個人事業主 (自営業) 法人カードおすすめランキング【FP監修】

個人事業主 (自営業) おすすめ法人カードランキング【FP監修】

最終更新日: 2021年4月22日
個人事業主ランキング

個人事業主様におすすめの法人カードをランキングで紹介します!

法人カードを作るとき、何がおすすめか分からない人も居ることでしょう。
特に個人事業主は法人代表者より比較すべきことが多く、法人カードの吟味が大変です。

また法人カードの選び方が分からないと、自分に合う法人カードが見つからないかも知れません。

そんなことにならないよう、当サイトでは個人事業主様におすすめの法人カードを厳選!
各性能と独自調査で判明した審査通過率 (*1) を基に、おすすめの4枚をランキングで紹介します。
(*1) 申請者に対して通過者の割合を表したもの (平均45%) 。

どの法人カードを作るべきか分からず困っていた個人事業主様は、ぜひ当ランキングを参考に法人カードを選んでみてください!

おすすめの4枚をランキングで紹介!

個人事業主おすすめランキング1位
  • 年会費:税込22,000円 (条件により半額)
  • 利用限度額:最高500万円
  • 審査通過率:約55% (当サイト調べ)
  • 本来は年会費45,000円の「プライオリティパス」が無料に!
  • 最短3営業日で郵送にて発行可能。

個人事業主におすすめの法人カード、ランキング第1位は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。
※以下:セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

こちらは、旅行が好きな個人事業主様におすすめの法人カード。
というのも、1,125%という驚異的なマイル還元率を有しているからです。

そのうえ、最高補償額が1億円の保険を備えていたり、コンシェルジュを利用できたり。
また無料でプライオリティパスを作れたりと、これ1枚で様々なトラベルサポートを受けられます!

それゆえ、年会費は多少の値が張る「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」。
しかし、同ランク帯では最も安いうえ、年会費以上の恩恵を受けられるのでお得と言えるでしょう。

ちなみに、この法人カードの審査通過率は意外にも約55%と高め。
2人に1人は通った記録なので、高ランクの法人カードを作りたい個人事業主様にもおすすめです。

個人事業主おすすめランキング2位
  • 年会費:税込1,375円 (実質無料)
  • 利用限度額:最高150万円
  • 審査通過率:約65% (当サイト調べ)
  • 「ポイントUPモール」での買い物は獲得ポイントが最大20倍!
  • 審査の必要書類は「本人確認証」と「銀行通帳」のみ。

個人事業主におすすめの法人カード、ランキング第2位は「三井住友ビジネスカード for Owners クラシック」です。

こちらは、一般ランクながらも高性能で個人事業主様から人気の法人カード。
というのも、決済方法を「マイ・ペイすリボ (リボ払い)」にすることで、性能面が強化されるからです。

例えば、本来は0.5%のポイント還元率も、このサービスの活用で1.0%にアップ。
他にも税込1,375円の年会費が無料になってしまうなど、嬉しいサービスとなっています!

また、こちらを活用せずとも「旅行保険・キャッシング・レストラン優待」など、一般ランクながらも便利なサービスを受けられます。

デメリットを挙げるならば、リボ払いによる手数料が発生してしまうこと。
調整すれば1円に抑えることもできますが、それによる弊害なども出てきます。

そういったことが面倒に思う個人事業主様であれば、ランキング1位の法人カードがおすすめです。

ちなみに、この法人カードの審査通過率は約65%と全法人カードの中でも1位。
三井住友という有名な発行会社による信頼性もあるため、そういった面からも個人事業主様におすすめです。

個人事業主おすすめランキング3位
  • 年会費:税込36,300円 (初年度無料)
  • 利用限度額:一律制限なし
  • 審査通過率:約60% (当サイト調べ)
  • 最高補償額1億円の海外旅行保険を付帯。
  • 会食のセッティングにレストラン予約サービス!

個人事業主におすすめの法人カード、ランキング第3位は「アメックス・ビジネス・ゴールド」です。

こちらは、ゴールドランク随一のステータス性を誇る法人カード。
個人事業主は社会的地位を低く見られがちですが、この法人カードを持てば向けられる目線を変えられることでしょう。

「アメックス・ビジネス・ゴールド」の魅力は、ステータス性だけに留まりません。

例えば「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入すると、マイル還元率が1.0%に。
またポイントの有効期限が無くなるので、消失の心配なく有意義に貯めることができます。

高額補償の旅行保険や、空港ラウンジの無料利用サービスもあるため、トラベルサポートにおいて優秀な1枚と言えます。

そんな「アメックス・ビジネス・ゴールド」は、審査通過率が意外にも高い法人カード。
約60%もの通過者を出した法人カードなので、審査が不安な個人事業主様にもおすすめです!

個人事業主おすすめランキング5位
  • 年会費:0円 (永年無料)
  • 利用限度額:公式サイト参照
  • 審査通過率:調査中
  • 永年無料の年会費なので一切の負担が無い!
  • 1.0%ものポイント還元率は経費削減に貢献。

個人事業主におすすめの法人カード、ランキング第4位は「NTT Biz カードレギュラー」です。

こちらは、なかなか珍しい「年会費が永年無料」の法人カード。
一切の負担がありませんので、導入費用を掛けたくない個人事業主様におすすめです!

年会費だけでなく、ポイント還元率も魅力的である「NTT Biz カードレギュラー」。
還元率は1.0%もあるため、経費の決済を集約すれば大きなリターンを得られることでしょう。

他にも、旅行保険やショッピング保険、それから「WEB明細編集サービス」という経費処理を簡単にする特典を利用できる1枚!

少々シンプルな性能でも問題ないという個人事業主様に、おすすめの法人カードです。

個人事業主が法人カードを作るメリットとは?

個人事業主が法人カードを作るメリットとは?

「個人事業主が法人カードを作るメリットとは何なの?」
このような疑問を持たれる個人事業主様も居るかと思います。

ここでは、個人事業主様が法人カードを作った方が良いメリットについて解説します。

  • 用途に合わせ使い分けられる
  • キャッシュフローの改善に役立つ

メリット1:用途に合わせ使い分けられる

メリット1:用途に合わせ使い分けられる

個人事業主が法人カードを持つメリットは、プライベートとビジネスで出費を分けられることです。

例えば、私用のクレジットカードで仕事関連の決済を行ったとしましょう。
この場合、そのクレジットカードの履歴には私用と公用の決済が混ざってしまいます。

こうした経験のある個人事業主様も居るのでは?

法人カードを導入すれば、用途によりカードを使い分けることが可能。
その結果、後から経費の確認がしやすくなる他、経費処理が楽になるメリットがあります。

用途で使い分けていない個人事業主様は、法人カードの導入で経費管理の時間を短縮できることでしょう。

メリット2:キャッシュフローの改善に役立つ

メリット2:キャッシュフローの改善に役立つ

2つ目のメリットは、キャッシュフローの改善を図れることです。

法人カードで決済すると、その料金は紐づけた預金口座から引かれます。
ただ、引落日は決済日より先になりますので、その期間分の延長ができます

一括払いであれば約1ヶ月ほど、分割払いやリボ払いなら設定次第で長期的な先延ばしも可能!

いざというときの資金を現状は抱えていない個人事業主様も居ることでしょう。
そういった個人事業主様は、キャッシュフローの改善を図れる法人カードの所持をおすすめします。

個人事業主によるおすすめの選び方とは?

個人事業主によるおすすめの選び方とは?

個人事業主様が法人カードを作るなら、選び方は知っておくべき。
なぜなら、選び方を知らない個人事業主様は、相性の悪い法人カードを作ってしまうかも知れないからです。

法人カードの選び方は、全ての項目を比較するのが理想です。
ただ、それでは大変なので、個人事業主様が比較すべきおすすめの3項目を紹介します。

  1. ポイント還元率
  2. 審査通過率
  3. 年会費

選び方1:ポイント還元率

選び方1:ポイント還元率

個人事業主が比較すべき項目の1つ目は「ポイント還元率」です。

法人カードにおけるポイント還元率の平均値は「0.5%」。
つまり、この0.5%の還元率を超える法人カードが個人事業主様におすすめです。

法人カードの中には、条件次第でポイント還元率がアップするものも。
例えば、ランキング1位で紹介した「EX Gold for Biz S」が該当します。

こうしたサービスにより、本来のポイント還元率から10倍以上も膨れ上がる法人カードもあるので、作るときは比較されると良いでしょう!

選び方2:申請条件

選び方2:申請条件

個人事業主が比較すべき項目の2つ目は「申請条件」です。

法人カードを作るときは、必ず審査を受ける必要があります。
審査の無い法人カードは存在せず、落ちてしまうと発行できません。

この審査には申請条件があり、法人カードによっては個人事業主の申請を受け付けていないケースも。
一方で、ランキングで1位だった「EX Gold for Biz S」のように、個人事業主向けに作られた法人カードもあります。

審査に不安のある個人事業主様は、こうした個人事業主向けの法人カードを選択するのがおすすめです!

ちなみに、当サイトでは独自の調査を行い、各法人カードの審査通過率を算出。
各法人カードの結果はランキングに記載しているので、ぜひ参考にしてみてください!

選び方3:年会費

選び方3:年会費

個人事業主が比較すべき項目の3つ目は「年会費」です。

年会費は、その法人カードにおける性能やサービスが良質なほど高い傾向にあります。
つまり、高い年会費の法人カードを作ることで、嬉しいサービスを数多く受けられる訳です!

しかし、高すぎる年会費は大きな負担になることも忘れてはいけません。
また付帯サービスが豊富でも、それを利用しないのでは意味がないと言えます。

あなたの「使用用途」や「希望のサービス」を鑑みて、適切な年会費の法人カードを選びましょう。

個人事業主は審査に通りにくいって本当?

個人事業主は審査に通りにくいって本当?

個人事業主は、法人カードの審査が通りにくい傾向にあります。
なぜなら、個人事業主は安定した継続収入を得ている人が少ないからです。

そもそも発行会社が審査を行うのは、申請者の貸し倒れを防ぐため。
返済が滞るのは困るため、問題なく返済を行える人かを審査で見極めます。

その基準に「安定した継続収入」が含まれており、個人事業主は得ていない人が多いため、審査が通りにくい傾向にあります。

ただ、個人事業主だからといって必ずしも審査に通らない訳ではありません。
法人カードの審査ではクレヒスを見るので、それによっては通る可能性も十分にあります。

クレヒスとは、あなたが過去に交わした金銭のやりとりにおける評価。
「月極契約・クレカ利用・ローン」などの返済記録が反映されています。

  • 良い評価:延滞せずに期日通りキチンと支払った場合。
  • 悪い評価:引落日に返済できず延滞してしまった場合。

良い評価の個人事業主様は、法人カードの審査に通る可能性が高いです!

ちなみに、このクレヒス (個人信用情報) は「CIC (信用情報機関)」で確認可能。
自信のクレヒスが気になる個人事業主様は、ご覧になられることをおすすめします。

用途に合うおすすめの法人カードを探す!

事業形態に関わらず申し込めるものも!

当記事では、個人事業主におすすめの法人カードを紹介しました。
しかし、法人カードは他にも多くの種類があり、用途でおすすめの1枚が変わります。

そういった「用途別」に法人カードを選んでみるのもいかがでしょう?
以下で多数のランキングを紹介していますので、こちらも個人事業主は参考にしてみてください!

別のランキングを見る

監修者

重永 響太 【ファイナンシャルプランナー】

金融機関を退職後、独立系FP事務所「HIBIKI FP OFFICE」を開業。
メイン業務である資産形成・運用については顧客からの信頼も厚い。

自身も財産三分法をベースに「投機ではなく投資」を心掛けて資産形成し、若くして経済的自由に。
毎月10本程度のセミナー・講演に登壇し、独自の資産形成術を伝えている。

年間37万マイル貯めるクレカの達人。
夢は「義務教育に金融・経済の授業を導入すること」
飲食業、ブライダル業においても事業展開している若手実業家。

保有資格は、日本FP協会認定CFP・1級ファイナンシャルプランニング技能士・宅地建物取引士・証券外務員一種。

TOP > 個人事業主(自営業)向け法人カードランキングBEST5!【FP監修】