法人カードのポイントについて貯め方から会計処理まで徹底解説!

法人カードのポイントについて解説!経費削減のカギを握るサービス

最終更新日: 2020年8月24日

画像: 法人カードのポイントについて

導入することでビジネスの効率化が図れる法人カード。
特に、経費削減を目当てに法人カードを導入しようと考えている方は多いと思います。

ただ、経費削減を図るうえで必ず知っておくべき法人カードのポイントについて、わからない方も多いのではないでしょうか?

ほとんどの法人カードには、ポイントを貯められるサービスが付帯。
このサービスを賢く活用することによって、法人カードによる経費削減を効率的に狙うことができます

しかし、当然ながら法人カードで貯められるポイントについて詳しく知らなければ、そのメリットの恩恵を最大限受けることができません。
もしかすると、法人カードで効率的にポイントを貯められないだけでなく、損をしてしまう可能性もあります。

そうならないために今回は、法人カードのポイントにまつわるあらゆる情報を解説!
ポイントの基礎知識を始め、効率良く貯める方法や賢い使い方などを紹介します。

また、法人カードでたくさんのポイントを貯めていきたいという方におすすめの1枚も紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

ポイントとは?発行会社が提供するサービス!

画像: ポイントとは?

法人カードのポイントは、各発行会社が提供するサービスによって獲得することができます。
それが、「ポイントプログラム」というサービスです。

ポイントプログラムとは、法人カードの利用額に応じてポイントを付与する還元サービスのこと。
その利用額は法人カードの発行会社毎に異なり、100円~1,000円の利用額に対してポイントを付与するサービスがほとんどです。

有名な発行会社が提供するポイントプログラムは、以下にまとめています。

発行会社 ポイントプログラム名 ポイント付与
の利用額
1ポイント当たり
の価値
三井住友 Vポイント 200円 = 1ポイント 最大1円
ワールドプレゼント 1,000円 = 1ポイント 最大5円
オリコ オリコポイント 100円 = 1ポイント 最大1円
暮らスマイル 1,000円 = 1ポイント 最大5円
JCB OkiDokiポイント 1,000円 = 1ポイント 最大5円
クレディセゾン 永久不滅ポイント 1,000円 = 1ポイント 最大5円
ポケットカード ポケットポイント 1,000円 = 1ポイント 最大5円
MUFG グローバルポイント 1,000円 = 1ポイント 最大5円
アメックス メンバーシップ・リワード 100円 = 1ポイント 最大1円
楽天 楽天スーパーポイント 100円 = 1ポイント 最大1円

上記の通り、各法人カードの発行会社によって、ポイントを付与する利用額というのは様々。
一見、100円や200円から1ポイントが貯まる法人カードの方が効率的に経費削減を狙えそうに思えますが、決してそういう訳ではありません。

これは、各ポイントプログラムによって、1ポイントあたりの価値が異なるためです。

例えば、三井住友の「Vポイント」だと、200円毎に1ポイントを獲得できますが、1ポイントの価値は最大1円程度しかありません。
一方でOkiDokiポイントの場合、1ポイントを獲得するためには1,000円の利用額が必要なものの、1ポイントの価値は最大5円です。
ポイントの価値によって経費削減の狙いやすさは違うため、必ずしもポイントを獲得するための利用額が少ないから良いという訳ではないのです。

ちなみに、1ポイントあたりの価値というのは、ポイントの交換先によって変動。
交換先によっては、上記表で紹介しているポイントの価値を実現できないかもしれないので注意してください。

法人カードでポイントを貯めるメリットは?

画像: ポイントを貯めるメリットについて

法人カードでポイントを貯めるメリットと言えば、何といっても経費削減が図れることです。

法人カードを利用することで利用額に応じたポイントを獲得可能。
そのポイントを様々な商品に交換することによって、本来使用するはずだった経費を節約することができます

しかも、法人カードはプライベートではなく、ビジネスの場で利用します。
ビジネスの場で利用するということは、プライベートよりも利用額は高くなるはず。
その分ポイントをたくさん貯めることができるため、効率的に経費削減を図れるという訳です。

では、法人カードを1年間利用した場合、一体どれほどのポイントを貯められるのでしょうか?

例えば、ポイント還元率が1.0%の法人カードを年間100万円利用したとします。
この場合、年間でなんと10,000ものポイントを獲得可能!
現金で経費を支払うよりも単純に10,000円お得になるため、法人カードでポイントを貯めるメリットは大きいという訳です。

還元率について解説!計算方法は非常に簡単

画像: 還元率について

ポイントが貯まりやすい法人カードを手に入れるためには、「ポイント還元率」を確認することが必須です。

ポイント還元率とは、利用額に対して獲得できるポイントの価値を表した数値のこと。
その数値はパーセンテージで表され、法人カードによって異なるものの、0.5%程度が平均値となっています。

それでは、法人カードのポイント還元率は、どのようにして求められるのでしょうか?

まず、法人カードのポイント還元率を求めるためには、1ポイント当たりの価値を導き出さなければいけません。
1ポイント当たりの価値は、以下の計算式によって求めることが可能です。

交換対象物の価値÷必要ポイント数 = 1ポイント当たりの価値

例えば、商品券1,000円分の交換に必要なポイント数が1,000ポイントだったとします。
この場合、上記の計算式に当てはめて1ポイント当たりの価値を求めてみると、結果は以下のようになります。

1,000円÷1,000ポイント = 1円

1ポイント当たりの価値を求める方法さえわかれば、あとは簡単に法人カードのポイント還元率を求めることが可能。
法人カードのポイント還元率を求める際に使う公式は、以下の通りです。

1ポイント当たりの価値÷1ポイントが付与される利用額×100

今回は、以下の条件のもと、法人カードのポイント還元率を求めてみます。

  • 1ポイント当たりの価値 = 1円
  • 1ポイントが付与される利用額 = 100円

そして、上記条件をポイント還元率の公式に当てはめた結果が以下になります。

1円÷100円×100 = 1.0%

このように、法人カードのポイント還元率は、非常に簡単に求めることが可能。
ポイントを効率的に貯めるために、法人カードのポイント還元率を確認することは必須なので、ぜひ参考にしてみてください!

効率良く貯めるために抑えておくべき3つの方法

画像: 効率良く貯めるために抑えておくべき方法について

ここからは、法人カードでポイントを効率良く貯める際に、抑えておくべき3つの方法について紹介します。
その3つの方法が以下の通りです。

  • 還元率アップのサービスを活用する
  • モールサイトを活用する
  • 入会キャンペーンを活用する

それでは、上記3つの方法について詳しく解説します。

還元率アップのサービスを活用する

画像: 還元率アップのサービスについて

まず、法人カードで効率良くポイントを貯めるためには、ポイント還元率アップのサービスを理解しておく必要があります。

法人カードの中には、特定の条件をクリアすることによって、ポイント還元率が上昇するものも存在。
その条件は法人カードによって異なるため、自身が達成できそうな条件が設定されているか、確認することをおすすめします。

例えば、法人カードによっては、年間の利用額に応じてポイント還元率が変動するものもあります。
年間200万円を利用すればポイント還元率が2倍になるものから、年間100万円で1.5倍になるものまで様々。

必要な年間利用額を始め、達成時のポイント還元率は法人カードによって違うため、しっかりと確認しておくようにしましょう。

また、利用額に応じて還元率が変動する以外に、特定の店舗で利用することによってボーナスポイントが貰える法人カードもあります
もし、自身がよく利用するお店がポイントアップの対象になっている場合、より効率的にポイントを貯めることが可能!

ポイントの貯めやすさが劇的に変わるため、対象店舗の確認は怠らないようにしてください。

モールサイトを活用する

画像: モールサイトについて

モールサイトを活用するというのも、法人カードで効率的にポイントを貯めるために必要です。

モールサイトとは、法人カードの発行会社が運営するショッピングサイトのこと。
サイトによっては、有名通販サイトとして知られる「Amazon」・「楽天市場」・「Yahoo!ショッピング」などが掲載されています。

例えば、Amazonで備品などを購入するとします。
この際、法人カードのモールサイトを経由してAmazonで買い物をすれば、通常より多くのポイントを獲得可能

非常に簡単な方法で獲得ポイント数を増やせるため、効率的にポイントを貯めるためにはモールサイトの活用が必須になります。

ただ、1つ注意しなければいけないのが、法人カードによって掲載されている通販サイトが異なることに加え、獲得できるポイント数が違う点です。
もしかすると、自身がよく利用する通販サイトがモールサイトに掲載されておらず、効率的にポイントを貯められないかもしれません。

そのため、法人カードを導入する際は、モールサイトに掲載されている通販サイトを始め、どれほど獲得ポイント数が増えるのか確認しておくことをおすすめします。

入会時のキャンペーンを活用する

画像: 入会時のキャンペーンについて

法人カードの中には、入会キャンペーンによって、大量のポイントを獲得できるものも存在。
その入会キャンペーンを活用するというのも、法人カードで効率良くポイントを貯めるために大切です。

もちろん、入会キャンペーンなので、継続的にポイントを獲得できる訳ではありません。
入会時にたくさんのポイントが付与されるだけですが、その分だけでもある程度の経費削減は図れることでしょう。

ちなみに、法人カードによっては、いくつか設けられている条件をクリアすることで入会キャンペーンのポイント付与数が変動するものもあります。
その条件は、「キャッシングの利用」・「期間内のカード利用」・「アプリ登録」など様々。

「最大〇〇円のポイントプレゼント」といったキャンペーンの場合、ただ入会するだけでは表記通りのポイント数が手に入らない可能性が高いので覚えておきましょう。

損しないための賢い使い方とは?

画像: 賢い使い方について

ここまでで、法人カードのポイントを効率良く貯める方法を紹介しましたが、結局のところ使い方がわからなければ意味がありません。
もし、ポイントの賢い使い方を知らなければ、どれだけ効率良く貯めても無駄になってしまう可能性があります。

では、法人カードで貯めたポイントは、どのように使うのが最もお得なのでしょうか?

結論を言うと、法人カードのポイントは、「商品券やギフトカード」に交換するのがおすすめ。
というのも、商品券やギフトカードに交換すれば、1ポイント当たりの価値を最大にまで高めることができるからです。

例えば、法人カードで獲得したポイントを備品などの商品に交換するとします。
この場合、交換する備品によっては、1ポイント当たりの価値が1円を下回るかもしれません。

1円を下回ってしまうということは、それだけ交換に必要なポイント数が増えるということ。
交換に必要なポイント数が増えてしまえば、効率的な経費削減は図れないことでしょう。

一方で商品券やギフトカードに交換する場合、「1ポイント当たりの価値 = 1円」で交換することができます。
1ポイント当たりの価値を下げることなく使うことができるため、最もお得なポイントの使い道という訳です。

ちなみに、ポイントの使い方は全く難しくありません。
法人カードの発行会社が運営する公式サイトにアクセス後、ポイントの交換ページにて欲しい商品を申請するだけ。

後はその商品の交換に必要なポイント数が法人カードから自動で差し引かれるだけなので、たった数分で交換手続きが完了すると思います。

ポイントの貯めやすさで法人カードを比較する方法は?

画像: ポイントの貯めやすさで法人カードを比較する方法

ポイントが貯めやすい法人カードを比較する際、ポイント還元率を確認することは大切です。

しかし、ポイント還元率を比較するだけでは、あなたに最適な法人カードを手に入れられないかもしれません。
そのため、ポイントを効率的に貯められる法人カードを導入したいなら、以下の項目はしっかりと比較するようにしましょう。

  • ポイント還元率
  • 有効期限
  • モールサイト
  • 交換先
  • 年会費

それでは、上記4つの比較すべき項目について、1つずづ詳しく解説します。

ポイント還元率

画像: ポイント還元率について

まず、ポイントが貯めやすい法人カードを手に入れるためには、必ずポイント還元率を比較するようにしてください。

ポイント還元率を比較することによって、よりポイントが貯まりやすい法人カードを見つけ出すことができます。
ポイント還元率が高い = ポイントが効率良く貯まる」ということなので、しっかりと比較するようにしましょう。

もし、法人カードのポイント還元率を比較するなら、1.0%という値を基準に設けるのがおすすめ。
これは、法人カードの平均ポイント還元率が約0.5%となっていて、その2倍の数値を誇っていればポイントが貯めやすいと言われているためです。

なので、1.0%という値を基準に、ポイントが貯まりやすい法人カードか比較することをおすすめします。

有効期限

画像: ポイント還元率について

法人カードのポイントには、有効期限があります。
この有効期限を比較することも、自身にとってポイントが貯まりやすい法人カードを手に入れるために必須です。

法人カードの中には、ポイントの有効期限が1年しか持たないものも存在。
こういった法人カードを選んでしまうと、交換に必要なポイント数が貯まる前に、失効してしまうかもしれません。

そうなってしまっては、いくらポイントが貯まりやすい法人カードでも意味がありません。
なので、法人カードのポイントに設定されている有効期限は、必ず比較するようにしましょう。

ちなみに、法人カードによっては、ポイントの有効期限が設定されていないものもあります。
ポイントの有効期限が設定されていないということは、失効の心配をする必要がないということ。

自身のペースでポイントを貯めていけるため、特に法人カードの利用額があまり大きくならないと想定している方におすすめです。

有効期限が短い法人カードの場合、ポイント還元率が高い傾向にあります。
そのため、法人カードの利用額が高額になる可能性が高い方は、ポイントの有効期限が短いものを導入するというのも1つの手です。

モールサイト

画像: モールサイトについて

ポイントを効率良く貯められる法人カードを手に入れるためには、モールサイトの比較も必要。
というのも、法人カードの発行会社によって、モールサイトに掲載している通販サイトが異なるためです。

例えば、モールサイトに「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」は掲載しているものの、「Amazon」が掲載されていない法人カードもあります。
もし、あなたが通販サイトの中でAmazonを最もよく利用する場合、こういった法人カードでは効率的にポイントが貯められないことでしょう。

なので、法人カードで賢くポイントを貯めるために、モールサイトにどういった通販サイトが掲載されているか比較するようにしてください。

交換先

画像: 交換先について

いくら効率良くポイントを貯められる法人カードでも、交換先に欲しいものがない場合、貯めた努力は水の泡になってしまいます。
そのため、法人カードを導入する際は、どういった商品に交換ができるのか確認するようにしましょう

もちろん、導入を検討している法人カード全てのカタログ商品などを確認する必要はありません。
どういった商品をポイントの交換によって入手したいか洗い出してから、その商品を手に入れられる法人カードか比較してみてください。

年会費

画像: 年会費について

ポイントの貯めやすさばかりを重要視するあまり、法人カードの年会費といった基本性能を確認しないのはいけません。
というのも、法人カード自体の年会費が高ければ、ポイントが貯めやすくても損をしてしまう可能性があるためです。

当然ながら、法人カードに掛かる年会費以上のポイントを獲得できるのであれば問題ありません。
しかし、法人カードの年会費が高くなるほど、その分多くのポイントを獲得する必要があります。

たくさんのポイントを獲得するためには、それだけ多くの年間利用額が必要
人によっては、法人カードの年間利用額が少なく、年会費以上のポイントを獲得できない方もいると思います。

なので、法人カードを年間どれほど利用するかシミュレーションしてから、ポイントの貯めやすさと年会費のバランスが取れた1枚を導入するようにしてください。

ちなみに、法人カードによっては、経費削減を狙えるサービスが付帯しているものも存在します。
ポイントの獲得以外でも経費削減を図れるため、どういったサービスが付帯するかも比較してみてはいかがでしょうか?

法人カードの所持者は個人利用できる?

画像: 法人カードの個人利用について

ここまで紹介したことは、法人カードのポイントについての基礎知識です。
法人カードを所持する以上、さらに深掘りした知識も知っておく必要があります。
その深掘りした知識とは、法人カードで獲得したポイントを個人利用しても問題ないかというものです。

例えば、従業員の方がポイントを個人利用したとすると、場合によっては業務上横領罪といった罪に問われる可能性があります
法律上、ポイントの個人利用はグレーゾーンに当たるため、必ずしも罪に問われるわけではありませんが、その危険性は非常に高いです。

なので、従業員の方で法人カードのポイントを個人利用しようと考えている方は、絶対にやめておきましょう。

ただ、罪に問われる危険性を知らないがために、法人カードのポイントを個人利用してしまう従業員もいるかもしれません。
そこでおすすめなのが、法人カードで獲得したポイントに関する社内ルールを設けておくことです。

社内ルールを設けておくことにより、「法人カードのポイントは会社のもの」という意識付けを徹底することが可能。
万が一、従業員にポイントを個人利用されてしまったとしても、社内ルールに対する違反として罰することができるかもしれません。

そのため、従業員によるポイントの個人利用を防ぎたい法人代表者・個人事業主の方は、社内ルールを徹底して作り上げるようにしてください。

では、法人代表者や個人事業主の方が法人カードのポイントを個人利用した場合、問題になるのでしょうか?
結論を言うと、法人代表者・個人事業主が法人カードのポイントをプライベートで利用しても、100%犯罪になる訳ではありません。

しかし、法人カードのポイントを個人的な理由で利用していると発覚した場合、従業員の方からの信用は損なわれてしまうことでしょう。
ポイントは会社のものというルールを作るのであれば、なおのこと従業員との信頼関係が崩れる原因になりかねません。

よって、法人代表者・個人事業主の方と言えど、法人カードのポイントは個人利用しないようにしましょう。

ちなみに、法人カードで貯めたポイントは、会社・事業の資産として扱い、備品などの交換に使うのがおすすめ。
法人代表者・個人事業主の方がポイントを会社・事業のために利用していれば、従業員による個人利用の危険性も減らせるはずです。

ポイントは会計処理を行う必要がある?仕訳の項目とは?

画像: ポイントの会計処理について

法人カードを所持しても、必ず行わなくてはいけないのが経費をまとめる会計処理。
この会計処理の際、法人カードで貯めたポイントを一体どうすれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか?

法人カードのポイントは、仕訳の際に「雑所得」として扱います。
その仕訳のタイミングは、ポイントが貯まった時ではなく使用した時

短いスパンで少しのポイントしか利用しない場合、会計処理の手間が増えるので注意してください。

ちなみに、法人カードのポイントは、会計処理する必要がないとも言われています。
ただ、これはあくまで必要がないと言われているだけ。

当然ながら、法人カードのポイントも仕訳けている方が、税務署から会計処理を適切に行っていると思われることでしょう。
脱税といった疑惑を持たれなくなるかもしれないので、基本的には法人カードのポイントも会計処理することをおすすめします。

最大還元率1.1%!おすすめの法人カードは「オリコEXGold forBiz」

画像: おすすめの法人カードについて

今回、ポイントが貯めやすいおすすめの法人カードとして紹介するのが、「オリコEXGold forBiz」です。
この法人カードは、業界トップクラスのポイント還元率を誇っていて、非常にポイントが貯めやすい1枚となっています。

オリコEXGold forBizが持つ最大の魅力と言えば、何といってもポイント還元率が優れているところ。
この法人カードのポイント還元率は、驚異の最大1.1%です!
法人カードの平均的なポイント還元率より2倍以上も高い数値となっているため、効率的にポイントを貯めることができます。

ただ、1つ注意しなければいけないのが、最大ポイント還元率を実現するためには、年間200万円以上の法人カード利用が必要な点。
人によっては、この法人カードを年間200万円以上も利用できず、最大ポイント還元率を実現できないかもしれません。

しかし、最大還元率は実現できないものの、年間50万円以上の法人カード利用があれば、ポイント還元率を引き上げることができます!
法人カードの平均還元率より高い0.85%という数値を実現できるので、きっと多くの方がたくさんのポイントを貯められるはずです。

さらに、「オリコモール」というモールサイトを活用することによって、ただでさえ高いポイント還元率を最大15%にまで上げることができます
オリコモールには、「Amazon」・「楽天市場」・「Yahoo!ショッピング」といった通販サイトも掲載されているので、誰でも簡単にポイント還元率を引き上げられることでしょう。

そんなオリコEXGold forBizは、年会費が2,000円と非常に低価格です。
入会キャンペーンでは、初年度の年会費が無料になるだけでなく、最大7,000円相当のポイントを獲得することができます!

ポイント還元率が高く、年会費とのバランスも優れているため、コスパ最強の呼び声が高いオリコEXGold forBiz。
ポイントが貯めやすい法人カードを探しているビジネスマンの方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

オリコEXGold forBizの詳細

還元率の高さでランキングを作成!おすすめの法人カードはこちら!

画像: おすすめの法人カードのランキング

今回は、法人カードのポイントについて、あらゆる情報を紹介しました。
また、ポイントが貯まりやすいおすすめの法人カードも紹介したので、ぜひ導入を検討してみてください!

とはいえ、法人カードを導入するなら、もっと他のものも見てから決めたいという方もいることでしょう。
そんな方は、ポイントの貯まりやすさで法人カードを探してみてはいかがでしょうか?

もし、ポイントが貯まりやすい他の法人カードを確認してみたいという方がいたら、当サイトの「ポイント還元率ランキング」を参考にしてみてください。

ポイント還元率ランキングでは、40枚以上にも及ぶ法人カードの中から、特にポイントが貯まりやすい5枚を厳選。
きっと、あなたにとって最もポイントが貯めやすい法人カードが見つかると思います。

ポイント還元率ランキング

TOP > 法人カードのポイントについて貯め方から会計処理まで徹底解説!