注意点付き!法人カードのポイントをマイルへと移行する方法を解説!

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 法人カードで貯めたポイントをマイルへと移行する方法

    (最新更新日:2018年1月17日)

    法人カードのポイントをマイルへ移行する方法とは

     

    法人カードで貯めたポイントをマイルへ移行する際の方法と注意点について理解されていますか?

     

    実はマイルを直接貯められる法人カードはごくわずか
    しかも、そういった法人カードは非常に還元率が低くなっています。

     

    しかし、ポイントからマイルへと移行できる法人カードであれば、還元率がUP
    法人カードで貯めたポイントを移行することで、マイルを貯めやすくなるのです。

     

    とはいえ、移行方法を知らなければ法人カードで貯めたポイントのまま。
    さらに、注意点を知らなければ、法人カードによっては還元率が低くなってしまいます。

     

    法人カードの管理を社内で放置しておくと、マイルによって大きなトラブルに発展することもあります。

     

    そこで当ページでは、法人カードで貯めたポイントをマイルへと移行する際、注意すべきことを紹介!
    そのうえで、各法人カードごとのマイルへの移行方法を紹介していきます。

     

     

     

    先に知っておくべき注意点!

    移行時の注意点

     

    法人カードで貯めたポイントをマイルへ移行する前に、知らなくてはならない注意点があります。

     

    まず、ポイントをマイルへ移行する際、法人カードによっては手数料が掛かることがあります。
    これは、移行する度に掛かるものもあれば、サービスに加入して年会費として掛かるものもあり、法人カードごとに異なります。

     

    移行手数料を気に掛けずにいると、寧ろマイナス還元になってしまう法人カードも。
    そのため、ポイントをマイルへと移行するのであれば、手数料がどのタイミングで発生するのかしっかりと確認を行ってください。

     

    とはいえ、ほとんどの法人カードでは、移行する際に手数料が発生しないので、そういったものを選ぶようにしましょう!

     

    また、ポイントからマイルへと移行する際、設けられている上限額にも注意する必要があります。

     

    ほとんどの法人カードには、ポイントからマイルへの移行上限が存在。
    上限を超えるポイントやマイルの移行はできないので、今まで貯めてきたポイントを1度に大量移行ということは難しくなってきます。

     

    移行上限は、ポイントに対して設けられていることもあれば、マイルに対して設けられていることも。
    なので、法人カードを導入する際に、どのような移行上限が設けれているか把握しておくことをおすすめします!

     

    基本的には年間での移行上限としている法人カードが多いですが、なかには月間で設定しているものもあるので、ポイントからマイルへの移行時に焦ることのないようにしてくださいね。

     

     

     

    個人的に利用するために行うのはNG!

    個人利用について

     

    追加カードを渡されている社員の方であれば、ポイントは経営者の所持する法人カードに貯まります。
    しかし、追加カードでなく、法人カードそのものを渡されている社員の方は、そのポイントはあなたの所持する法人カードに貯まります。

     

    では、このポイントをマイルへと移行し、プライベート旅行に使用しても良いのでしょうか?
    当たり前のことですが、会社が支払った費用で貯まるポイントのため、勝手にマイルへと移行してしまうのは良くありません

     

    しかし、マイルの個人利用が発覚した際、横領罪に該当するように思えるかもしれませんが、実は100%該当するわけではありません
    なぜなら、ポイントやマイルは横領罪の適用範囲外だからです。

     

    では、会社側はどのようにマイルの個人利用に対処すれば良いかと言うと、会社規則の改善です。
    会社規則としてマイルの個人利用を禁止すれば、それを破った者は規則違反。
    つまり、マイルの個人利用を取り締まれるのです!

     

    こういった状態を放置してしまうと、社内から不平不満が出てしまうので、社内でのポイントやマイルの管理を徹底しておきましょう。

     

     

     

    ポイントプログラムによって移行時の還元率が変わる

    還元率について

     

    ポイントからマイルへと移行する際、法人カードのポイントプログラムによって還元率が変わります
    また他にも、手数料・上限・交換可能ポイント・方法も変わってきます。

     

    そこで、各法人カードのポイントプログラムごとに違いをまとめてみました!
    大多数の法人カードは、ANAマイルとJALマイルのみ対応しているので、この2つへの移行方法をまとめています。

     

    あなたに合うポイントプログラムを持つ法人カードはどれなのか、比較してみてください!

     

    プログラム名 マイレージ名 還元率 手数料 上限額 移行方法
    OkiDoki
    ポイント
    ANA 0.3% 無料 なし 公式サイト
    JAL 0.3% 無料 年間15,000ポイント 公式サイト
    ワールド
    プレゼント
    ANA 0.3% 無料 なし 公式サイト
    永久不滅
    ポイント
    ANA 0.4% 無料 なし 公式サイト
    JAL 0.3% 無料 なし 公式サイト
    オリコ
    ポイント
    ANA 0.3% 無料 なし 公式サイト
    JAL 0.25% 無料 年間150,000マイル迄 公式サイト
    楽天スーパー
    ポイント
    ANA 0.5% 無料 月間5,000ポイント迄 公式サイト
    メンバーシップ・
    リワード
    ANA 1.0%
    (※1)
    年会費3,000円
    (※1)
    年間80,000マイル迄 公式サイト
    ポケット
    ポイント
    JAL 0.3%
    (※2)
    年会費3,000円
    (※2)
    年間5,000ポイント迄 公式サイト

    ※1 メンバーシップ・リワード・プラス登録時
    ※2 マイルCLUB・セレクトコース加入時

     

     

     

    還元率の高い法人カードを知りたい方はこちら!

    マイル還元率の高い法人カードランキング

     

    以上、法人カードで貯めたポイントをマイルへと移行する方法と注意点でした!
    ポイントからマイルへと移行する際は、特に手数料上限額に気を付けてくださいね。

     

    移行する際の注意点と還元率などを抑えられれば、あとは法人カードを導入するのみ!
    その際、マイル還元率が高い法人カードであれば、効率良くマイルを貯めていけます。

     

    もし、マイル還元率が高い法人カードを知りたい方は、マイル還元率ランキングを見てみては?
    ここでは、マイル還元率が高いだけでなく、トラベルサービスも優れた法人カードをランキング形式にて紹介しています!

     

    マイル還元率ランキング