ポイント還元率の高い法人カードランキングBEST5|徹底解説付き

ポイント還元率が高い法人カードのランキングと徹底解説

最終更新日: 2019年7月5日

  • ランキング第1位

    オリコEXGold forBiz

    ランキング1位の法人カード

    最大1.1%の還元率!モールサイトの利用で還元率がさらに増加!
    還元率
    最大1.1%
    ショッピング保険
    最高100万円

    詳細を見る


    公式ページ

  • ランキング第2位

    楽天ビジネスカード

    ランキング2位の法人カード

    条件なしで常時還元率1.0%!楽天サービス利用で還元率アップ!
    還元率
    常時1.0%
    ショッピング保険
    最高300万円

    詳細を見る


    公式ページ

  • ランキング第3位

    JCBゴールド法人カード

    ランキング3位の法人カード

    国内外の様々な店舗でボーナスポイントが貰える法人カード!
    還元率
    最大0.8%
    ショッピング保険
    最高500万円

    詳細を見る


    公式ページ

ポイント還元率が高い法人カードランキングと、効率良く貯める方法などについて解説いたします!

法人カードを利用するにあたって、真っ先に思い付くのは「ポイント還元」ではないでしょうか?

法人カードは個人カードと比較すると遥かに利用額が高く、毎年10万円分以上のポイントを稼ぐ企業も少なくありません。
その貯めたポイントをギフト券や商品と交換すれば、本来購入予定だったものを購入しなくて済みます。

つまり、ポイントが貯まりやすい法人カードを導入することで、経費処理が楽になるだけでなく、経費の削減までできるのです!

そこで当サイトは、あなたに利益をもたらす「ポイントを貯めやすい法人カードランキング」を作成。
ランキングでは、ただ還元率が高いというだけでなく、特典やキャンペーンなどでよりポイントが貯めやすくなる法人カードを紹介しています。

また、法人カードのポイントについて、効率良く貯める方法や使い方など様々な基礎知識も掲載!
あなたが最も効率良くポイントを貯められる法人カードの選び方なども記載しているので、ぜひご覧ください。

ランキングはこちら!

ポイント還元率の高い法人カードランキング1位

  • 年会費:2,000円 (初年度無料)
  • ポイント還元率:最大1.1%
  • 最高還元率1.1%は、法人カードNo.1!
  • 「オリコモール」での買い物は、獲得ポイントが最大2倍~15倍に!
  • 年会費38,800円のレストラン予約サービス「招待日和」が無料で利用できる!

ポイントランキング第1位の法人カードは「オリコEXGold forBiz」。
この法人カードが1位の理由は、ポイント還元率が年間利用額によって以下のように上昇するという特徴があるからです!

50万円未満 ⇒ 0.60% 50万円以上 ⇒ 0.85%
100万円以上 ⇒ 0.95% 200万円以上 ⇒ 1.10%

最も高いときで1.1%にもなるオリコEXGold forBizのポイント還元率は、法人カードNo.1!
法人カードの平均ポイント還元率は0.5%と言われているので、それよりも2倍も高いことになります。

年間利用額が200万円に届くのが難しい方でも、50万円の利用なら達成できそうな方も多いのでは?
月に約42,000円の決済で0.6%の還元率から0.85%に上昇するので、少ない利用でも高還元率を実現できます!

さらに、オリコEXGold forBizを持つと「オリコモール」というポイント優待サイトが利用可能に!
そこでの買い物は獲得ポイントが倍増するうえ、あのAmazonも掲載店の1つとしてあるので、会社の備品等を購入される際におすすめです。

そんなオリコEXGold forBizは、保険サービスに空港ラウンジ、それから「招待日和」といったお得な特典も数多く付帯。
また、ゴールド法人カードながらも年会費が2,000円というコストパフォーマンスの良さも魅せます!

新規入会者は、初年度の年会費が無料になる他、今なら最大4,000円分のポイントをプレゼント!
法人カードトップクラスのポイント還元率に加え、利用者に嬉しいサービスが満載なので、ぜひオリコEXGold forBizを検討してみてください。

  • 年会費:2,000円
  • ポイント還元率:1.0%
  • 条件無し!常時1.0%の高還元率!
  • 「楽天」サービス時の利用では圧倒的な還元率

ポイント還元率の高い法人カードランキング第2位は、「楽天ビジネスカード」です!

楽天ビジネスカードは、所持したときから1.0%の高還元率で利用できる法人カード。
ランキング内で唯一1.0%をキープする条件等もなく、常に高還元率として利用できるのがこの法人カードの魅力です。

そんな楽天ビジネスカードですが、さらに凄いのは加盟店で得られるポイントが2倍になること。
また、楽天市場での買い物ならば、還元率は5.0%まで上昇します。

さらに、楽天で頻繁に行われるキャンペーンでは、還元率が最高20.0%になることもしばしば!
楽天市場で高額な商品を購入する際にこのキャンペーンを利用できれば、想像を超えるスピードでポイントを貯めていけていけるでしょう。

ポイント還元率アップ先の指定が「楽天」だけですが、楽天市場の利用機会が多い方ならぜひとも所持したい法人カードです!

  • 年会費:10,000円
  • ポイント還元率:最大0.8%
  • 特定店舗での利用ではポイント還元率が2倍に!
  • 最高1億円もの傷害補償をゴールド法人カードながら付帯

ランキング3位は、還元率アップの特典が多い「JCBゴールド法人カード」。
JCBゴールド法人カードのポイント還元率は、年間利用額によって0.5%~0.8%の変化をします。

還元率0.8%の実現には年間300万円の利用が必要ですが、その下の0.75%なら年間100万円から可能!
月間経費85,000円で実現できてしまうため、簡単な条件で高還元率の法人カードが手に入ります。

また、JCBゴールド法人カードには利用明細をWeb上で確認するための「MyJチェック」というサービスがあるのですが、なんとこちらに登録するだけで、加盟店でのポイントが2倍になります!
加盟店はオンラインショップも含むので、Amazon等のサイトもポイントが2倍になるのは嬉しいですね。

そんなランキング第3位のJCBゴールド法人カードには、ポイントをさらに貯める方法が!
性能・サービス・ステータス性も十分な1枚ですので、検討されている方はぜひ詳細をご覧ください。

  • 年会費:1,250円 (初年度無料キャンペーン実施中)
  • ポイント還元率:最大0.75%
  • ランキング3位のJCBゴールド法人カードより1/3以下の年会費
  • 一般ランクでは最高クラスの高額保険サービスが付帯

ランキング第4位に選出したのは、「JCB一般法人カード」。
JCB一般法人カードは、当ランキング3位のJCBゴールド法人カードのランクを落としたものです。

最大ポイント還元率は0.05%落ちるものの、そのスペックは一般ランクの中でもトップクラス
その最大の要因となるのが、年会費1,250円で高額補償が付帯されている法人カードであることです。

この法人カードには、国内外最高3,000万円の傷害保険、年間最高100万円のショッピング保険が付帯。
これだけ充実した保険を付帯した法人カードを、なんと実質月間100円程度で所持できます。

JCB一般法人カードは追加カードの発行にも対応しているので、社員に配れば経費処理と並行して保険サービスも提供できるのです!

最大ポイント還元率は年間100万円以上の利用があれば適用されます。
したがって、利用額があまり多くない方はランキング3位のJCBゴールド法人カードよりも、こちらのJCB一般法人カードを選ばれることをおすすめします!

  • 年会費:1,250円 (実質無料)
  • ポイント還元率:0.5%(最大1.0%)
  • 信頼性の高い三井住友発行の法人カード
  • サービス加入で年会費無料&ポイント還元率2倍を実現可能!

ポイント還元率ランキング第5位に選出したのは、「三井住友クラシックforOwners」。
この法人カードは、「マイ・ペイすリボ」というサービスを活用することで、ポイント還元率をさらに高めることができます。

マイ・ペイすリボとは、指定額を超える支払いが発生した場合、その超過額をリボ払いにしてくれるサービスのこと。
なんとこのサービスには、リボ払いが発生した場合、ポイント倍率のアップという特典があります。

マイペイすリボに登録してリボ払いが発生した場合、なんとその月のポイント還元率は2倍
リボ払いと言われると少し抵抗があるかもしれませんが、1円でもリボ払いが発生していれば条件はクリアできるので、設定額を調整することでリスクを最小限に抑えられます。

三井住友クラシックforOwnersのポイント還元率は0.5%なので、2倍になればなんと1.0%で利用可能。
そのため、ランキング3位のJCBゴールド法人カードを抜くポイント還元率の法人カードとなるのです!

またマイペイすリボは、登録しておくだけで年会費が無料になります!
リボ払いの発生は不要なので、利用限度額と同じ金額を指定しておけば、年会費無料・ポイント還元率0.5%の法人カードとしても利用可能です。

他にも、特定の店舗やネットショッピングを利用する際に、ポイントアップサービスを受けられる三井住友クラシックforOwners。
優待利用サービスや付帯保険も備わっているので、ぜひ1度三井住友クラシックforOwnersを利用してみてください!

ポイントとは?アナタは完璧に理解していますか?

ポイントとは何かと問われれば、多くの方は「利用額に対して貯まるお得なもの」と答えるのではないでしょうか?
日常でポイントカードをよく見掛けることもあり、会計時に貯まって商品などと交換できるというザックリとした説明なら誰しもできるでしょう。

法人カードにおいては、100円または1,000円で1P貯まるものがほとんど。
このポイントですが、多く貯まれば良い法人カードなのかというとそうではありません。

法人カードで貯まるポイントにはそれぞれ価値があり、「交換対象物の価値÷必要ポイント数」で求められます。
例えば、500円分のギフト券の交換に100Pを必要とする法人カードであれば、「500÷100=5」となり、1P5円の価値があるということになる訳です。

こうして価値がわかれば、法人カードのポイント還元率を算出できるようになります。
ポイント還元率とは、各法人カードのポイントの貯めやすさを表すもの。
その計算式とは、「ポイントの価値÷1Pを貯められる利用額×100」です。

先程の500円分のギフト券と100Pを交換できる場合でいくつか例を挙げますと、

  • 1,000円で1P貯まる場合 「5÷1,000×100=0.5%」
  • 1,000円で3P貯まる場合 「5×3÷1,000×100=1.5%」
  • 100円で1P貯まる場合 「5÷100×100=5%」

といったような計算が行われます。
そのため、ただポイント数だけ稼げる法人カードであれば良いということはないのです!

ポイント還元率を理解していることは、法人カードのポイントを効率良く貯めるうえで非常に重要になってくるので、しっかりと覚えておきましょう!

スピーディーに効率良く貯める方法を伝授

法人カードのポイントを効率良く貯めるには、以下の3点に気を付ける必要があります。

  • 利用額によるポイント還元率の変動の有無
  • モールサイトを利用するかどうか
  • 還元率が高くなる特定店舗の確認

この3点に注視して法人カードを比較するだけで、ポイントの貯めやすさは大きく変わってきます。

法人カードによっては、利用額によって貯められるポイントが変動する場合もあります。
想像しにくいと思うので、JCBゴールド法人カードを例に見ていきましょう。

年間利用額 ポイント還元率
30万円未満 0.5%
30万円以上 0.55%
50万円以上 0.6%
100万円以上 0.75%
300万円以上 0.8%

このように、年間利用額が30万円未満と300万円以上の方では、ポイント還元率に0.3%も差があります。
もしあなたが年間で300万円以上利用するにも関わらず、こういった利用額によるポイント還元サービスがない法人カードを選んでしまっては、ポイントを効率良く貯めるのは困難でしょう。

また、ポイントを効率良く貯めるのであれば、「モールサイト」というものを積極的に使っていくことをおすすめします!

モールサイトとは、法人カードの発行会社が運営するWebサイト。
Amazonや楽天市場などのネットショッピングサイトが掲載されており、それらのサイトへモールサイトを経由して行くだけで、購入時に普段より多くのポイントを貯められるというものです。

このたったひと手間掛けるだけで、法人カードによっては最大30倍ものポイントが貯められることも!
ポイントを効率良く貯めるのであれば、モールサイトの利用は非常に有効な手段となります。

その他にも、特定の実店舗で普段より多くのポイントが貯められる法人カードもあるので、ぜひ探してみてください!

経費削減に貢献!ポイントを貯めるメリット

法人カードで貯めるメリットは、やはり経費削減に繋がることでしょう。
どんな企業や個人事業主であっても、できることなら経費は削減したいですよね?

法人カードで貯めたポイントは、今や様々な物と交換可能。
パソコンやプリンターといった電子機器から、コピー用紙や印鑑といった消耗品まで交換できるので、備品に掛かる費用を削減できるのです!

もし欲しい商品がなければ、ギフト券や商品券、電子マネーなどと交換すればさらに選択肢を増やすこともできるので、交換先に困ることはほとんどないでしょう。

たかがポイント、されどポイント。
経費管理の簡略化と同時に、経費削減まで図れるという一石二鳥のメリットがあるので、法人カードのポイントを上手く活用してみてください!

最も効率良く貯められる1枚を探す選び方

法人カードを検討する際、ポイントの還元率を重要視する!と決めたはいいものの、どんな選び方をして良いかわからない方も多いと思います。

最も効率良くポイントが貯まる法人カードを見つけるには、

  • ポイント還元率
  • モールサイトの付与率
  • 特定店舗での付与率
  • ショッピング保険の付帯内容

以上のことを比較して選ぶことをおすすめします。

まず、ポイント還元率が高い法人カードを選択するのは、間違いない選び方でしょう。
ただし、先程も申した通り、利用額によってポイント還元率は変化するので、利用推定額が法人カードの条件に対してマッチしているかをしっかりと判断してください。

ネットショッピングを行う方であれば、モールサイトを比較して選んでみると良いでしょう。
モールサイトに掲載されているサイト数や付与率は法人カードによって変わるので、使い馴染みのあるショッピングサイトを掲載している法人カードにしても良いかもしれません。

また、よく商品を購入する店舗などがあれば、その店舗がポイント特別付与対象となっている法人カードを選ぶことで、さらにハイスピードでポイントを貯められるのではないでしょうか!

これらに加えて、ショッピング保険で比較する選び方もおすすめ。
ショッピング保険は、法人カードで購入した商品に破損や盗難などが起きた際、それを補償してくれるというものです。

法人カードでポイントを貯めたいという方であれば、備品などの買い物を頻繁にする方が多いのでは?
そんな方にとって、購入した商品に補償が付いているのは非常に安心できることではないでしょうか!

ポイントが貯まりやすく、購入した商品に何かあっても補償がある法人カード、そんな1枚を見つける選び方の紹介でした。

ギフト券との交換がおすすめ!賢い使い方を紹介

法人カードで貯めたポイント、どのような使い方をすれば良いのでしょうか?

ポイントの使い方は、法人カードによって様々。
カタログから交換先を決め、商品番号を連絡するものもあれば、一覧から商品をクリックするだけで交換が完了して後日郵送されてくるものもあります。

その他、ポイントを利用額に充てるなどの使い方をする場合は、法人カードによって変化が大きいので、事前にしっかりと確認しましょう。

これらの中で最も賢いポイントの使い方は、ギフト券や商品券との交換です。
当サイトが調査したところ、ギフト券や商品券との交換時の還元率が1倍高い法人カードがほとんど。
ポイントを商品と交換するのは、実は還元率が悪いことがわかりました。

ギフト券や商品券とポイントを交換すれば、それを使用して商品と交換することもできます。
そのため、賢いポイントの使い方をしたいのであれば、ギフト券や商品券と交換した方が良いでしょう。

法人カード所持者であれば個人利用していいの?

世の中には「横領罪」というものが存在します。
自分の身に降りかかることはほとんどありませんが、ニュースで耳にしたことくらいはあるのではないでしょうか?

横領罪とは、他人の財産を横取りした際に適用されるもの。
刑事事件として扱われるため、前科が課されるだけでなく、禁固刑になる場合もあります。

法人カードのポイントを個人利用した際、本来であればこの横領罪が該当しますが、100%適用されるわけではありません
なぜなら、実は法人カードのポイントの個人利用についての法律が、未だに定められていないからです。

法人カードのポイントを経営者や個人事業主の方が個人利用した場合は課税対象となりますが、正確な取り決めがなされていないため、そこまで厳しく見られません。

とはいえ、事業のトップに立つ人間がグレーゾーンにあたることをしていては、信頼性を失い兼ねないので、法人カードで貯めたポイントは個人利用せずに備品などとの交換に充てましょう。

一方、法人カードを渡した社員が個人利用した場合、悪質さによっては横領罪に問われることも。
しかし、法人カードのポイントを個人利用したことについての法律が曖昧な以上、納得のいくような罰は与えられないかもしれません。

そうならないために、未然防止に取り組むことをおすすめします。
具体的には、しっかりと法人カードについての社内ルールを設け、ポイントの個人利用を禁止する旨を明記しておくこと。
そうすることで、会社の規則違反として罰することができます。

もちろん、社員が法人カードのポイントを個人利用したことに気付く必要があるので、ポイントの管理を徹底しておきましょう!

ステータス性やサービスで法人カードを選ぶのもアリ!

法人カードでポイントを貯め、それを使用することで経費を削減できることがわかったかと思います。
それ以外にも、ステータス性や付帯サービスで法人カードを選んでみてはいかがでしょうか?

ステータス性で選べば信頼性の獲得に繋がりますし、付帯サービスが優れていればビジネスを円滑に進められます

法人カードは何十枚と存在するため、その分特徴は多種多様。
1度たくさんの法人カードに目を通してみることもおすすめします。

ポイントランキングで見た法人カードより、アナタに合った1枚が見つかるかもしれません!

法人カードを探す