法人カードは個人事業主にとって必要?導入するメリットはあるの?

個人事業主に法人カードは必要なの?

最終更新日: 2021年1月2日

法人カードが個人事業主に必要な理由

事業用のクレジットカードとして知られる法人カード。
個人事業主にとって法人カードは必要なのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、法人カードは個人事業主に必要と言えます!
なぜなら、法人カードを導入することにより、たくさんのメリットを獲得できるからです。

例えば、経費管理の簡略化経費削減に貢献してくれます。
もちろん、受けられる恩恵は、これらだけではありません。
他にも、嬉しいメリットが法人カードにはあるのです!

そこで今回は、法人カードが個人事業主に必要な理由を解説します。
法人カードの導入を悩んでいる個人事業主の方は、ぜひ参考にしてください!

今まで以上に経費の管理が楽になる!

画像: 経費管理について

個人事業主の多くは、事業の必要経費があると思います。
きっと、この必要経費の精算作業に対して、煩わしさを感じている個人事業主の方も多いのではないでしょうか?

通常、必要経費を現金で支払う場合、それを証明できる書類などを保管しておき、後から会計処理を行います。
ただ、この場合だと、支払い毎に受け取る全てのレシートや領収書などを保管しておく必要があるため、管理が面倒になる可能性が非常に高いです。

もしかすると、必要経費の支払いを証明する書類と、私的な支払いで受け取った領収書などが混在してしまうかもしれません。
結果として、会計処理が煩雑になることは避けられないでしょう。

しかし、法人カードで必要経費を支払えば、こういった公私混同は一切起きません
1ヵ月に1度発行される利用明細書で一括管理できるので、必要経費の利用状況を確認するのが楽になるはずです。

また、法人カードを導入すると、従業員の必要経費も管理しやすくなります。

従業員を抱える個人事業主の中には、従業員の必要経費が管理しにくく、頭を悩ませている方も少なくないことでしょう。
しかし、法人カードで「追加カード」を発行して従業員に支給すれば、この問題は解決します!

追加カードとは、親となる法人カードに対し、子となるカードを作成できるサービスのこと。
この追加カードで決済すると、その決済は個人事業主が所持する法人カードのものとして扱われます。

要は、従業員が支払った必要経費も、ひとまとめに管理できるということ。
加えて、従業員による必要経費の立て替えや、それの返還といった作業も発生しないため、会計処理が驚くほど楽になることでしょう!

このように、法人カードを導入すると、個人事業主の作業効率化に大きく貢献してくれます。

個人事業主の経費削減に貢献!

画像: 個人事業主の経費削減

法人カードは、個人事業主の経費削減にも役立ってくれます。

現金などで必要経費を支払う場合、個人事業主の方に還元などはありません。
そのため、発生した経費分はそのままの金額を支払う必要があります。

ところが、多くの法人カードにはポイントサービスなどの還元が付帯しています。
ポイントサービスでは、法人カードの利用額に応じたポイントを獲得可能。
このポイントを経費分に充てることで、個人事業主の方の経費を削減できるという訳です!

他にも、法人カードには保険サービス空港ラウンジサービスが付帯。
こういった法人カードであれば、個人事業主の方がそのサービスに別途加入する必要はありません。
なので、個人事業主の方が加入するであろうサービスの費用も削減できます!

キャッシュフローを調整できる!

画像: キャッシュフローについて

個人事業主に法人カードが必要な1つの理由として、「キャッシュフローの安定を図れる」というものが挙げられます。

例えば、法人カードで全ての必要経費を支払うとします。
この場合、必要経費の支払いに充てる予定だった現金を置いておくことが可能です。
仮に、多額の現金が急遽必要になったとしても、対応できる可能性が上がることでしょう。

それだけでなく、法人カードでは、実質的に必要経費の支払いを遅らせられます。
これは、必要経費を法人カードで支払うと、現金が引き落とされるのは数ヵ月も後になるからです。

引き落としまでに猶予が生じれば、その分計画的に必要経費の支払い時期をコントロールできることでしょう。
そのため、キャッシュフローの調整が難しい個人事業主にとって、法人カードの導入は必要なのです。

ちなみに、法人カードによっては、キャッシング機能が備わるものも存在します。
もし、キャッシング機能が利用できれば、より簡単にキャッシュフローの安定を図れます。
よって、キャッシュフローに不安がある個人事業主の方は、キャッシング機能が付帯する法人カードを探してみてください!

個人向けクレジットカードとの違いはあるの?

画像: 個人向けクレジットカードとの違いについて

多くの個人事業主の方が法人カードの必要性についてわかったかと思います。
しかし、個人向けクレジットカードとの違いがわからない個人事業主の方もいるのではないでしょうか?

まず、法人カードには、個人事業主や法人代表者向けのサービスが多く備わっています。
例えば、経費管理ソフトの導入や福利厚生サービスの加入に対しての割引特典
個人事業主の方がこれらを利用すれば、ポイントサービスに加えた経費削減が狙えることでしょう。

また、利用限度額を高く設定できるところも大きな違いの1つ。
法人カードは、個人事業主や法人代表者が事業用に使用することもあり、個人向けクレジットカードよりも利用限度額を高く設定しやすいです。
なので、もし毎月の支払いが多く、高い利用限度額が必要という個人事業主の方は、法人カードの方が安心できるかと思います。

そして、引き落とし先を事業口座にできる点も魅力的です。
個人向けクレジットカードの場合、基本的には引き落とし先に屋号口座を指定できません。
しかし、法人カードの場合は屋号口座を指定できます!

これにより、個人事業主の方の口座管理が楽になることでしょう。
口座の履歴が公私混同してしまうのを避けたいと考える個人事業主の多くは、法人カードの導入によってその悩みを解消しています!

法人カードを必要だと感じた方はこちら!

画像: 法人カードが必要な方はこちら

以上、個人事業主の方に法人カードが必要な理由でした!

当ページを読んだことで、「法人カードが必要だと思う」と感じた方も多いと思います。
そんな方におすすめなのが、当サイトが作成した「法人カード個人事業主ランキング」です!

このランキングでは、個人事業主におすすめの法人カードを5枚紹介しています。
様々な所持目的を抱える個人事業主の方に合わせ、非常に優秀な法人カードを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

個人事業主ランキング

TOP > 法人カードは個人事業主にとって必要?導入するメリットはあるの?