法人カードで経費精算を行うべき理由とは?メリットや活用法を紹介!

法人カードでの経費精算について

最終更新日: 2020年12月4日

画像: 法人カードでの経費精算について

法人カードを導入すれば、経費精算の効率化といったメリットを獲得できます!

例えば、公私混同を防げたり経費の立て替えがなくなったりと、受けられる恩恵は様々です。
今まで掛けていた会計処理の負担が大幅に軽くなるので、経費精算の効率化を目指すなら、法人カードの導入は必須と言えます。

しかも、法人カードのあるサービスを活用すれば、経費処理をさらに簡略化できます!
そのため、法人カードを導入するなら、そのサービスについて把握しておく方が良いでしょう。

今回は、そんな法人カードでの経費精算について解説。
得られるメリットを一挙に紹介するとともに、経費処理の簡略化を促進してくれる法人カードのサービスについても紹介します。

法人カードの導入で経費精算を効率良く行いたいと考えている方は、ぜひご覧ください!

経費精算の効率化に貢献!その理由は?

画像: メリットについて

法人カードを導入する大きなメリットと言えば、やはり経費精算の効率化が図れるというものです。

ここでは、法人カードを導入することにより、なぜ効率良く経費精算が行えるのか紹介します。

公私混同が起きない

画像: 公私混同について

きっと、個人向けクレジットカードで経費を支払っている方もいるのではないでしょうか?

ただ、経費の支払いを個人向けクレジットカードで行うと、「私的な支払い」と「公的な支払い」が利用明細書に混在してしまいます。
こうなってしまうと、公的な支払いを判別しにくくなることから、経費精算に多くの時間や手間が掛かる可能性が高くなります。

しかし、法人カードを導入すれば、このような公私混同が起きません!
これは、公的な支払いを法人カードで行うことにより、経費専用の利用明細書を入手できるからです。
法人カードの利用明細書を確認することで経費の流れが一目で把握できるため、効率的な経費精算が行えることでしょう!

経費の立て替え・返還作業が発生しない

画像: 経費の立て替え・返還について

法人カードでの経費精算を検討している方の中には、従業員を抱えている方も多いことでしょう。

そんな方であれば、経費の支払いを法人カードで行うことにより、大きなメリットを獲得できます!
というのも、法人カードで経費を支払えば、「経費の立て替え」・「立て替え分の返還」といった経費精算の作業を省けるからです。

例えば、法人カードを導入していないと、従業員が一時的に現金などで経費を立て替え、のちに経費精算を行うこともあると思います。
ただ、この場合、経費の立て替えを行った従業員は、経費精算書を作成したり、それを経理担当者に提出したりしなければいけません。
それだけでなく、経費の支払いを証明する領収書なども保管しておく必要があるため、経費精算に多くの時間と手間を要してしまいます。

また、経理担当者に掛かる負担も非常に大きいです。
提出された経費精算書や領収書などを確認し、それを会計ソフトに入力。
その後、立て替え分の経費を従業員に返還しなければいけないため、経費精算が煩雑になることは間違いありません。

反対に、経費の支払いを法人カードで行う場合、煩わしい経費精算の作業を大幅にカットできます。

当然、従業員が法人カードで経費を支払えれば、経費の立て替えは発生しません。
経費の立て替えが発生しないということは、立て替え分の経費を返還する作業も削減できるということ。
「従業員」・「経理担当者」双方に掛かる経費精算の作業を軽くできます。

もし、経費精算を簡略化できれば、人的コストの削減にも繋げられるかもしれません!
そのため、法人カードでの経費精算は、事業全体に大きなメリットをもたらしてくれるのです。

ミスが起きにくくなる

画像: ミスについて

法人カードで経費を支払えば、経費精算に関する作業でミスが起きにくくなります!

仮に、現金などで経費を支払う場合、経費精算では領収書などの確認が必須。
経費の支払いに関する全ての領収書をチェックして、経費精算を行わなければいけません。

ただ、事業によっては、経費の支払いを証明する領収書の数が膨大になることもあるでしょう。
もしそうであれば、「経費の計上漏れ」や「二重計上」といったミスが起きてしまうかもしれません。

しかし、経費の支払いを法人カードで行うと、これらのような人的ミスを減らせます。
これは、法人カードで支払った経費が利用明細書だけで楽に把握できるためです。

ちなみに、会計ソフトを導入することにより、経費精算に関するミスをさらに減らせると思います。
法人カードによっては、利用明細書のデータがそのまま自動で反映される会計ソフトを優待価格で利用できるものも存在。
こういった法人カードを導入すれば、経費精算の効率化だけでなく、経費削減も図れることでしょう!

追加カードでさらなる効率化が図れる!

画像: 追加カードについて

従業員を抱えている方におすすめなのが、法人カードに備わる「追加カード」というサービスの活用です。

追加カードとは、親の法人カードに対し、子に当たるカードを作成できるサービスのこと。
この追加カードは、従業員に支給することができます。

例えば、追加カードを従業員に支給することで、先ほど紹介した経費の立て替えやそれの返還といった作業を削減可能です。
従業員だけでなく、経理担当者に掛かる負担も減らせるため、経費精算の効率化が見込めます。

しかも、追加カードの利用分は、親となる法人カードの利用明細書に記載されます。
誰が・いつ・どこで・何に」経費を使用したか一目で確認できるため、効率良く経費精算が行えるという訳です。

ちなみに、利用明細書で追加カードの使用状況がわかるということは、従業員による不正利用を見抜けるということ。
仮に、従業員がプライベートで法人カードを利用したとしても、すぐに対処できることでしょう。

おすすめの法人カードはこちらでチェック!

画像: おすすめの法人カードについて

今回は、法人カードの導入により、なぜ経費精算の効率化が図れるのか紹介しました。
また、追加カードを活用したり、会計ソフトの優待特典を利用したりすれば、さらなる経費精算の簡略化が狙えるので、参考にしてみてください!

とはいえ、まだ法人カードを導入できていない方もいることでしょう。
もしそうであれば、早めの導入をおすすめします。
というのも、法人カードの導入で得られるメリットは、経費精算の効率化だけではないからです。

例えば、経費削減を図れたり、付帯サービスを利用できたりと、法人カードがもたらす恩恵は様々。
あなたのビジネスを多方面からサポートしてくれることは間違いありません!

そこで、もし法人カードの導入を検討している方がいれば、当サイトで探してみてはいかがでしょうか?
各用途別におすすめの法人カードを紹介しているので、きっとあなたに最適な1枚が見つけられると思います!

法人カードを探す

TOP > 法人カードで経費精算を行うべき理由とは?メリットや活用法を紹介!