法人カードを個人事業主が導入することで得られるメリットとは?

個人事業主が法人カードを導入するメリットについて

最終更新日: 2020年11月27日

画像: 個人事業主が法人カードを持つメリットについて

個人事業主に必要不可欠と言っても過言ではない法人カード。
ただ、法人カードを導入することでどんな恩恵が受けられるのか、具体的に知っている方は少ないことでしょう。

法人カードを導入することによって、個人事業主が獲得できるメリットは様々。
経費削減を図れたり経費処理を効率化できたりと、魅力的な恩恵をたくさん受けられます。

その反面、法人カードの導入にはデメリットもあります。
個人事業主が法人カードを手に入れるなら、もたらされる恩恵だけでなく、デメリットについても把握しておく方が良いでしょう。

そこで今回は、個人事業主が法人カードを導入することで得られるメリットについて解説。
計5つあるメリットを詳しく紹介するとともに、知っておくべきデメリットもお伝えします。

そして、最後には個人事業主におすすめの法人カードも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

個人事業主が獲得できるメリットは計5つ!

画像: 個人事業主が得られるメリットについて

個人事業主が法人カードを導入することで獲得できるメリットは、以下の合計5つです!

  • 公私混同を避けられる
  • 経費処理の効率化が見込める
  • 経費削減が狙える
  • キャッシュフローの安定が図れる
  • 付帯サービスが利用できる

では、これら5つのメリットがどういったものなのか、わかりやすく解説します。

公私混同を避けられる

画像: 公私混同を防げる

法人カードの導入を検討している個人事業主の中には、個人向けクレジットカードで経費を支払っている方も多いのではないでしょうか?

ただ、この場合、「私的な支払い」と「公的な支払い」が混同してしまいます。
結果として、利用明細書を確認しても、どれが経費の支払いか見分けにくくなるため、会計処理が煩雑になるという大きなデメリットがあります。

しかし、法人カードを導入すれば、こういった問題は起きません!

例えば、「プライベートの支払いは個人向けクレジットカード」・「経費の支払いは法人カード」と使い分けたとします。
こうすることにより、プライベート専用と経費専用の利用明細書を獲得可能です。
法人カードの利用明細書を確認すれば、一目で経費の利用状況を把握できるため、会計処理の手間や時間を削減できるといったメリットを得られます!

経費処理の効率化が見込める

画像: 経費処理の効率化について

個人事業主が法人カードを導入することにより、「経費処理の効率化」というメリットを獲得できます!

上述した通り、法人カードを個人事業主が導入すれば、公私混同を防げます。
経費の流れが簡単に確認できるようになるため、経費処理に掛かる負担が大幅に軽くなることでしょう。

また、従業員を抱える個人事業主であれば、法人カードの「追加カード」を活用することで経費処理の簡略化がさらに捗ります。

追加カードとは、子カードを作成できるサービスのこと。
親となる法人カードとほとんど同じ性能を持つ子カードを作成でき、それは従業員に支給可能です。

仮に、法人カードで追加カードを発行して、従業員に配ったとします。
当然ながら、追加カードを支給された従業員は、自身のポケットマネーから経費を支払う必要がなくなります。
従業員も法人カードで経費を支払えるようになるので、「経費の立て替え」・「経費の返還」といった事務作業が発生しません。

しかも、追加カードの使用状況は、個人事業主が所持する法人カードの利用明細書で楽にチェックできます。
従業員が使用した分の経費も把握しやすくなるため、経費処理が効率的に行えることは間違いないでしょう。

経費削減が狙える

画像: 経費削減について

できる限り経費を削減したいと考える個人事業主は多いと思います。

そういった個人事業主にとって、法人カードの導入は必須!
というのも、法人カードを導入すれば、効率的な経費削減が実現できるというメリットを得られるからです。

例えば、ほとんどの法人カードには、ポイントやマイルを付与する還元サービスが備わっています。
100円~1,000円法人カードを利用するごとにポイントやマイルは獲得でき、それぞれの価値は「1ポイント当たり1円~5円」・「1マイル当たり1円~10円」程度。
これらの価値は、ポイントやマイルの使い道によって変動します。

そんなポイントやマイルには、豊富な交換先が用意されています。

ポイントの場合、バラエティに富んだ備品に交換できたり、色々な支払いに充てられたりと、使い道は様々。
マイルの場合は、航空券への交換や座席のアップグレードなどに使えます。

このように、法人カードで集めたポイントやマイルを消費すれば、経費を使わずとも備品や航空券などを入手できます。
経費を節約しながら、個人事業主に必要なアイテムを手に入れられるため、軽削減を効率良く行えるといったメリットが獲得できるのです。

キャッシュフローの安定が図れる

画像: キャッシュフローについて

個人事業主にとって、キャッシュフローの安定は大きな課題です。

しかし、法人カードがあれば、多くの個人事業主が抱えるこの課題は解決!
これは、法人カードを上手く活用することにより、キャッシュフローの安定が図れるというメリットを獲得できるからです。

仮に、全ての経費を法人カードでまとめて支払えば、現金の使用を抑えられます。
本来、使う予定だったお金をセーブできるので、突然まとまった現金が必要になったとしても、対応できることでしょう。

さらに、法人カードで経費を支払った場合、実際にお金が引き落とされるのは数ヵ月先になります。
引き落としまで時間があるということは、より計画的に経費の支払いが行えるということ。
経費の利用状況に合わせて支払いを遅らせられるので、法人カードの導入により、キャッシュフローの安定といったメリットを得られるという訳です。

個人事業主の場合、キャッシュフローの調整が難しく、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。
法人カードを導入すれば、こういったキャッシュフローの問題もクリアできるため、大きなチャンスをものにできるかもしれません!

付帯サービスが利用できる

画像: 付帯サービスについて

法人カードには、個人事業主のビジネスをサポートしてくれるサービスがいくつか付帯。
ビジネスサポートサービスを利用できるというのも、個人事業主が法人カードを導入する大きなメリットです。

例えば、法人カードの中には、経理業務を効率化してくれるソフトを優待価格にしてくれるものも存在します。
優待の内容は法人カードによって異なるものの、高額な初期費用が無料になったり特定のプランを割り引いてくれたりと様々。
こういった法人カードを導入することにより、煩雑になりがちな個人事業主の経理業務を効率化できるだけでなく、経費の節約というメリットも獲得できます。

その他にも、ホテルやレストランで割引を受けられたり、空港ラウンジを無料で利用できたりと、法人カードに備わるサービスは多種多様です。
多岐にわたるビジネスシーンで個人事業主を助けてくれることは間違いないので、法人カードの付帯サービスは大きなメリットの1つと言えます。

デメリットを知っておくことも大切

画像: デメリットについて

個人事業主に多くのメリットをもたらしてくれる法人カード。
ただ、法人カードには、いくつかデメリットもあります。

そのデメリットが以下の通りです。

  • 年会費が掛かる
  • 不正利用の危険性がある

まず、個人事業主が法人カードを導入する上で知っておくべきデメリットは、「年会費が掛かる」というものです。

基本的に、ほとんどの法人カードには、年会費が設けられています。
掛かる年会費は、導入する法人カードによるものの、「0円~50,000円程度」。
「一般→ゴールド→プラチナ」とランクに比例して高額になります。

ただ、多くの法人カードは、年会費を10,000円以下に設定しています。
そのため、法人カードの年会費を月に換算すれば、1,000円にも満たないことがほとんどです。

また、法人カードに掛かる年会費は、経費として計上できます。
なので、法人カードのデメリットと言っても、あまり気にする必要はないでしょう。

そして、法人カードを個人事業主が導入するなら、「不正利用の危険性」といったデメリットについても把握しておかなければいけません。

きっと、個人事業主の中には、追加カードを従業員に配布することを想定している方も少なくないことでしょう。
しかし、もし法人カードの管理を徹底せず、従業員に追加カードを支給すると、不正利用のリスクが爆発的に上がってしまいます。
これは、プライベートでも法人カードが簡単に利用できるためです。

とはいえ、支給する従業員や利用用途を限定するなど、法人カードに関するルールをしっかりと作り上げれば、不正利用のリスクは下げられます。
よって、不正利用に関しても、個人事業主にとって大きなデメリットにはならないと思います。

コスパ最強!個人事業主におすすめの法人カード

画像: 個人事業主におすすめの法人カードについて

豊富なメリットを享受できるおすすめの法人カードを知りたい個人事業主もいるのではないでしょうか?

そこで、個人事業主におすすめの法人カードとして紹介するのが「オリコEXGold forBiz」。
この法人カードは、驚異的なポイント還元率を実現できるだけでなく、審査の通りやすさにも魅力がある1枚です。

オリコEXGold forBizを導入する大きなメリットと言えば、何と言っても驚くほど高いポイント還元率を誇っているところ!
この法人カードでは、最大1.1%ものポイント還元率を実現できます。

しかも、最大のポイント還元率を実現する方法は、とてもシンプルです。
年間で200万円この法人カードを利用するだけで良いので、クリアできる個人事業主もいることでしょう!

もちろん、オリコEXGold forBizのメリットは、高いポイント還元率を実現できるだけではありません。
非常に審査が甘いと推測できるところも、この法人カードが持つ大きなメリットの1つです。

なんと、オリコEXGold forBizの審査通過率は約60%
この数値は、申し込んだ半数以上の方が審査に通過できたことを表しています。

さらに、法人カードの平均的な審査通過率と比較してみると、その差は圧倒的です。
約15%も高い審査通過率を誇っているので、いかにオリコEXGold forBizが審査に通りやすいかわかることでしょう。

法人よりも、法人カードの審査に通りにくい可能性がある個人事業主。
その個人事業主にとって、審査が甘いかもしれない法人カードというのは、ありがたい限りではないでしょうか!

他にも、優れたレストラン予約サービスが備わっていたり、キャッシング機能が利用できたりと、数々のメリットを持つオリコEXGold forBiz。
ゴールドランクとしては破格の2,000円という年会費で導入できるので、メリットが多い法人カードを探している個人事業主の方は、ぜひ検討してみてください!

オリコEXGold forBizの詳細

こちらの法人カードランキングも要確認

個人事業主におすすめな法人カード

今回は、個人事業主が法人カードを導入することで得られるメリットについて紹介しました。
また、個人事業主におすすめの法人カードも紹介したので、ぜひ導入を検討してみてください!

とはいえ、個人事業主に多くのメリットをもたらしてくれる法人カードは、他にもあります。
もしかすると、他の法人カードをチェックすれば、より個人事業主のあなたに合った1枚が見つけられるかもしれません。

そこで、他の法人カードを確認しておきたいという個人事業主におすすめなのが、当サイトの「個人事業主ランキング」。
個人事業主に最適な法人カードだけで作成したランキングなので、きっとあなた好みの1枚に巡り合えることでしょう!

個人事業主ランキング

TOP > 法人カードを個人事業主が導入することで得られるメリットとは?