法がありますが、1番簡単なのはWebからの申し込みです!
スマホやパソコンからいつでも申し込めるので、忙しいビジネスマンの方でも空いた時間に申請することができます。

そんなWeb申請を行うときは、以下のような6つのステップを要します。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 入会申込みを行う
  3. 発行審査が行われる
  4. JCB法人カード入会申込書を返送する
  5. 契約確認書類の確認
  6. JCB法人カードの発行

参照サイト:お申し込み手続き方法の詳細|JCB法人カード

申し込み工程は6ステップあると言いましたが、申請者が行うのは実質1・2・4番だけ。
それ以外は発行会社側の作業となるので、気にしなくて大丈夫です!

入会申込みを行うときは、入力フォームにいくつかの質問があるので、それを答える形となります。

訊かれるのは、法人と代表者の信用情報、追加使用される方の情報、支払い口座の設定といった項目。
それから会社の住所だったり、申請者の名前や性別だったりが、ここで訊かれる内容になります。

住所の打ち込み等あるので、申し込みにかかる時間は10分~15分と考えておくと良いでしょう。

入会申込みが終わると、その情報を基に発行会社の方で審査を決行。
その後、審査が無事に通ると、JCBの方から「JCB法人カード入会申込書+返送用封筒」が送られてくるので、必要事項を記入し返送しましょう。

その際、JCB法人カード入会申込書と一緒に、いくつかの必要書類も返送しなくてはいけません!

必要書類は2枚だけ!

JCBの法人カードを作るには、いくつかの必要書類を用意しなくてはいけません。
必要となる書類は、以下の通りです。

  • JCB法人カード入会申込書(自署・捺印届)
  • 本人確認書類

JCB法人カード入会申込書」というのは、審査完了後に送られてくる書類になります。
こちらに必要事項の記入、それから捺印を行えば、JCB法人カード入会申込書の準備はOKです!

続いて「本人確認書類」ですが、こちらは、「法人代表者」と「個人事業主」で用意する書類に違いがあるので注意が必要。

本人確認書類の違いについては後述しますが、その2点を返信用封筒に入れ、返送することで必要書類の提出はお終いです!

個人事業主の方が用意する必要書類

個人事業主の場合、本人確認のために用意する必要書類は1点。
下記8点の中から「氏名・生年月日・現住所」が書かれたページを、A4用紙に原寸大でコピーして1枚用意します。

必要書類 備考
運転免許証 裏面に変更情報がある場合は両面とも
運転経歴証明書 裏面に変更情報がある場合は両面とも
パスポート 写真および現住所のページ
在留カード 裏面に変更情報がある場合は両面とも
特別永住者証明書 裏面に変更情報がある場合は両面とも
マイナンバー 表面のみ(マイナンバーの記載がある裏面は不要)
住民票の写し 発行日から6ヵ月以内のもの、原本でも可
各種保険証+現住所が確認できる書類 ご本人様のお名前・生年月日・現住所記載面(カードタイプの場合は両面とも)

これに加え、下記の条件に当てはまる方は、情報を補完するための書類がさらに必要です。

【該当者】

  • 本人確認書類に記載の住所が、入会申込をしたときの住所と異なる場合。
  • 本人確認書類に「各種健康保険証」を利用する場合。
【補完用の必要書類】

  • 公共料金の領収書
  • 国税や地方税の領収書、または納税証明書
  • 社会保険料の領収書

法人代表者の方が用意する必要書類

法人代表者の場合、本人確認用に用意しなくてはいけない必要書類は下記の2点。

  • 代表者の本人確認書類
  • 法人の本人確認書類

まず「代表者の本人確認書類」ですが、こちらは個人事業主と同じ書類です。
上で紹介した8枚の必要書類のうち1枚を法人代表者の方も用意しましょう。

それから法人代表者の場合、下記の必要書類から1点を、発行日から6ヵ月以内のもので用意しなくてはいけません(コピー可)。

  • 現在事項全部証明書
  • 履歴事項全部証明書

つまり、法人代表者の場合、JCB法人カードの審査で必要な書類数は合計3枚ということになります!

  • JCB法人カード入会申込書(自署・捺印届)
  • 本人確認書類
  • 現在事項全部証明書 or 履歴事項全部証明書

参照サイト:本人確認書類について|JCB法人カード

JCB法人カードの審査期間は約3~4週間

JCB法人カードの審査期間については、明確な日数が決まっている訳ではありません。
しかし、審査期間は約3~4週間として見ておくと良いでしょう。

というのも、公式サイトを見ると「JCB法人カード入会申込書を返送してからの確認」、それから「確認後からのJCB法人カード発送準備」に、それぞれ1週間程度掛かると記載されています。

これに加え、最初の申込み時に行われる審査、それから審査後に送られてくるJCB法人カード入会申込書の発送準備なども加味すると、審査期間は約3~4週間掛かることが推測できます。

少々長いと思うかも知れませんが、多少は前後することがあるので、あくまでも推測での話とお考えください。

今申し込むと、新規入会キャンペーンが受けられる!

JCBの法人カードを「Webから」申し込んだ場合、新規入会者限定のお得なキャンペーンを受けられます!

なんと「JCB一般法人カード」を申し込まれた方には最大7,000円分、そして「JCBゴールド法人カード」または「JCBプラチナ」法人カードを申し込んだ方には最大12,000円分のJCBギフトカードをプレゼント!

キャンペーン期間は今だけなので、JCBの法人カードを検討していた方は今がチャンス!

また、「JCB一般法人カード」と「JCBゴールド法人カード」は、新規入会者を対象に年会費が初年度無料になるキャンペーンも行っています。
非常にお得なキャンペーンなので、ぜひこれを機会に申し込まれたいかがですか?

JCB法人カードの各ランクについてのおすすめポイントは、こちらでまとめています!
気になる1枚がある方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

各ランクの特徴を確認する