QUICPayが備わる法人カードについて解説!メリットや使い方とは?

QUICPay搭載の法人カードについて!得られる恩恵は?

最終更新日: 2020年11月27日

画像: QUICPay搭載の法人カードについて

QUICPay(クイックペイ)が備わる法人カードを導入すれば、豊富な恩恵を獲得できます!

例えば、会計をスマートに済ませられたり小銭を持ち歩く必要がなくなったりと、得られるメリットは様々。
こういった強みがあることから、QUICPay付帯の法人カードを愛用しているビジネスマンの方は数多くいます。

とはいえ、法人カードにQUICPayが備わることによって、具体的にどういった利点があるのか、わからない方も多いことでしょう。
また、法人カードに備わるQUICPayはどのように使えるのか、知らない方もいると思います。

そこで今回は、QUICPayが備わる法人カードについて解説!
この法人カードを導入することによって獲得できるメリットを始め、使い方やスマホへの登録方法もお伝えします。

さらに、QUICPay搭載の法人カードを一覧表で紹介。
その上で、特におすすめの法人カードを紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

QUICPay(クイックペイ)とは?

画像: QUICPayについて

QUICPayがどういったものなのか、あまり詳しくない方もいると思います。

QUICPayとは、コンビニやデパートなどで使える電子マネーのこと。
専用の端末にかざすだけで決済が行える「非接触型決済サービス」の一種です。

QUICPayは、「JCB」と「イオンフィナンシャルグループ」が2004年に開発。
今日に至るまで、日本の代表的な電子マネーとして、数多くの方に重宝されています。

そんなQUICPayは、利用した金額を後日まとめて支払う「ポストペイ型」の電子マネーです。
QUICPayの利用額は、法人カードの利用額と合算して、まとめて引き落とし日に支払うことになります。

ちなみに、QUICPayには、「FeliCa」という技術が採用されています。

FeliCaとは、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式。
高速通信を可能にする技術が詰め込まれていて、このFeliCaのおかげでスピーディーな決済が実現できるのです。

獲得できるメリットを紹介!

画像: メリットについて

そもそも、法人カードで決済が行えるのにもかかわらず、QUICPayが備わることに意味があるのか、わからない方もいるのではないでしょうか?

そこで、ここからは法人カードにQUICPayが備わることによって、どのようなメリットがあるのか詳しく紹介します。
QUICPay搭載の法人カードを導入することで得られるメリットは、主に以下の通りです。

  • 決済がスムーズになる
  • 少額の支払いが気軽に行える

法人カードでの決済は、支払い後にサインをしたり、暗証番号を入力したりと、意外と時間や手間が掛かるもの。
もちろん、現金払いよりはスピーディーに決済を行えますが、数十秒から数分程度の時間が掛かってしまいます。

しかし、QUICPay付帯の法人カードがあれば、サインや暗証番号の入力といった手間は掛かりません
専用の端末に法人カードをかざすだけで支払いが完了するため、よりスピーディーな決済を実現できます。

また、少額の支払いを気兼ねなく行えるというのも、QUICPayが備わる法人カードの大きな強みです。

例えば、支払い金額が少ない時にカード払いをためらってしまう方は少なくないと思います。
きっと、法人カード決済による手間を店員に掛けさせたくないと思う方は多いことでしょう。

そんな方にQUICPay搭載の法人カードは最適!
署名や暗証番号の入力といった作業が一切発生しないので、少額の支払いでも気軽にカードで支払えます。

しかも、お釣りのやり取りなどの手間も発生しません!
普段から小銭を持ち歩く必要がなくなるため、財布がスマートになるというメリットも得られます。

使い方を解説!たった3つのステップを踏むだけ

画像: 使い方について

QUICPay付帯の法人カードを導入しても、使い方がわからなければ意味がありません。

法人カードに備わるQUICPayの使い方は、非常にシンプル!
たった3つのステップを踏むだけで、法人カードに付帯するQUICPayで支払いが行えます。

  1. 店員に「QUICPayで支払います」と伝える
  2. 専用の端末が点滅したら法人カードをかざす
  3. 「QUICPay」という音が鳴ると支払い完了!

上記の通り、法人カードに備わるQUICPayの使い方と言っても、たった3つの手順を踏むだけです!
会計時にQUICPayで支払う旨を伝えたのち、専用の端末に法人カードをかざすだけで支払いが完了します。

ただ、「QUICPay」という音が鳴る前に法人カードを専用の端末から離してしまうと、支払いが正しく完了しない点には注意してください。
音が鳴るまで法人カードを専用の端末にかざし続けなければいけないということを覚えておきましょう。

スマートフォンへの登録は簡単!

画像: スマートフォンへの登録方法について

実は、QUICPay搭載の法人カードは、スマートフォンのウォレットアプリに登録できます!
そうすれば、法人カードを持ち歩かずとも、日常の支払いシーンに対応可能
専用の端末にスマホをかざすだけで支払いが完了するので、よりスマートな決済が実現できます。

とはいえ、QUICPayが付帯する法人カードをどのようにスマホへ登録すれば良いのか、わからない方も多いことでしょう。

そんな方に向けて、ここからはQUICPay付帯の法人カードをスマホへ登録する方法について解説します!
もちろん、iPhone・Androidによって登録方法は異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

iPhoneへの登録方法

画像: iPhoneへの登録方法について

まずは、QUICPay付帯の法人カードをiPhoneに登録する方法から紹介します。
iPhoneに標準搭載されている「Wallet(ウォレット)」アプリへの登録方法は、以下の通りです。

  1. 「Wallet」アプリを起動する
  2. 画面の右上にある「+」ボタンをタップする
  3. 説明を確認したのち「続ける」をタップする
  4. カードの種類を選択する画面が開くので、「クレジット/プリペイド」を選択する
  5. カードをスキャンするためのカメラが起動するので、法人カードをスキャンする or 手動でカード情報を入力する
  6. 画面の指示に従い「お名前」や「セキュリティーコード」などの情報を入力する
  7. 利用規約が表示されるので「同意する」をタップする
  8. QUICPayが表示されるので「次へ」をタップする
  9. 「SMS」or「メール」での本人認証を求められるので、どちらかを選択する
  10. 本人認証が終了次第、登録が完了

登録完了までの手順は多いものの、そこまで複雑ではありません。
そのため、画面の指示に従いながら進めていけば、QUICPay付帯の法人カードを問題なくスマホに登録できると思います。

QUICPayが備わる法人カードをスマホに登録できるのは、シリーズ7以降のiPhoneに限ります。

Androidへの登録方法

画像: Androidへの登録方法について

QUICPay搭載の法人カードをAndroidのスマホに登録する手順は、以下にまとめています。

  1. 「Google Play」から「Google Pay」アプリをダウンロードする
  2. 「Google Pay」アプリを起動して「支払いタブ」をタップする
  3. 画面下にある「+お支払い方法」をタップする
  4. 「クレジット/デビット/プリペイド」をタップする
  5. カードをスキャンするためのカメラが起動するので、法人カードをスキャンする or 手動でカード情報を入力する
  6. 画面の指示に従い「セキュリティーコード」などの情報を入力する
  7. 「Google PayでQUICPayを利用できます」といった画面が表示されるので、「続行」をタップする
  8. 利用規約が表示されるので「同意して続行」をタップする
  9. 「SMS」or「メール」での本人認証を求められるので、どちらかを選択する
  10. 本人認証が終了次第、登録が完了

上記の通り、iPhoneへの登録方法と同じく、踏まなければいけないステップは多いです。
ただ、難しい手順は1つもないので、誰でも楽にQUICPay付帯の法人カードをAndroidスマホに登録できることでしょう。

おサイフケータイ®アプリ(6.1.5以上)対応かつAndroid5.0以上のAndroidスマホでないと、QUICPay搭載の法人カードを登録できないので注意してください。

QUICPayが備えられる法人カードを一覧表で紹介!

画像: QUICPay付帯の法人カード一覧表

それでは、QUICPay搭載の法人カードを一覧表で紹介します!
QUICPayが付帯する法人カードは、以下の計16枚です。

法人カード名 JCB一般法人カード(※) JCBゴールド法人カード(※) JCBプラチナ法人カード(※) JCB CARD Biz一般 JCB CARD Bizゴールド JCB CARD Bizプラチナ JCBビジネスプラス一般 JCBビジネスプラスゴールド オリコEXGold forBiz オリコビジネスカード
スタンダード
オリコビジネスカードGold セゾンコバルト・ビジネス
アメックス
セゾンプラチナ・
ビジネスカード
アメックス・ビジネス
グリーン
アメックス・ビジネス
ゴールド
アメックス・ビジネス
プラチナ
券面 JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード JCB CARD Biz一般 JCB CARD Bizゴールド JCB CARD Bizプラチナ JCBビジネスプラス一般 JCBビジネスプラスゴールド オリコEXGold forBiz オリコビジネスカードスタンダード オリコビジネスカードゴールド セゾンコバルト・ビジネスアメックス セゾンプラチナ・ビジネスカード アメックス・ビジネスグリーン アメックス・ビジネスゴールド アメックス・ビジネスプラチナ
国際ブランド JCB JCB JCB JCB JCB JCB JCB JCB VISA / Mastercard Mastercard Mastercard AMEX AMEX AMEX AMEX AMEX
年会費 1,250円
(ネット申込で初年度無料)
10,000円
(ネット申込で初年度無料)
30,000円 1,250円
(ネット申込で初年度無料)
10,000円
(ネット申込で初年度無料)
30,000円 1,250円
(ネット申込で初年度無料)
10,000円
(ネット申込で初年度無料)
2,000円
(初年度無料)
1,250円
(初年度無料)
2,000円
(初年度無料)
1,000円 20,000円 12,000円 31,000円
(初年度無料)
130,000円
詳細ページ 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

(※ スマホには登録できません)

上記の通り、QUICPayが備えられる法人カードと言っても、設定されている年会費や選べる国際ブランドは様々です。
もちろん、性能面や付帯サービスなどもそれぞれ異なるので、気になる法人カードがあれば、ぜひ詳細ページを確認してみてください!

ちなみに、上記の表に掲載しているほとんどは、QUICPayを法人カード自体に備えられます。
ただ、「JCBビジネスプラス」だけは、別途QUICPay専用のカードが発行されることになるので、覚えておきましょう。

最大1.1%の還元率を実現!おすすめの1枚を紹介

画像: おすすめについて

QUICPayが付帯する法人カードに決めたものの、どれを選べば良いのかわからないという方もいることでしょう。

今回、そんな方におすすめとして紹介するのが「オリコEXGold forBiz」です!
これは、特定の国際ブランドを選択することにより、QUICPayが備わるという珍しい法人カードとなっています。

オリコEXGold forBizでは、「VISA」と「Mastercard」の2種類から国際ブランドを選択可能です。
仮に、Mastercardを選んだ場合、「Mastercardコンタクトレス」というサービスが付帯します。

Mastercardコンタクトレスとは、オリコEXGold forBizをスマホに登録することによって、QUICPayが利用できるというサービス。
そのため、この法人カードの国際ブランドは、Mastercardを選択するようにしましょう!

しかも、MastercardのオリコEXGold forBizを導入すれば、「招待日和」という優秀なサービスが利用できます。

招待日和とは、日本全国200ヶ所にも及ぶ高級レストランや料亭などを予約できるサービスのこと。
なんと、招待日和の対象レストランを2名以上で予約すれば、1名分のコース料理が無料になります
食事代の大幅な削減を見込めることから、接待で大活躍すること間違いなしのサービスです。

さらに、オリコEXGold forBizは、驚くほど高いポイント還元率を誇っているという強みも持っています。
この法人カードで実現できるポイント還元率は、驚異の最大1.1%
全法人カードの中でも最高峰のポイント還元率を有しているため、経費削減に大きく貢献してくれることでしょう。

このように、QUICPayが備わるだけでなく、付帯サービスや性能面も申し分ないオリコEXGold forBiz。
初年度は年会費が掛からないので、ぜひこの法人カードの導入を検討してみてください!

オリコEXGold forBizの詳細

おすすめの法人カードはこちらでチェック!

画像: おすすめの法人カードについて

以上、QUICPayが備わる法人カードについての解説でした。
紹介した通り、得られるメリットは非常に豊富なので、ぜひQUICPay付帯の法人カードを導入してみてください!

しかし、法人カードを導入する際、他の選択肢を確認せず決めてしまうのは、あまりおすすめできません。
これは、法人カードの種類がとても多いからです。
仮に、他の法人カードも確認すれば、よりあなたに合った1枚が見つかる可能性があります。

そこで、他の法人カードをチェックする際に活用して欲しいのが当サイトです。
当サイトでは、50枚以上もの法人カード情報を掲載しているので、あなたに最適な1枚が見つけられるかもしれません。

法人カードを探す

TOP > 電子マネーについて > QUICPayが備わる法人カードについて解説!メリットや使い方とは?