法人カードで名義変更する方法

法人カードの名義変更手続きについて

最終更新日: 2019年10月11日

法人カードで名義を変更する方法

法人カードの名義変更には、どのような手続きが必要なの?

会社で使われる法人カードには、利用者となる方の個人名義が記載されます
この個人名義は、その法人カードを利用する人の名前を記載しなくてはいけないため、もし利用者が変わる場合には名義変更の手続きをおこなう必要があります

法人カードにおいて名義変更をおこなうのは、代表取締役の変更、女性の結婚による改姓、人事異動などによる役員の変更などが主な理由。

こういった理由で法人カードの名義変更が必要になった場合、どのような手続きが必要なのでしょう
そこで今回は、法人カード名義変更する際に、慌てずしっかりと手続きできる方法を解説します!

名義変更するのは大変?

法人カードで名義を変更する方法

法人カードというのは会社で発行するクレジットカードですが、名義人となるのは利用者の個人名です。

原則、この名義人となっている方でないと法人カードを使うことはできない決まりとなっているので、何らかの理由で利用者が変わる場合には、名義変更の手続きをおこなう必要があります!

こういった名義変更は面倒な手続きが多く大変なのでは?…を考えている方も多いと思いますが、実はそんなことはありません。
法人カードの名義変更というのは、電話1本と書類1枚の送信だけでカンタンに終わるのです!

手続きには何が必要?

法人カードの名義変更の方法

名義変更の手続きには様々な方法がありますが、一般的にはサポートデスクに連絡をした後、変更に必要な書類を取り寄せて返送するという方法が主流。

法人カード発行会社によっては、書面やweb上のみで完結するものもあります。
また「個人用クレジットカード」と「法人カード」でサポートセンターが別になっているケースもあるので、まずはその確認をおこなうと良いでしょう。

名義人の変更に必要な情報とは

法人カードの名義変更

  • 法人カード専用デスクへ名義変更の旨での電話連絡(本人)
  • 法人カード専用ページから専用諸変更届を取り寄せる
  • 必要書類の記入と送付

名義変更の電話連絡をする際は、名義変更人(現在の名義人)本人が電話をかけなければなりません。
特に代表取締役の名義変更をする際は、変更前の代表取締役本人でなければ名義変更を取り合ってもらえない可能性があるので注意しましょう!

他に変更する必要のあるものは?

法人カードの名義変更

法人カードの名義人を改名するには、変更手続きが必要なことが分かったと思います。

そうなると、電気代・水道代・家賃といった公共料金を法人カードで支払っていた場合、そちらの名義変更手続きも必要になるのでしょうか

結論からいうと、公共料金の契約について名義変更手続きは不要です!
なぜなら、公共機関は個人ではなく会社と契約を結んでいるからです。

これを機に別の法人カードに乗り換えるのもおすすめ

法人カードの名義変更

名義変更を機会に、別の法人カードに乗り換えるというのも良いですね!
法人カードは契約を結ぶと継続的に使用することになるので、乗り換えるタイミングとしてもおすすめ。
名義変更手続きが面倒であれば、提出書類の少ない「セゾンプラチナ・ビジネスカード」という法人カードはいかがでしょうか?

セゾンプラチナ・ビジネスカードは、審査時の提出書類が必要ありません
郵送で法人カードが届く際、配達員に本人確認書類を提示するだけで良いので、とても簡単です。

しかも、プラチナランクにも関わらず、審査通過率が高い法人カード。
独自調査では約55%と判明したので、発行できるか不安な方も安心です。

そんなセゾンプラチナ・ビジネスカードは、ビジネスに役立つサービスが豊富に付帯。
最大1.125%のマイル還元率だけでなく、プライオリティパスの無料発行や、コンシェルジュサービスなど、盛りだくさんです!

これだけ優秀でありながら、年会費は20,000円、年間利用額200万円であれば10,000円で利用可能。
名義変更ではなく、その法人カードより高性能なセゾンプラチナ・ビジネスカードを検討してみてはいかがでしょうか?

セゾンプラチナ・ビジネスカードの詳細

自分に最適な法人カードをもう見つけられましたか?

当サイトでは、セゾンプラチナ・ビジネスカード以外にも法人カードをたくさん紹介しています!

用途に合わせた各カテゴリー毎のおすすめを紹介しているので参考にしてみてください。

用途別法人カードの紹介