法人カードの刻印名とは?社名の表記はどうすればいいの?

法人カードの刻印名とは?表記方法は?

最終更新日: 2019年4月16日

法人カードを申し込む時に、刻印名をどうすべきか困ったことはありませんか?

恐らく、法人カードを契約していなくても、氏名の刻印名はわかる方が多いのではないかと思います。

ただ、社名の刻印名になると、法人カードにしかないこともあり、表記方法は少々ややこしくなります。
ましてや、アナタの社名を英語表記にするとなると、法人カードの入力画面または用紙で躓いてしまうのではないでしょうか?

そこで当ページでは、法人カードの刻印名とは何か。
また、その表記方法を徹底解説します。

法人カードに刻み込まれる刻印名は1度決めたら変更できないので、しっかりと理解しておきましょう!

一般的には氏名と社名が刻み込まれる

刻印名とは、券面表側にエンボス加工(凸凹のような加工)を施された氏名と社名のこと。
クレジットカードやキャッシュカードにも刻み込まれているので、知っている方も多いかもしれません。

例えば、田中はじめという名前であれば、「HAZIME TANAKA」のように。
田中株式会社であれば、「TANAKA co., Ltd.」といったような形で表記されます。

しかしこれは、法人カードの申し込み時に入力したものが反映されます。
そのため、何も気にせず「TANAKA KABUSHIKIGAISYA」などと入力すると、法人カードにそのまま刻印名として刻み込まれてしまうのです!

では、法人カードを申し込む際、どのようなことに留意すれば刻印名を失敗しないのでしょうか?

恥ずかしくない表記にするには?

刻印名を失敗しないためには、どういった表記にすべきか理解しておく必要があります。
それではまずは、「株式会社」の英語での表記方法をお教えいたします。

  • Co., Ltd.(CompanyLimitedの略)
  • Inc.(Incorporatedの略)
  • Corp.(Corporationの略)

社名の刻印名にはこのような表記方法がありますが、日本の株式会社の場合は「Co., Ltd.」を使うことがほとんどなので、法人カードではこれを採用すると良いでしょう!

また、「田中工業株式会社」のように、英訳できる言葉が入った企業もあると思います。
その場合は、刻印名を「KOGYO」にしても「INDUSTRY」にしても構いません。

このように、刻印名に関しては、特にこれといったルールを設けていない発行会社がほとんど。
そのため、社名が長いのであれば、イニシャルを刻印名にすることもできるようです。

つまり、発行会社の許容範囲内であれば、アナタなりの刻印名にすることも。
とはいえ、1度登録したら変更はできないので、法人カードを提示する時に恥ずかしくない刻印名にしてくださいね!

追加カードや個人事業主の刻印名は?

法人カードの子カードとして発行される追加カードや個人事業主の場合はどうなるのでしょうか?

追加カードの場合、刻み込まれる社名は変わりません。
ただし氏名には、追加カードの名義人の氏名が刻印名に刻み込まれます。

一方、個人事業主は会社を持たないため、基本的に刻印名は氏名のみ
ですが、法人カードによっては、「BUSINESS CARD」と刻み込まれるものもあります。
なかには、屋号にする法人カードもあるので、個人事業主の方は確認しておくと良いもかもしれません。

とはいえ、追加カードにしろ個人事業主にしろ、刻印名にそこまで大きな変化はないので、難しく考える必要はなさそうです。

あなたに最適な法人カードを探してみては?

アナタが法人カードの刻印名について気になっていたことは解消しましたか?
社名の刻印名が心配な方は、アナタが知っている企業の表記を調べてみると良いかもしれません。

刻印名について気になっていたということは、アナタは法人カードをまだ申し込んでいないのではないでしょうか?
もし、法人カードを探している最中でしたら、当サイトのTOPページに1度目を通してみてください。
様々な用途別に法人カードを紹介しているので、アナタにぴったりな1枚がきっと見つかるはずです。

TOPページはこちら