ゆるいか分かる?法人カードの審査が通りやすいか分かる方法とは

審査がゆるいと思われる法人カードの見分け方!

最終更新日: 2020年5月15日

ゆるい審査と思われる法人カードを見分ける4つの方法を紹介します!

もしアナタが法人カードを申請するなら、審査はゆるい方が嬉しいですよね?
一般的に審査は厳しいとされているので、楽に発行できる法人カードが嬉しいものです。

法人カードの審査についてはどの発行会社も内容を明記していないので、基準は分かりません。
しかし申請前にある箇所を確認すれば、比較的ゆるいと思われる法人カードを見分けられるそう!

今回は、ゆるいか見分ける4つのポイントを紹介します!
ゆるい審査でも性能は抜群に優れた法人カードもあるので、まずは見分け方をご覧ください。

ゆるいか見分ける4つの判断材料とは?

一般/ゴールド/プラチナという3つのランク

法人カードには、一般・ゴールド・プラチナとランクが3つあり、一般ほど審査がゆるいとされています。

反対にプラチナランクは審査が厳しく、設立年数や経営状況、それから年齢といった申請条件や、インビテーション無しに申し込めない法人カードもあります。

そのため、もし審査はゆるい方が良ければ、一般法人カードの方がおすすめ!

しかし、法人カードによってはプラチナでも審査がゆるいと思われるモノも。
もしアナタが高ランクの1枚が欲しいなら、こうした法人カードを探すのも良いですね!

必要書類は少ない方がいい!

多くの法人カードは、審査の際に書類の提出を求められます。
この書類が少ないかどうかも、実は審査がゆるいか見分けるポイントとされています!

法人カードの審査では、大きく分けて2つの事項を確認されるそう。
その1つが会社の信用情報で、設立年数や社歴など見られるといわれています。

こうした会社の信用情報を確認するための情報が書類には記載されているのですが、これを提出しなくても審査を受けられる法人カードがあるのです!

そのため、一般的に審査が通りにくいとされるスタートアップ企業や個人事業主でも、こうした法人カードなら持てる可能性が高いと言われます。

社歴や経営状況が審査で不利になると思われる方は、提出書類の法人カードはおすすめです!

外資系の発行会社は、独自の基準なので通りやすい!

ゆるいと口コミのある法人カードは、外資系の発行会社のものが多いです。
アメックスなどの外資系の法人カード発行会社の多くは、個人のステータスを対象に審査を行います。

経営実績がない若い会社や、クレヒスに傷がついている方でも、審査に通ったとの口コミが多いのは圧倒的に外資系の法人カード。
通る可能性は十分にあるため、自分のステータスに自信がない方は発行会社を基準に申し込みを検討してみましょう!

独自調査で分かった、通りやすい法人カードを紹介!

ゆるい基準

では、ポイントをふまえて見つけた、審査がゆるい法人カードを紹介します。
その法人カードとは、「三井住友forOwnersクラシック」です。

三井住友forOwnersクラシックは、信頼性の高い三井住友が発行する法人カード。
その中でも一般ランクということもあり、審査がゆるいと推測できます。

しかも、当サイトがこの法人カードの審査通過率を調査したところ、約65%だということがわかりました!
これほど高い審査通過率の法人カードは他になかったので、安心して申し込めるかと思います。

このように、審査のゆるいことが推測される三井住友forOwnersクラシックですが、性能としてはコスパに優れています。
その証拠に、様々なビジネスシーンで活躍する優待サービスが付帯。
また、利用額によってポイントを貯められるので、しっかりと経費削減に貢献してくれます。

それでいて、年会費を無料にすることもできるので、非常に良コスパな法人カードと言って良いでしょう!
こういった魅力もある三井住友forOwnersクラシック、審査がゆるい法人カードを探している方はぜひ申し込んでみてください!

三井住友forOwnersクラシックの詳細

通りやすいものを集めたランキングがあります

ゆるい基準

審査について、ゆるいと思われる法人カードの見分け方はいかがでしたか?

基準が分かっても、肝心の法人カードが分からなければ申し込みはできませんよね。
こちらで、審査が通りやすいと思われるモノを紹介しているので、ぜひ確認してみてください!

法人カード審査ランキング

TOP > 審査について > ゆるいか分かる?法人カードの審査が通りやすいか分かる方法とは