ブラックリストでも法人カードを持てる?自己破産者の審査とは

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 自己破産からブラックリストに載っていても、法人カードの審査は大丈夫?

    自己破産していても法人カードは所持できるか

     

    「自己破産してるけど、法人カードを持てるかな…」
    「ブラックリストに載っているけど、審査が通るのかな?」

     

    過去に自己破産をし、現在ブラックリストに載る方だと、法人カードの審査に不安を感じますよね。
    法人カードに申し込んだことはなくても、審査に通りにくいとの噂は聞くので、アナタも気になったことでしょう。

     

    結論からいうと、自己破産していると法人カードの審査は確かに通りにくいと言われています。
    しかし、決して100%法人カードの審査に通らない訳ではありません!
    法人カードの審査の仕組みを知れば、自己破産やブラックリストの方でも可能性があるのです。

     

    今回は、自己破産でブラックリストに載る方も法人カードを持てるチャンスがあることを解説します!
    まずは、自己破産した方が法人カードの審査に通りにくいと言われる理由から説明していきます。

     

     

     

    なぜ審査が通りにくいと思われているの?

    審査に通りにくい理由とは

     

    自己破産の方も、法人カードを作りたい、もしくは作ることになった場合がありますよね。

     

    クレジットカードの審査は、一般的に自己破産者が通るのは厳しいとされています。
    自己破産は債務を払えなくなった証でもあるので、一時的にお金を貸与する側の発行会社にとって、返金されないリスクは少しでも摘みたいと思うのが当然。

     

    そのため、クレジットカードの審査は厳しいとされていますが、法人カードは同じとは限りません!
    というのも、法人カードはクレジットカードの審査とは少々異なると言われているためです。

     

    同じとは限らない理由とは?

    自己破産からブラックリストに載る方の審査

     

    法人カードでは、審査で重要となるのが「会社」と「代表者」の信用情報と言われています。

     

    個人用クレジットカードと違い、法人カードの利用代金は「法人口座」からの引き落としとなります。
    法人カードを利用するのは一社員ですが、その利用代金を払うのは会社ということですね!

     

    つまり、いくらこの社員が自己破産になり、ブラックリストに入っていても、法人カードにおける返済は「会社」という第三者である訳ですから、返済能力が有ると判断されます。

     

    だから法人カードの審査では、自己破産者でもつつがなく発行までできると言われているようです。

     

     

     

    代表者がブラックリスト入りだと…

    代表者がブラックリストの場合

     

    ただ、ここで問題なのが「代表者」が自己破産してブラックリスト入りしている場合。
    代表者が自己破産している場合、代表者含め社員も法人カードの審査が通りにくいと考えられます。

     

    先で解説した通り、法人カードの審査で重要なのは、会社と代表者の信用情報と言われています。
    それだけ代表者の信用情報は大切とされているのに、その方が自己破産でブラックリスト入りしているとなると、通るのは少々厳しいと考えられます。

     

    社員も、代表者の信用情報がしっかりしているからこそ、自己破産していても法人カードを発行できる可能性があった訳で、後ろ立てがないのであれば審査に通るのは厳しいでしょう。

     

    自己破産した社員が法人カードの審査なら通りやすいのは「引き落とし先が法人口座」であるから。
    そのため、個人口座から引き落とすタイプの法人カードだと、審査に落ちる可能性が高いので注意してください。

     

    • 代表者がブラックリスト入りだと、代表者は審査に通りにくい
    • 代表者がブラックリスト入りだと、自己破産した社員も審査に通りにくい
    • 引き落とし先が個人口座だと、ブラックリスト入りの社員は審査に通りにくい

     

     

     

    では法人カードの発行は断念するしかないのか

    自己破産していると法人カードは発行できない?

     

    自己破産をし、ブラックリストに入っていた場合、法人カードを発行を諦めた方が良いのでしょうか?
    実はそういうわけではありません

     

    各法人カードには、発行会社が審査基準を設けています。
    この審査基準を満たさなければ法人カードが発行されません。

     

    では、審査基準の中に「自己破産していること」を明記している法人カードはあるかというと、基本的にありません。
    そのため、自己破産という理由が法人カードの審査に必ずしも通らないことには繋がらないのです!

     

    ただし、自己破産をしていれば、法人カードの審査が厳しいことには変わりありません。
    自己破産してブラックリストに入った方が審査を通過して発行まで辿り着くには、適切な法人カードを選ぶ必要があります。

     

    当サイトがおすすめするのは、審査通過率が高い法人カード
    申し込んだ方のほとんどが発行している実績のある法人カードであれば、自己破産していても期待は持てるかと思います。

     

    そこで最後に、審査通過率が高い法人カードを1枚紹介します!

     

     

     

    自己破産しても審査に通る可能性がある1枚

    オリコEXGold forBiz

     

    自己破産した方におすすめする法人カードは、「オリコEXGold forBiz」です!

     

    この法人カードの審査通過率について調査すると、申し込んだ方の約65%が通ったという結果が判明!
    2,000件を超える申し込みデータから算出しているので、信頼性はしっかりと保証されています。

     

    そんなオリコEXGold forBizですが、審査通過率が高いことはもちろん、高性能な法人カードです。

     

    例えば、この法人カードのポイント還元率は最高1.1%!
    限度額が最高300万円もあるので、多額の利用をしても安心なうえ、たくさんのポイントを獲得できます。

     

    他にも、保険や招待日和といったサービスを付帯し、年会費が2,000円という低価格を実現!
    優秀なポイントサービスと合わせれば、実質無料で使うことも可能な法人カードです。

     

    自己破産からブラックリスト入りした方にもおすすめの1枚として、オリコEXGold forBizはとてもおすすめなので、検討してみてはいかがでしょうか!

     

    オリコEXGold forBizの詳細

     

     

     

    当サイトが作成した審査ランキングも見てみては?

    審査ランキング

     

    以上、自己破産でブラックリスト入りした方におすすめの法人カードでした。

     

    自己破産していたり、ブラックリスト入りしていたりすると、法人カードの審査に通りにくいですが、オリコEXGold forBizなら通るかもしれない可能性があるかもしれませんね!

     

    今回はオリコEXGold forBizを紹介しましたが、他にも審査通過率が高い法人カードがあります。
    そんな法人カードをランキング形式で紹介しているので、そちらも併せてご覧ください!

     

    審査ランキング