法人カードの年会費は、無料と有料どちらがお得?徹底比較検証!

年会費有料vs無料!お得な法人カードはどっち!?

最終更新日: 2019年5月8日

法人カード

法人カードには『年会費』という利用者にとってネックなものが存在します。
一般的に法人カードの年会費は1,000円~50,000円となっており、経費を圧迫する要因の1つです。

そんな年会費にコストを掛けたくないと思う方にとって、年会費無料の法人カードは非常に魅力的!
無料なので、法人カードを導入しても年会費の支払いが発生するようなことはありません。

しかし、いくら年会費が無料だからといっても、スペックやサービスの質に問題があっては、法人カード導入のメリットがあまり得られません
できることなら、少しでも法人カードの年会費を支払って、上質なサービスを得たいところです。

とはいえ、年会費無料の法人カードと違ってコストが掛かるので、有料のものには手を出しにくいという方もいると思います。

そんなどちらの法人カードにすべきか迷っている方に向けて、当ページでは年会費無料と有料の法人カードはどちらがお得かを徹底比較しました!

それぞれの法人カードの特徴とおすすめの1枚を紹介していき、最後には性能やサービスで比較します。
最終的には、年会費無料と有料の法人カードはどちらがお得なのか結論をまとめているので、ぜひ最後までご覧ください!

無料の法人カードの特徴

無料年会費

年会費無料の法人カードの特徴は、やはりコストが掛からないこと。
この特徴について、「ただ単にコストが掛からない」ということがメリットだと思ってはいませんか?
それは違って、このコストが掛からないことによって、いくつかのメリットが得られます!

なかでも大きなメリットは、「念のために導入しておく」「2枚目として所持しておく」ということを、コストなしでできることです。

ビジネスを行ううえで、突然大きな出費が発生するということは考えられますよね?
その際、カードローンや法人カードに申し込んでも、すぐに申請が通るかはわからず、そのチャンスを逃してしまう可能性もあります。

ですが、年会費無料の法人カードを予め導入しておけば、その支払いを法人カードで行えます!
それにより、ビジネスチャンスをしっかりとモノにできる可能性が高くなるのです。

それだけでなく、1枚目に導入していた法人カードが利用限度額や国際ブランドによって使用できなくても、2枚目の法人カードなら使えるということもあるので、予備として導入しておくこともできます!

もちろん、有料の法人カードでもこれらの役割は担えますが、年会費というコストは当然掛かってきます。
一方、年会費無料の法人カードであれば、コストを掛けずに済むのです!

他にも、「年会費の経費精算を行わずに済む」「法人カードに備わっているサービスを無料で受けられる」など、様々なメリットがある年会費無料の法人カード。
条件によって年会費が無料になるものもありますが、今回は年会費が永年無料の法人カードを紹介します!

ライフカードビジネスライト

無料年会費

年会費無料の法人カードでおすすめなのが、「ライフカードビジネスライト」。

こちらは利用に掛かるお金が一切掛からない、正真正銘の年会費が永久無料の法人カードです。
もちろん、発行手数料や追加カードの年会費も無料なのでご安心を!

それからETCカードも無料で発行できるので、社用車を多用する企業にはおすすめです。

ライフカードビジネスライトの特徴は、最大200万円という利用限度額!
これだけの金額が確保できるうえ年会費が無料なので、サブカードとして持つには最適です。

また、国際ブランドをVISAとMastercardの2つから選択できるのも、ライフカードビジネスライトの魅力。
法人カードを導入済みの方であれば、既に導入しているものとは異なる国際ブランドを選択することで、1枚目が店舗で使用できなくても素早く解決できます!

年会費が永年無料にも関わらず、決して低くない性能を持つライフカードビジネスライト。
弁護士相談サービスや、施設の優待利用などのサービスも備わっているので、年会費無料ながらに受けられる恩恵は多いと思います!

有料の法人カードの特徴

無料年会費

有料の法人カードは、当然のことながら年会費を支払わなくてはいけません。
しかし、年会費を支払うだけあって、優秀なサービスを受けられるケースが多いです。
そのサービスについては、以下のようなものが挙がります。

  • 還元サービス
  • 保険サービス
  • 宿泊施設やレストランなどの優待利用
  • 空港ラウンジの無料利用
  • キャッシング機能
  • コンシェルジュサービス
  • 専用のサポートデスク

年会費やランクによって変わってはきますが、有料の法人カードの場合、このようなサービスが付帯。
なかには、年会費無料の法人カードでも受けられるものがありますが、基本的には有料の方がより良いサービスを受けられます。

上記で挙げた中で特に注目してほしいのが、還元サービスです!
有料の法人カードの中には、非常に強力な還元サービスを備えたものが存在します。
そういった法人カードであれば、支払っている年会費と同等、さらには年会費を上回る還元を受けられることもあります!

それほどの還元を受けられれば、年会費無料のものより有料の方がお得というケースも!
また、保険サービスを法人カードで済ますことで、保険料が安くなることもあるので、場合によっては無料より有料の方がお得になることもあるのです。

そんな有料の法人カードの中から、当サイトがおすすめする最強の1枚を紹介します!

オリコEXGold forBiz

無料年会費

当サイトで最も人気の法人カードが「オリコEXGold forBiz」。
こちらは、平均年会費が10,000円と言われるゴールド法人カードの中で、2,000円という格安年会費で利用できるお得な法人カードです!

2,000円というのは、一般ランクの法人カードの年会費とほぼ一緒。
一般ランクは1,000円~1,500円程度の年会費のものが多いので、少し多めの年会費を支払っても良いという方であればオリコEXGold forBizを選ばれる方がおすすめです。

肝心の性能ですが、この法人カードを選ぶメリットは「ポイント還元率」と「レストラン予約サービス」の2つ。

まず、先ほど紹介した年会費無料の法人カードには無かった「ポイント還元」のサービスですが、このオリコEXGold forBizという法人カードは、どの法人カードよりもポイント還元率が高い1枚!
その還元率は最大1.1%(※)にもなるため、経費削減をポイントでおこないたい会社におすすめです。
※法人カードの平均ポイント還元率は0.5%

そしてもう1つの魅力として、オリコEXGold forBizには「招待日和」というレストラン予約サービスが付帯しています。
招待日和とは、レストランを2名以上で予約した場合に1名無料になる年会費38,880円のVIPサービス。
これをオリコEXGold forBizがあれば、なんと年会費無料で利用できるのです!

最初にお伝えしましたが、オリコEXGold forBizの年会費はゴールド法人カードで最も安い2,000円。
2,000円の年会費で本来38,880円の招待日和が無料で利用できるのだから、これほどお得な法人カードがあるでしょうか…。

そんなオリコEXGold forBizですが、なんと今申し込まれた新規入会者の方には初年度の年会費を無料にする特典が!
さらに、4,000円分のポイントもプレゼントという特典も付くので、実質3年間分の年会費を無料にできます。

仮に、オリコEXGold forBizを使用してみて合わなければ解約も可能。
年会費は有料ではあるものの、無料の法人カードよりもお得で安心なので、検討されてみてはいかがですか?

オリコEXGold forBizの詳細

それぞれを徹底比較!本当にお得なのはどっち?

無料年会費

では、実際に年会費無料と有料の法人カードはどちらがお得なのか比較してみましょう!
この比較では、ライフカードビジネスライトとオリコEXGold forBizの他に、以下の2枚も比較対象としてみます。

  • JCB一般法人カード
  • アメックス・ビジネスゴールド

JCB一般法人カードは、ライフカードビジネスライトと同ランク。
ただし、年会費が1,250円掛かります。
一方、アメックス・ビジネスゴールドは、31,000円という少々高額な年会費が掛かります。

これらを加味し、年会費が無料か有料かによってどれほど性能に差が出るかを比較してみましょう!

法人カード名 券面画像 年会費 ポイント
還元率
利用限度額 国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
備考
ライフカード
ビジネスライト
永久無料 最高200万円 弁護士無料相談サービス
特定店舗の優待利用
オリコ
EXGold forBiz
2,000円 最大1.1% 最高300万円 最高1,000万円 最高2,000万円 「招待日和」を無料で利用可能
キャッシングなどの借入サービス
JCB
一般法人カード
1,250円 最大0.75% 最高100万円 最高3,000万円 最高3,000万円 追加カードの発行枚数上限なし
通販サイトでポイント最大20倍付与
アメックス・
ビジネスゴールド
31,000円 0.3% 一律制限なし 最高5,000万円 最高1億円 マイル還元率最大1.0%
20を超えるビジネスサポートサービス

無料と有料の比較から、ライフカードビジネスライトのメリットは、最高利用限度額200万円の法人カードを無料で持てるということ。
ただ他の法人カードと違い、ポイントや保険などのサービスが付帯してないので、シンプルな使い方が求められる法人カードです。

対して有料の法人カードですが、性能面で圧倒的に優秀なものが備わっています。
そのなかでもオリコEXGold forBizは、2,000円という年会費ながらに魅力的な性能であることがわかります。

同じゴールドランクのアメックス・ビジネスゴールドと比較しても、年会費の差は歴然!
オリコEXGold forBizの場合、年会費を月に直すと167円なので、高いポイント還元によって年会費分の還元を受けることも容易でしょう。

ただし、アメックス・ビジネスゴールドは、少々高額な年会費ではありますが、その分サービスが充実。
マイル還元によって年会費の負担を軽減できますし、サービスは他の法人カードと比較すると圧倒的に多い数を揃えています!

一方、JCB一般法人カードは、安い年会費で良質なサービスを付帯。
有料とはいうものの、1,250円と比較的安価であり、ポイント還元率が高いので、年会費の負担はそこまで大きくなさそうです!

こうしてそれぞれを比較してみると、年会費が高額な法人カードを申し込むのは躊躇しそうですが、1万円以下であれば無料よりも有料の法人カードを検討してみる価値はありそうですね!

【結論】基本的には年会費有料の方を選んだ方が良い!

無料年会費

先程の比較結果から、当サイトとしては有料の法人カードをおすすめします
というのも、支払う年会費よりも還元が高かったり、年会費を支払うだけの良質なサービスが受けられるからです。

有料の法人カードと言えど、2,000円ほどのものを選べば、月で発生する金額は150円少々。
それほどの出費で数々のビジネスサポートや、充実した保険サービスを受けられるのであれば、有料であっても年会費を支払う価値は大きいでしょう!

それに、ライフカードビジネスライトを例えに出せば、永久無料の代わりに還元サービスがないので、基本的にはプラマイゼロ。
しかし、有料でも還元サービスのある法人カードなら、支払っている年会費以上の還元を受けられる可能性があるので、負担が掛かるどころか経費削減に貢献してくれるのです!

また、高額な年会費の法人カードであれば、それにステータス性も伴ってきます。
経営者や個人事業主として、他者からの信頼を獲得するためにも、年会費を支払ってステータスを高めるということを考えても良いと思います。

年会費無料の方を選びたい方はこちらを見てみては?

無料年会費

年会費が無料と有料の法人カードの比較は以上になります。

「年会費は有料の法人カードの方が良い」と伝えましたが、これはあくまで当サイトの見解。
予備としてコストを掛けずに所持しておきたいなど、使用用途が異なれば別の話です。

そういった用途が固まっている方からすれば、年会費無料の法人カードを知りたいですよね?
そんな方には、当サイトが作成した年会費無料の法人カードランキングがおすすめ!

そこでは、ライフカードビジネスライトを含む、年会費無料の法人カードをランキング形式で紹介しています。
きっとあなたに合った年会費無料の法人カードが見つかると思うので、ぜひそちらもご覧ください!

年会費ランキング