プラチナ法人カードの年会費を比較したコストの低い順ランキング!

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • プラチナ法人カードの年会費順ランキング

    (最新更新日:2018年12月11日)

    年会費の安いプラチナ法人カードランキング!

     

    プラチナ法人カードと聞くと、高額な年会費を想像して敬遠してしまいませんか?

     

    最高級の性能やサービスを付帯し、コンシェルジュといった専用特典も備わったプラチナ法人カード。
    それゆえ年会費は高く、手を出しにくいという方もいることでしょう。

     

    確かにプラチナ法人カードは、イメージ通り年会費が高いもので溢れています。
    しかし多いというだけで、手頃な年会費で最高クラスの性能を備えたプラチナ法人カードもあります!

     

    そこで今回は、プラチナ法人カードの中から年会費が安い順番に並べたランキングを紹介します。
    安いだけでなく性能面も比較して厳選したプラチナ法人カードをぜひご覧ください。

     

     

     

    最高クラスなのに金額の安い3枚の一覧

    法人カードランキング

     

    • 年会費:20,000円
    • 申請対象:法人 / 個人事業主
    • 利用限度額:審査による

     

    • 年間200万円の利用で、年会費が半額の10,000円に!
    • コンシェルジュプライオリティパスの発行が全て無料!

     

    年会費の安いプラチナ法人カード、ランキング1位は「セゾンプラチナ」。

     

    この法人カードは20,000円という非常にリーズナブルな年会費で利用可能!
    一見高いと思うかも知れませんが、月換算でみると1667円なので実はあまりコストがかからないのです。

     

    更に、この法人カードによる利用額が年間200万円を超えると、年会費は半額の10,000円になります!
    また、追加カードは3,000円から持てるので、最も安いプラチナ法人カードといって過言でないでしょう。

     

    そんな格安年会費のセゾンプラチナですが、性能は法人カードの中でも群を抜いて素晴らしい1枚!
    特にマイル還元率には定評があり、業界最高水準の1.125%という還元率で貯めることができるので、マイルを利用したお得なサービスをどの法人カードよりもカンタンに受けられます。

     

    セゾンプラチナは審査も甘いといわれておりますし、今なら合計9,000円分ものギフト券が貰える入会キャンペーンもあるので、大変おすすめの法人カードです。

     

     

     

    法人カードランキング

     

    • 年会費:20,000
    • 申請対象:法人 / 個人事業主
    • 利用限度額:最高500万円

     

    • 利用限度額は、最低100万円から補償
    • 1.35%というポイント最高還元率を実現!

     

    プラチナ法人カード年会費ランキング2位は、MUFGプラチナアメックスカード。
    こちらもランキング1位の法人カードと同じ年会費の、格安利用が可能な1枚!

     

    この法人カードは年間利用額により上昇するポイント還元率が魅力で、最大0.85%まで上がります。
    また海外での決済は、本来1,000円=1ポイント貯まるところ2ポイントになるお得な特典も魅力。

     

    そんな嬉しいサービスの多い法人カードですが、実際は利用に少々面倒なところもあります。
    例えばポイントですが、還元率の上昇は嬉しいものの、0.85%の実現には最低でも3年かかります。

     

    また、MUFGプラチナアメックスカードはインビテーションこそないものの、「業歴3年・2期連続黒字」という申請資格の条件があるので、カンタンに申し込める法人カードではありません。

     

    それなら、同年会費で性能もよく、かつ審査が通りやすいとされるセゾンプラチナをおすすめします!

     

     

     

    法人カードランキング

     

    • 年会費:30,000円
    • 申請対象:法人 / 個人事業主
    • 利用限度額:150万円以上

     

    • 1名分のコース料理が無料になる「グルメベネフィット」付帯
    • インビテーション不要!すぐに申し込める最高クラスの1枚

     

    ランキング3位は、30,000円からの利用が可能な「JCBプラチナ法人カード」。
    30,000円の年会費も2枚目の発行からは6,000円になるので、複数枚の発行をされる企業におすすめ。

     

    また、他の2枚より年会費は高いですが、国内でステータス性の高いブランドとして認知されているJCB、それもプラチナと考えれば、30,000円はお得といっても良いでしょう。

     

    そんなJCBプラチナ法人カードは、付帯されているサービスがどれも素晴らしい1枚!
    JCB系の法人カードは保険の質が良いことで有名ですが、最高ランクともなると国内外での怪我や病気で最高1,000万円、死亡事故で1億円と、高額の補償が約束されます。

     

    また家族特約も付いているため、保険の適応はアナタの家族にもおこなわれます。
    個人事業主の方など家族で旅行に行かれる際に、この法人カードを持っていれば安心ですね!

     

    そしてもう1つの嬉しいサービスが、ポイントの貯まりやすい法人カードということ。
    JCBプラチナ法人カードでは、MyJチェックというサービスに登録するだけで、海外加盟店での還元率が2倍になります!

     

    加盟店はオンラインショップも含むので、Amazonといったサイトの買い物も2倍になるので、会社の備品を購入される際などぜひ利用してみてください!

     

    クイック申し込み

     

     

     

    より安さをお求めの方は、こちらをどうぞ!

    法人カードランキング

     

    プラチナ法人カードの年会費情報ランキングはいかがでしたか?

     

    最高ランクというと少々身構えてしまいますが、蓋を開けてみると手頃な年会費で利用できるプラチナ法人カードも実はあるのです!
    それを当ランキングを見たことで、わかったのではないでしょうか?

     

    もし、他にも年会費の安い法人カードが見たいという方がいましたら、0円から利用できるものも紹介しているこちらのランキングを参考にしてみてください!

     

    年会費比較ランキング