法人カードの利用限度額とはどんな仕組み?上限の上げ方は?

法人カードの「利用限度額」について徹底解説!

最終更新日: 2019年7月4日

法人カードを所持するうえで、必ず確認しなくてはならない「利用限度額」。
アナタは、その仕組みや上げ方についてご存知でしょうか?

利用限度額とは、法人カードを利用できる上限額のこと。
これを超える法人カードの利用はできず、何度試みても決済が行われることはありません。

そのため、利用限度額が適切でない法人カードを選べば利便性は低下。
いざという時に法人カードで決済ができず、資金調達ができないという事態も想定されます。

そこで今回は、法人カードの利用限度額について徹底解説!
仕組みから上げ方まで、しっかりと紹介します。
最後には、利用限度額が高いおすすめの法人カードも紹介するので、ぜひご覧ください!

間違えている人も多い「利用限度額の仕組み」

多くの利用者が勘違いしている利用限度額の仕組み。
それは、利用限度額は「ひと月に使える金額」ではないということ!

例えば、限度額100万円の法人カードを1月1日から利用し始めたとしましょう。
すると、1日~31日まで100万円使え、2月になったらリセットされる…というのがこの考えですが、実はこれは間違い。

本当の利用限度額は、支払いの終わっていない残りの金額を指します!

例えば、引き落とし日が“翌月末”という限度額100万円の法人カードがあったとします。
この法人カードで1月中に50万円の利用をしたとすると、引き落とし日は翌月末なので、あと1ヶ月は残りの50万円が限度額になるのです。

1月中に100万円使うものなら、引き落とし日までは法人カードが使えないので気を付けましょう。
引き落とし日にしっかりお金を返さないことには、利用限度額が回復しないことにも注意!

引き落とし日は法人カードによって様々なので、申し込み前に確認しておくことをおすすめします。
なかには2ヶ月以上先という法人カードもあり、資金繰り面では役に立ちますが、利用限度額の確保では慌てないようにする必要がありそうです。

追加カードは、親カードに依存します

限度額によるもう1つ注意点が、追加カードの利用分は親カードに依存するということ!

例えば、アナタの法人カードが限度額100万円とします。
これに追加で3枚発行した場合、この3枚も100万円の限度額内でやりくりしなくてはいけなのです。

そのため、追加の3枚で100万円使うと残り枠が0円なので、アナタの法人カードは使えなくなります。
法人カードを複数枚発行するなら、高額の利用限度額である1枚を持つ方が良いですね!

上限金額はどうやって決まるの?

例えば、利用限度額が最大300万円なら、必ずしも300万円となる訳ではありません。
あくまでこれは最大値なので、利用限度額が10万円や200万円になることもあります。

利用限度額は、審査で決まります。
最大限度額の中で、希望される金額とアナタの信用情報をもとに決められるそうです。

利用限度額は、後から上げることができます!

利用限度額を低く見積もられた場合、これは後で上げることができるので問題ありません。

「これぐらいなら貸し倒れの心配はないだろう」とされるラインで利用限度額を決めていると思われるので、アナタの返済能力が知れ渡れば上限開放もされることでしょう。

具体的に、利用限度額のギリギリまで使用し、しっかり返済することで大丈夫。
返済能力と利用限度額に満足していないことをアピールできるので、あとは上限開放の連絡さえすれば再度審査がおこなわれるでしょう。

どれくらいに設定するのが良いの?

法人カードを導入する際、どれほどの利用限度額に設定できるものを選べば良いのでしょうか?
当サイトでは、「1ヵ月分の予定利用額×2」ほどの利用限度額に設定することをおすすめしています。

法人カードの審査は、利用限度額が高くなるにつれて難しくなると言われています。
そのため、数年後を見据えていきなり高い設定額で申し込んでしまうと、発行まで辿り着けないということになりかねません。

そうならないためにも、まずは今の経営状況に応じた利用限度額で法人カードを申し込みましょう!
数年後に事業が大きくなり、現状の法人カードでは対応できなくなった場合に、再度高額な利用限度額に設定できるものを検討してみると良いと思います。

前述したように、利用限度額は後から上げることが可能。
したがって、まずは経営状況にあった利用限度額で法人カードを申し込み、事業拡大と共に引き上げることをおすすめします!

利用限度額が高いおすすめの法人カード!

 

最後に、利用限度額の高さから厳選したアナタにおすすめの法人カードを2枚紹介します。
利用限度額だけでなく性能も優れた法人カードなので、ぜひ参考にしてみてください!

オリコビジネスカードGold

利用限度額が高いおすすめの法人カードは、「オリコビジネスカードGold」です!

この法人カードは、利用限度額をなんと最高1,000万円まで設定可能。
そのため、多額の利用予定がある方でも余裕を持って支払いを行えるかと思います!

しかも、追加カードを最大20枚まで発行できるだけでなく、利用限度額をそれぞれに設定することもできます。
これを上手く活用すれば、役職ごとに異なる利用限度額を設定できるので、社員の使いすぎの抑制にもなるのです!

そんなオリコビジネスカードGoldの年会費は、たったの2,000円
ゴールドランクの法人カードと思えないほどの安さとなっています。

発行枚数が多く、利用限度額をそれぞれに設定できることから、特に大企業の代表者の方に人気な法人カードとなっています!

オリコビジネスカードGoldの詳細

アメックス・ビジネスゴールド

もう1枚おすすめしたい法人カードが「アメックス・ビジネスゴールド」。
アメックス・ビジネスゴールドは、大企業以外の方にもおすすめできる法人カードとなっています。

実はこの法人カード、利用限度額の上限が特にありません!
「一律制限なし」ということなので、申請者の返済能力によって決まります。

そのため、審査によっては1,000万円の利用限度額を実現することも難しくないのです。
これだけの利用限度額があれば、追加カードも安心して使えますね!

アメックスの法人カードは、利用限度額の上限開放を比較的カンタンに取り合ってくれるそうです。
そういった口コミが多数あることからも、利用限度額による使い勝手は非常に良いと思われます!

そんなアメックス・ビジネスゴールドには、様々なサービスが付帯。
マイル還元率が非常に高いうえ、トラベルサービスや保険サービスなどが充実しているので、飛行機の利用が多い方は持っておくべき1枚です!

アメックス・ビジネスゴールドの詳細

性能や年会費も比較することが大切

当ページでは、法人カードに利用限度額についての解説と共に、おすすめの2枚も紹介しました。
紹介した法人カードは、利用限度額が高いことはもちろん、性能も非常に優れているので、ぜひ検討してみてください!

とはいえ、利用限度額が高い法人カードほど、年会費が高いもの。
そのため、利用限度額だけでなく、性能年会費もしっかりと比較する必要があります。

当サイトでは、そんな法人カードごとの情報を多数掲載。
利用限度額から性能まで、多くの情報がわかり、さらに比較も行えます。
さらには、用途別のランキングなども作成しているので、そちらも併せて見てみてはいかがでしょうか?

法人カードを探す