コスパランキング!高性能かつ低年会費のプラチナ法人カードはどれ?

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • プラチナ法人カード、優れたコスパランキング!

    (最新更新日:2018年12月11日)

    プラチナ法人カードコスパ比較ランキング!

     

    プラチナ法人カードといえば、上質なサービスと性能を備えた最高クラスの1枚ですよね。
    それゆえ年会費が高く、手を出しにくいと悩む方も大勢いるそうです。

     

    そんなプラチナ法人カードですが、最高クラスゆえの特別なサービスを備えているので、それらを駆使することで年会費にかかるコストを実は抑えることができます!

     

    これにより、もしかするとゴールドよりコスパの良いプラチナ法人カードが誕生する可能性もあります。

     

    そこで今回は、特別なサービスを持つ優れたコスパのプラチナ法人カードを、ランキングで紹介します!
    コスパ最強のプラチナ法人カードをランキングから選び、ぜひお得な活用をしてみてください。

     

     

     

    最高クラスなのにお得?使いでのある3枚がこちら

    コスパ比較!法人カードランキング

     

    • 年会費:20,000円
    • 申請対象:法人 / 個人事業主
    • 利用限度額:審査による

     

    • 業界最高値!1.125%のマイル還元率
    • 実は通りやすい」と口コミ多数の審査基準

     

    プラチナ法人カードのコスパランキング第1位は、セゾンプラチナ・アメックス!

     

    セゾンプラチナは、プラチナランクで最も年会費が安い法人カード。
    金額は20,000円と格安で、更に年間利用額が200万円を超すと半額の10,000円で利用できます!

     

    また、追加でこの法人カードを発行した場合、それらは1枚3,000円から利用可能。
    最大5枚作れるので、使い方によって22,000円で5枚所持できるコスパ最強のプラチナ法人カードです。

     

    そんな年会費による負担が少ないセゾンプラチナですが、性能は法人カードトップクラス!

     

    なかでもマイルの貯まりやすさに定評あり、最大1.125%の還元率は法人カードNo.1。
    貯めたマイルは飛行機チケットやギフト券と交換可能で、お得なサービスをたくさん利用できます!

     

    また、実は審査が通りやすいと思われる法人カードなので、申し込みを検討するのも良いかもしれません。

     

     

     

    コスパ比較!法人カードランキング

     

    • 年会費:50,000円
    • 申請対象:法人 / 個人事業主
    • 利用限度額:最高500万円

     

    • 年間最大60,000円分のギフト券が貰えるキャンペーン付帯
    • 1人分の食事代が完全無料になる「招待日和」付き!

     

    コスパランキング2位は、三井住友プラチナforOwners。

     

    どの性能も高スペックゆえ、年会費が50,000円という少々高額のプラチナ法人カード。
    そのような法人カードがなぜコスパが良いかというと、利用額に応じたギフト券が貰えるからです!

     

    三井住友プラチナforOwnersには、半年に1度、最高30,000円分のギフト券が貰える特典があります。
    そのため、これを貰い続けることによって、実質無料で所持できるようなものなのです!

     

    そんな三井住友プラチナforOwnersは、コンシェルジュを始め、レストランや施設の優待サービスといった50,000円の年会費を払う価値のある素晴らしいサービスがいくつも付帯。
    また、審査では登記簿謄本と決算書の提出が不要なので、通りやすいという口コミが多数!

     

    コスパ的に利用価値の高いこの法人カード、興味のある方はぜひ公式サイトをご覧ください。

     

    クイック申し込み

     

     

     

    コスパ比較!法人カードランキング

     

    • 年会費:30,000円
    • 申請対象:法人 / 個人事業主
    • 利用限度額:150万円以上

     

    • 還元率UPの施策が多いポイントプログラム
    • 2名予約で1名無料のレストラン優待サービス

     

    コスパランキング3位のJCBプラチナ法人カードでは、注目すべきはポイント還元率。
    一見0.5%と魅力を感じにくい還元率ですが、サービスを駆使すればこれを驚くべき数字に変えられます!

     

    手始めに「MyJチェック」という、利用明細をWeb上で確認可能にするサービスに登録しましょう。
    すると、たったこれだけでJCB海外加盟店でのアナタが貰えるポイントは2倍になります!
    これはネット通販でも同じように貰えるので、1%の還元率がカンタンに実現できます。

     

    また、年間利用額によって翌年の還元率が最大0.35%加算されるJCBプラチナ法人カード。
    つまり、足すと1.35%になるので、ランキング1位のセゾンプラチナのマイル還元率より上になるのです!

     

    こうして貯めたポイントで浮いたお金を年会費に回すことで、経費削減が可能。
    他にも、専用モールや優待店での買い物で還元率アップするので、利用価値の高いプログラムをぜひお試しください!

     

    クイック申し込み

     

     

     

    他のランクとの比較もおすすめです!

    コスパ比較!法人カードランキング

     

    プラチナ法人カードのコスパ比較ランキングはいかがでしたか?

     

    最高クラスなので「性能も年会費も高い」というのがプラチナ法人カードでしたが、還元サービスやキャッシュバックを利用することで年会費削減に繋がり、コスパ最強の法人カードを作ることができるのです!

     

    なかなか手を出しにくいイメージのあるプラチナ法人カードでしたが、コスパが良いことは分かりましたし、ランキングに掲載しているものはどれもインビテーションがないので、申し込み自体はどれも行えます。

     

    ぜひ1度、コスパの良いプラチナ法人カードをお試しください!
    他の法人カードのコスパが気になる方は、こちらのランキングもおすすめです。

     

    コスパ比較ランキング