法人カードで名義変更する方法を解説!手続きが必要なケースを紹介

法人カードの名義変更は簡単?手続きが必要なケースを紹介!

最終更新日: 2020年8月24日

画像: 法人カードの名義変更について

ビジネスの最適化に一役買ってくれる法人カード。
様々な理由により法人カードの名義変更を考えているものの、その方法について知らない方もいるのではないでしょうか?

法人カードで名義変更を行う方法は、非常に簡単です!
必要なステップも多くないため、方法さえ知ってしまえば数分で手続きが完了することでしょう。

しかし、法人カードの名義変更について詳しく知っておかないと、手続きがスムーズに進むことはありません。
スムーズに進まないどころか、手続きに伴い大きな失敗を犯してしまう可能性もあります。

そうならないために今回は、法人カードの名義変更について解説。
どういった方法で法人カードの名義を変えられるのか、また手続きに関する注意点なども紹介します。

加えて、法人カードの名義変更が必要なケースも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

名義変更が必要なケースとは?

画像: 名義変更が必要なケースについて

法人カードの名義変更が必要なケースは、主に以下の2通りです。

  • 法人代表者・個人事業主が変わるケース
  • 追加カードを持たせている従業員が変わるケース

まず、法人カードを所持している「法人・個人事業主」の方が変わる場合、必ず名義変更を行わなければいけません。
当然ですが、結婚や離婚などで氏名が変わる際も、法人カードの名義変更が必要です。

そして、意外と見落とされがちなのが、追加カードを持たせている従業員が変わるケース。
場合によっては、頻繁に追加カードを所持している従業員の方が変わることがあると思いますが、その都度必ず名義変更を行うようにしましょう

追加カードとは、親に当たる本カードの複製を作成できるサービスのことです。
追加カードを発行して従業員に持たせれば、経理業務の簡略化がさらに捗るため、多くの法人・個人事業主の方が導入しています。

では、なぜ法人カードを所持している従業員が変わった際に、名義変更を行わなければいけないのでしょうか?
この答えは、法人カードの名義人が、「法人代表者・個人事業主」ではなく「個人」だからです。

個人ということは、追加カードを所持する従業員の方が名義人であるということ。
そのため、追加カードを所持している従業員の方が変わった際も、名義変更を行わなければいけないという訳です。

基本的に法人カードの発行会社は、名義人以外の利用を禁じています。
そのため、法人カードを所持している方が変わる際は、必ず名義変更を行うようにしましょう。

手続きは非常に簡単!電話するだけでOK

画像: 手続きについて

法人カードの名義変更は、非常に簡単です!
以下のステップを踏むことによって、法人カードの名義変更は完了します。

  1. 法人カード裏面に記載されている電話番号に連絡
  2. 名義変更に関する書類が送付される
  3. 必要事項を記入した書類を発行会社に返送
  4. 名義変更が認可され次第新しい法人カードが送られてくる

上記の通り、法人カードの名義変更は、4つのステップを踏む必要があります。

まずは、法人カードの裏面に記載されている発行会社の電話番号に連絡しましょう。
この際、その法人カードを所持している名義人の方が、連絡しなければいけないので注意してください。

そして、法人カードの発行会社に名義変更の旨を伝えれば、それに関する書類が送付されます。
新しい名義人となる方の情報などを記入して、発行会社に返送しましょう。

法人カードの名義変更で行う手続き自体はここまで。
後は、新しい名義人が記載された法人カードが届くので、それを受け取れば全てのステップが完了します。

このように、法人カードの名義変更は、非常に簡単に済ませることができます。
もし何かわからないことがあったとしても、法人カードの発行会社に連絡する際に、オペレーターが教えてくれるので安心してください。

法人カードの発行会社によっては、WEB上で名義変更の手続きを受け付けているところもあります。
なので、まずは所持している法人カード発行会社のWEBサイトにアクセスして、WEB上で名義変更が行えないか確認するようにしましょう!

他に手続きしなければいけないことはある?

画像: 他に必要な手続きについて

ここまでで、法人カードの名義変更についてわかったことでしょう。
ただ、法人カードの名義変更に伴い、他にも必要な手続きがあるのか気になる方もいるのではないでしょうか?

例えば、法人カードで公共料金などの支払いをしている場合、注意が必要です。
というのも、名義変更後に送付される新しい法人カードによっては、支払い方法として登録しているカード情報を更新する必要があるからです。

もし、名義変更後に送られてきた法人カードと、以前まで使用していたものの「カード番号(※)」が違った場合、必ず登録している情報を変更しましょう。
(※ カード番号とは、法人カードの券面に記載されている16桁程度の番号のこと)
支払い方法として登録している情報が古いままだと、当然ながら支払いは正しく完了しません。

公共料金の支払いが滞れば、業務に支障をきたす可能性もあるので、しっかりと新・旧の法人カードでカード番号が違わないか確認するようにしてください。

ちなみに、名義変更によって新しい法人カードが届いた際、当然ですが以前まで利用していたものは使えなくなります。
使えなくなった法人カードを発行会社が回収することはないので、自身で処分するようにしましょう。

ただ、そのまま法人カードを捨ててしまうのは非常に危険!
利用できなくなったとしても、法人カードには様々な個人情報が詰まっているため、そのまま処分してしまうと悪用の被害に遭ってしまう可能性があります

そのため、古い法人カードを処分する際は、ハサミなどで粉々に裁断してから捨てることをおすすめします。

新しい法人カードを検討するのも1つの手!

画像: 新しい法人カードについて

今回は、法人カードの名義変更について解説しました。
法人カードを所持している方が変わった際は、紹介した情報を参考に名義変更を行ってみてください!

とはいえ、名義変更ではなく、新しく法人カードを導入するのも1つの手です。

別の法人カードを新しく導入すれば、当然ながら名義変更の手続きは不要!
法人カードは日々進化しているので、より高性能且つあなたのビジネスに合った1枚が見つかるかもしれません。

もし、新しい法人カードを探してみたいという方がいたら、ぜひ当サイトを活用してみてください。
様々な用途に合わせて優れた法人カードを紹介しているので、今所持しているものよりも満足いく1枚に出会えることでしょう!

法人カードを探す

TOP > 法人カードで名義変更する方法を解説!手続きが必要なケースを紹介