法人カードで経費精算を行うメリットとは?立て替えが不要になる?

法人カードで経費精算を行うメリットをご紹介

最終更新日: 2019年7月4日

「法人カードは経費精算を効率化してくれる」
そういったことを小耳に挟んだことがある方もいるのではないでしょうか?

まさにその通りで、法人カードを利用することで、経費精算の効率は格段に上がります

法人カードを利用すれば、経費の仕訳や集計などに費やす時間の大幅なカットが可能。
作業時間の短縮や労力の軽減に繋げられるのです!

そこで今回、法人カードで経費精算を行うメリットについてご紹介。
法人カードの導入前後で経費精算の手間が大きく変わるので、ぜひ知っておいてください!

一体どんなメリットがあるの?

法人カードを利用すると、経費精算においてどのようなメリットがあるのでしょうか?

経費精算と言えば、1番に浮かぶのは経理担当者かと思います。
法人カードの導入で誰よりもメリットを受けるのはこの方々でしょう。

経理担当者の仕事は、主に社員の経費精算。
日々社員の交通費などの経費精算に追われていることかと思います。

しかし法人カードで支払いを行えば、経費が発生する度に申請していたものが、たった1枚の明細書にまとめられます
そのため、その都度経費精算を行う必要はなく、法人カードの請求が確定次第行えば良いのです。

これにより、社員の経費申請が減少し、それに比例して経理担当者の業務も減少。
今まで何件も対応していた経費精算を、法人カードの導入で大きく改善できるのです!

また社員としても、法人カードの導入前に行っていた「現金での立て替え」や「領収書の保存」など、面倒な作業をもう行わなくて済みます。
つまり、法人カードの導入は、経費精算において会社全体で大きなメリットを得られるのです!

そんな経費精算の効率化に役立つ法人カードですが、立て替えられるものは限られているのでしょうか?

ビジネスに関わるものが全てを立て替えられる

法人カードは、ビジネスに関わるものであれば基本的に全て立て替えができ、経費精算を行えます。

会社で毎月発生する公共料金もその対象範囲内。
電気・水道・ガスからインターネット料金まで、法人カードは様々な支払いに対応しています。

また最近では、交通費や店頭での支払いなどに対応している法人カードも珍しくありません。

法人カードはコンビニでも使用できるため、飲み物1本だけなどちょっとした買い物でも使用可能。
さらに、法人カードによってはSuicaの代わりとして使えるものもあり、電車運賃などの交通費までも経費精算を行えます。

法人代表者や個人事業主の方であれば、会食や打ち合わせなど移動が多いのではないでしょうか?
その移動中に使う経費も法人カードが立て替えてくれるのです!

このように、様々なビジネスに関わるものを立て替えられるので、法人カードはとても便利。
日々の経費精算の効率化を図るのであれば、法人カードの導入がおすすめです!

法人カードの導入を考えてみては?

当ページをお読みいただいたことで、法人カードで経費精算を行うメリットがどんなものかご理解いただけたかと思います。
経費精算の効率の悪さに頭を抱え、経理担当者の増員を考えているのであれば、1度法人カードを導入してからそれを検討しても良いかもしれません!

今回ご紹介したように、法人カードはとても大変な作業である経費精算を効率化してくれます。
既に法人カードを導入している方は、アナタより経費精算をカンタンに行っていると思うと少し悔しいですね。

もし、アナタが法人カードを導入を検討するのであれば、当サイトを1度ご覧になってみてください。
ポイントが貯まりやすい、年会費が安い、ステータス性が高いなど、様々な用途に合わせて法人カードを紹介しているので、アナタに最適な1枚が見つかるかもしれませんよ。

法人カードを探す