法人カードをランクで徹底比較!一般・ゴールド・プラチナの特徴とは

法人カードをランク別に比較!どんな特徴がある?

最終更新日: 2020年9月12日

画像: 法人カードのランク別比較

法人カードは、「一般・ゴールド・プラチナ」といった3つのランクに分かれています。
きっと、法人カードをこれらランクの違いで比較したいと考えている方もいるのではないでしょうか?

法人カードは、ランクによって特徴が様々。
年会費が安かったり、コスパに優れていたり、特典が豪華だったりと、法人カードはランクごとに魅力が異なります。

もし、これらの特徴を正しく比較できれば、より自身に合った法人カードを導入できることでしょう。
そのため、法人カードをランクの違いで比較することは、非常に大切です。

そこで今回は、各ランクの法人カードが持つ魅力を徹底比較。
一般・ゴールド・プラチナの法人カードを比較することに加え、各ランクがどういった方におすすめなのか紹介します。

また、比較結果を踏まえ、一般・ゴールド・プラチナのおすすめ法人カードも1枚ずつ紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

一般ランクの特徴を解説!低コストで導入できる

画像: 一般ランクの特徴について

まず、一般法人カードが持つ魅力と言えば、他のランクと比較して低コストで導入できることです。

一般ランクの法人カードは、2,000円以下の年会費で所持できるものがほとんど。
維持コストをあまり気にする必要がないため、所持し続けるハードルは非常に低いです。

しかも、一般ランクの法人カードによっては、年会費が実質無料だったり、永年無料だったりするものもあります。

実質無料とは、特定の条件をクリアすることによって、年会費が0円になる法人カードのこと。
設けられている条件は、年1回の法人カード利用だったり、特定のサービス利用だったりと、クリアするのが比較的簡単なものばかりです。
容易に達成できる条件を設定しているので、年会費が実質無料の法人カードでも、多くの方が0円で所持できると思います。

一方で永年無料とは、何もしなくても0円で所持できる法人カードのことです。
実質無料のように、条件が設定されていないので、より気楽に法人カードを所持することができます。

そんな一般ランクの中には、ポイント還元サービスが優秀な法人カードも存在しています。
法人カードの平均的なポイント還元率は、約0.5%。
一般ランクの中には、平均より2倍高い1.0%のポイント還元率を誇る法人カードもあるため、経費削減が比較的図りやすいことでしょう。

そして、他ランクの法人カードと比較した結果、審査が甘いという特徴もあります。

法人カードの審査は、ランクが上がるにつれて厳しくなることが一般的。
一般ランクと比較して、ゴールド・プラチナ法人カードの方が審査には通りにくいと言われています。
そのため、審査に対して不安がある方は、一般ランクの法人カード導入を検討してみてはいかがでしょうか?

一般法人カードランキング

ゴールド法人カードの魅力はコスパに優れているところ!

画像: ゴールド法人カードの魅力について

ゴールド法人カードと言えば、全3つあるランクの中で中間にあたる存在です。
リーズナブルな年会費で所持できるだけでなく、優れた性能を誇っている法人カードが多くあるため、コスパが優秀なランクだと言われています。

ゴールドランクの法人カードは、年会費が平均して10,000円程度。
もちろん、一般ランクと比較すると、年会費は上がってしまいますが、その分優れた特徴が多く備わっています。

例えば、ゴールド法人カードの中には、魅力的なレストラン優待サービスを付帯しているものもあります。
そのサービスを活用すれば、1万円以上もの接待費削減を狙うことが可能
大きく接待費を削減できることから、ゴールドランクの法人カードは、接待が多いビジネスマンの方に人気です。

しかも、ほとんどのゴールド法人カードには、空港ラウンジの無料利用サービスも備わっています。
飛行機での出張が多い方にとって、空港での待ち時間というのは、ストレスが溜まる原因になることでしょう。

しかし、空港ラウンジが無料で利用できるゴールドランクの法人カードを所持していれば、上記のような問題は解決!
快適な空港ラウンジにて、優雅な待ち時間を過ごせることから、出張が多い方にも愛されています。

さらに、一般ランクと比較して、法人カードの還元サービスも優れています。
ゴールドランクの法人カードによっては、トップクラスのポイント・マイル還元率を実現できるものも存在するため、より簡単に経費削減を狙えるはずです。

このように、魅力的な特徴を数多く備えていながら、比較的リーズナブルな年会費で所持できるゴールドランクの法人カード。
他ランクと比較して、年会費と性能のバランスが優れているため、コスパが優れているという訳です。

ゴールド法人カードランキング

プラチナランクは高いステータス性を誇る!

画像: プラチナランクについて

まず、プラチナ法人カードが持つ魅力と言えば、他ランクと比較して、圧倒的に高いステータス性を誇る点です。

プラチナ法人カードは、3つあるランクの中で最高クラス
そのため、プラチナランクの法人カードは、最もステータス性に優れています。

また、プラチナランクの法人カードは、審査に比較的通りにくいと言われています。
他と比較して、審査に通りにくいということは、プラチナランクの法人カードを所持できる方が限られているということ。
誰もが所持できるランクの法人カードではないため、高いステータス性を持っているという訳です。

しかも、他ランクと比較して、プラチナ法人カードには、より豪華なサービスが付帯しています。
プラチナランクの法人カードに備わるサービスの中でも、特に「コンシェルジュサービス」と「プライオリティパスの無料発行サービス」は優秀です。

コンシェルジュサービスとは、24時間365日あなた専任の秘書が要望に応えてくれるサービスのこと。
ホテル・レストラン・航空券の予約はもちろんのこと、上司や取引先の方に渡す祝い品の相談にも乗ってくれます。
非常に様々な依頼を引き受けてくれることから、忙しいビジネスマンの大切な時間を大きく節約できることでしょう。

そして、プライオリティパスとは、世界1,300ヶ所以上にある高級空港ラウンジを無料で利用できる通行許可証のようなものです。
ゴールドランクの法人カードで利用できる空港ラウンジと比較して、サービスの質などはグレードアップ。
なので、より上質な空港ラウンジで有意義な待ち時間を過ごしたいという方に、プラチナランクの法人カードはおすすめです。

そんなプラチナ法人カードは、他のランクと比較して、年会費が非常に高額。
平均して20,000円~50,000円程度のコストが掛かるため、所持し続けるハードルは比較的高いことでしょう。

しかし、高額な年会費を払うだけの魅力を持つのが、プラチナランクの法人カードです。
法人カードに「ステータス性」・「一級品のサービス」を求める方は、ぜひプラチナランクから導入する1枚を探してみてください!

プラチナ法人カードランキング

おすすめの3枚を比較表にて紹介!

画像: 比較表について

ここからは、各ランクでおすすめの法人カードを1枚ずつ厳選。
それら3枚の法人カードを比較表にて紹介します。

ランクによって異なる法人カードの魅力をより明確に比較できるので、ぜひ参考にしてみてください!

法人カード名 JCB一般法人カード オリコEXGold forBiz セゾンプラチナ
・ビジネスカード
券面
ランク 一般 ゴールド プラチナ
年会費 1,250円(初年度無料) 2,000円(初年度無料) 20,000円
国際ブランド JCB VISA / Mastercard AMEX
ポイント還元率 最大0.75% 最大1.1% 0.5%
マイル還元率 ANA:なし
JAL:なし
ANA:最大0.66%
JAL:最大0.55%
ANA:なし
JAL:最大1.125%
旅行傷害保険 海外:最高3,000万円
国内:最高3,000万円
海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円

比較表の通り、年会費が最も安いのは、一般ランクの「JCB一般法人カード」です。
年会費が最も高い「セゾンプラチナ・ビジネスカード」と比較してみると、なんと18,750円もの差があります。
なので、法人カード導入によるコストをできる限り抑えたいという方には、一般ランクのJCB一般法人カードがおすすめです。

また、ポイント還元率の項目を比較した結果、「オリコEXGold forBiz」が最も高い数値を実現できることがわかります。
そのポイント還元率は、なんと最大1.1%
他ランクの法人カードと比較して、最大2倍以上ものポイント還元率を実現できることから、経費削減が目的ならオリコEXGold forBizが最適です。

しかも、オリコEXGold forBizの年会費は2,000円と、一般ランクの法人カードと変わらないほどの金額で所持できます。
年会費と性能のバランスが抜群に優れているため、コスパに優れた法人カードを導入したい方は、ぜひオリコEXGold forBizを検討してみてください!

そして、マイル還元率を比較したところ、セゾンプラチナ・ビジネスカードが非常に優秀です。
この法人カードで実現可能なJALマイル還元率は、驚異の最大1.125%
ランク問わず、全法人カードの中で最もJALマイルを貯めやすいので、出張費の削減が簡単に図れることでしょう。

さらに、旅行傷害保険を比較してみても、セゾンプラチナ・ビジネスカードが群を抜いて優れています。
セゾンプラチナ・ビジネスカードに備わる旅行傷害保険は、海外最高1億円・国内最高5,000万円が補償されるという充実っぷり!
プラチナランクらしい高額な補償が備わっていることから、出張が多いビジネスマンの方は、この法人カードの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

比較表掲載のおすすめ法人カードはこちら!

画像: 比較表に掲載していたおすすめ法人カードについて

きっと、比較表に掲載したおすすめの法人カードについて、詳しく知りたい方もいることでしょう。

そこで、ここからはランクごとに異なるおすすめの法人カード3枚の詳細を紹介します。
どれも各ランクの魅力を備える法人カードなので、ぜひ導入を検討してみてください!

低年会費ながら旅行傷害保険が充実した1枚!

画像: おすすめ1

今回、一般ランクの法人カードの中で最もおすすめの1枚として紹介するのが、「JCB一般法人カード」です!
この法人カードが持つ最大の魅力と言えば、低年会費ながら充実した旅行傷害保険を備えているところになります。

JCB一般法人カードの年会費は、1,250円と非常にリーズナブル
さらに、初年度は年会費無料で所持できるため、お試し感覚での導入も可能です。

しかも、この法人カードには、一般ランクとは思えない充実した旅行傷害保険が付帯しています!

JCB一般法人カードに備わる旅行傷害保険は、国内外で最高3,000万円もの補償が受けられるというもの。
他の一般ランクの法人カードと比較して、ここまでの補償を受けられるものは、そう多くありません。
出張時に万が一のことがあったとしても、しっかりとカバーしてくれることでしょう。

そんなJCB一般法人カードは、ポイントが貯めやすいことでも有名です。
この法人カードのポイント還元率は、なんと最大0.75%
法人カードの平均的なポイント還元率と比較して、より高い数値を実現できるため、経費削減が図りやすい1枚となっています。

その他にも、魅力的な優待サービスが付帯していたり、追加カードが無制限で発行できたりと、様々な特徴を持つJCB一般法人カード。
低年会費で所持できるだけでなく、一般ランクの中でも比較的優秀な性能を誇っているので、法人カードに掛かるコストを抑えたいという方におすすめです!

JCB一般法人カードの詳細

コスパ最強の呼び声高い1枚!経費削減を図るならこちら

画像: おすすめ2

きっと、ゴールドランクの中でも、特にコスパに優れた法人カードを探している方もいることでしょう。
そんな方におすすめなのが、「オリコEXGold forBiz」です。
他のゴールド法人カードと比較して、低年会費で所持できるだけでなく、ポイント還元サービスに魅力がある1枚となっています!

オリコEXGold forBizが持つ最大の魅力は、何といってもポイント還元率が優れている点。
この法人カードで実現できるポイント還元率は、驚異の最大1.1%です!
ランク問わず、ここまでのポイント還元率を実現できる法人カードは、他にありません。

しかも、ポイントによる経費削減が図りやすいだけでなく、付帯サービスによってもコストカットを狙うことができます!

この法人カードには、「招待日和」というサービスが付帯。
招待日和とは、全国200店舗以上の高級レストランを2名以上で予約した際に、1名分のコース料理料金が無料になるというものです。

招待日和を活用すれば、接待の際に1万円以上もの経費を削減できるかもしれません!
大きく接待費を削減できることから、経費削減を目的に法人カードの導入を検討している方に最適な1枚です。

このように、他のゴールドランクの法人カードより比較的優れた性能を誇りながら、年会費はたったの2,000円。
一般ランクの法人カードと比較しても、変わらないほどの年会費なので、コスパ最強の呼び声高いという訳です!

オリコEXGold forBizの詳細

一級品のサービスを数多く付帯!抜群の性能を誇る1枚

画像: おすすめ3

多くのプラチナ法人カードは、他ランクのものと比較して、性能が非常に優れています。
そのプラチナ法人カードの中でも、特に優秀な性能を誇るおすすめの1枚として紹介するのが、「セゾンプラチナ・ビジネスカード」です!

セゾンプラチナ・ビジネスカードのマイル還元率は、なんと最大1.125%
他のプラチナ法人カードと比較しても、ここまでのJALマイル還元率を実現できるものは、他にありません。
最もJALマイルが貯めやすい法人カードと言っても過言ではないため、交通費といったコストの削減が図りやすいことでしょう!

さらに、この法人カードには、プラチナランクらしい上質なサービスが数多く備わっています。
付帯するサービスの中で特に魅力的なのは、「プライオリティパスの無料発行サービス」です。

この法人カードを導入することにより、本来約46,000円の年会費が掛かるプライオリティパスをなんと無料で発行することが可能
セゾンプラチナ・ビジネスカードの年会費20,000円だけでプライオリティパスも発行できるため、非常にお得です。

しかも、この法人カードに掛かる年会費は、年間200万円のカード利用で半額の10,000円にすることができます!
10,000円の年会費と言えば、ゴールドランクの法人カードと比較しても、変わらないほどの金額。
プラチナランクの法人カードをリーズナブルな年会費で所持できるかもしれないので、ぜひ導入を検討してみてください!

セゾンプラチナ・ビジネスカードの詳細

TOP > ステータスについて > 法人カードをランクで徹底比較!一般・ゴールド・プラチナの特徴とは