三井のリパークが発行する後払い法人カード!リパークビジネスカード

三井のリパーク後払い法人カード!リパークビジネスカード

最終更新日: 2019年7月5日

三井のリパーク利用者必見!
後払い型法人カード、リパークビジネスカードをご紹介します。

アナタは車を駐車する時、三井のリパークを利用していますか?
もし利用しているなら、「リパークビジネスカード」という法人カードの導入をおすすめします!

リパークビジネスカードは、三井のリパークでのキャッシュレス決済に対応した法人カード。
そのため、この法人カードがあれば、小銭やお札など現金の用意は必要ありません。

しかも、三井のリパークでの支払いがこの法人カード1枚に集約。
これにより、法人カードによる経費処理の簡略化も狙えるのです。

つまり、三井のリパークを利用する企業にとって、リパークビジネスカードの導入は事業の効率化に繋がることでしょう!

とはいえこの法人カード、利用するうえで知っておかなければいけないことも。
そこで今回は、リパークビジネスカードの性能、そして留意点をご紹介します。

三井のリパークとは?

三井のリパークとは、三井不動産リアルティが運営するコインパーキング。
北海道から沖縄まで15ヶ所以上に営業拠点を構え、コインパーキングの数は優に1万を超しています。

三井のリパークには、

  • 時間貸し駐車場
  • 時間貸し自転車駐輪場
  • 月極駐車場

の3種類の駐車場があることからわかるように、幅広い事業運営を徹底しています。

また、三井のリパークは人気の観光地にも展開しているため、世間の認知度は高くなってきています。
三井のリパークの評判を調査したところ、駐車料金が良心的であり、様々な場所にコインパーキングがあるため使いやすいとの声が多く、愛用している方もいるそうです。

駐車料金キャッシュレス!リパークビジネスカード

三井のリパークを利用する機会が多い方に、ぜひ導入していただきたいのが「リパークビジネスカード」という法人カード。
この法人カードの魅力は、三井のリパークで駐車料金を支払う際、キャッシュレスで行えることです!

リパークビジネスカードは、現金払いが一般的な三井のリパークで、なんとカード払いが可能。
そのため、三井のリパークで駐車料金を精算する時に、この法人カードを差込口にスッと入れるだけで決済が完了するので、スマートに出発することができます。

三井のリパークの出庫時に、1万円が無くて両替をしにコンビニへ…なんてことも、この法人カードを所持していれば起こり得ないでしょう!

また、リパークビジネスカードを利用すれば、今まで分散していた支払いが一緒に
しかも、利用者・利用時間・利用場所・利用額まで明確にわかるので、領収書などの証明書を残しておく必要もありません。

そんなリパークビジネスカードを使える三井のリパークは、2018年4月時点で約12,400ヶ所
さらに、三井のリパーク以外に、関東や関西にある「GSパーク」というコインパーキング約100ヶ所でも使えます。

1枚につき900円の年会費で、全国各地の三井のリパークを利用できるので、車を頻繁に用いる企業には是非とも導入したい法人カードですね!

Tポイントが貯められる!

リパークビジネスカードは、ポイントを貯めるという機能はあいにく持ち併せていません。
しかし、この法人カードと別にTカードがあれば、三井のリパークでの利用でTポイントを貯められます

とはいえ、各社員にTカードを別途用意するとなれば、管理が少々ややこしくなることも。
法人カードの枚数分のTカードにもなると、労力や時間を割かなくてはなりません。

そこでちょっとした提案ですが、会社側としては、各社員が個人で所有しているTカードの使用を許可しても良いのではないでしょうか?
そうすることで、ささやかな福利厚生にもなり、社員としても嬉しい気持ちになると思います!

ただしその逆、つまり会社側の許可なしに、勝手にTポイントを貯めることは絶対にNG
場合によっては罪に問われることもあるので、ポイントを貯めるor使う時は、必ず経営者の認可を得るようにしてくださいね!

Tカードを使用する際は、料金表示から法人カードを差込口へ入れるまでに挿入すること。
このタイミングを間違うと、Tカードが認識されずポイントが貯まらないので気を付けてください!

駐車料金や利用駐車場に注意!

※このようなマークが表示されていればカード払い可能。
一部の表示されていない三井のリパークではカード払い未対応。

リパークビジネスカードの利用にあたって、注意すべきことがあります。
それは、一定額以上に使用を制限する限度額。
なぜなら、リパークビジネスカードは、三井のリパークの1度の駐車につき3万円までの支払いにしか対応していないからです。

長時間三井のリパークを利用し、駐車料金が3万円を超えた場合、法人カードでの決済は不可。
そうなってしまったら、現金払いでその場を解決するしかありません。

月間限度額は、法人カード1枚ごとに20万円、企業全体としては40万円。
企業全体の限度額は、大きな企業であれば100万円になることもあります。
限度額の増枠を希望する方は、三井のリパークのコールセンターに問い合わせれば対応してくれます。

また、三井のリパークでしか使えない法人カードであるということも、注意すべきことの1つです。

リパークビジネスカードが支払いを行えるのは、三井のリパークの駐車料金のみ。
そのため、コンビニや家電量販店でこの法人カードを提示しても、商品を購入することはできません。

とはいえ、三井のリパーク以外の決済でも法人カードを使いたい方はいると思います。
そんな方は、ショッピング用にもう1枚法人カードを持っておくと良いでしょう。

ショッピング用の法人カードも検討する方はこちら!

今回ご紹介したリパークビジネスカード、アナタの目にどう映りましたか?

この他にも、

  • AMSカード(オート・マネージメント・サービス)
  • N0.1CLUB NBMカード(ニッポンレンタカー)
  • SSカード(住友三井オートサービス)

これらの法人カードは、三井のリパークでのカード払いに対応しています。

ですが、どれも本来の法人カードのような、店頭やネットショッピングでの支払いには未対応。
それを実現したい方は、もう1枚法人カードを所持することをおすすめします。

もし、もう1枚法人カードを検討する方は、当サイトで探してみては?
ポイントがザクザク貯まるものから、年会費が掛からないものまで、たくさんの法人カードを紹介していますよ。

法人カードを探してみる