審査がゆるい法人カードの見分け方を一挙紹介!どんな特徴がある?

審査がゆるい法人カードの見分け方とは?

最終更新日: 2020年9月8日

画像: 審査がゆるい法人カードについて

個人向けクレジットカードより審査が厳しいと言われている法人カード。
とはいえ、できれば審査がゆるい法人カードに申し込みたいと考えている方もいるのではないでしょうか?

基本的に、法人カードの審査情報はブラックボックスの扱いとなっています。
そのため、審査がゆるい法人カードを見つけ出すのは簡単ではありません。

しかし、様々な項目を確認することによって、審査がゆるい法人カードかどうか、ある程度見分けることはできます
その見分け方を知れば、所持までのハードルがそこまで高くない法人カードに申請できるはずです。

そこで今回は、審査がゆるいと言われている法人カードの見分け方について解説。
どういった項目を確認すれば良いのか、1つずつ詳しく紹介します。

また、所持までのハードルが低いと言われているおすすめの法人カードも紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

確認すべき項目を一挙に紹介!審査がゆるい法人カードの特徴について

画像: 審査がゆるい法人カードの特徴について

早速、審査がゆるい法人カードの見分け方について紹介します。
基本的には、以下4つの特徴を持つ法人カードは、審査がゆるいと言われています。

  • ランクが低い
  • 必要書類が少ない
  • スタートアップでも申請できる
  • 発行までの期間が短い

それでは、これら4つの項目について、1つずつ紹介していきます。

ランクが低い

画像: ランクについて

ランクが低い法人カードは、審査に通りやすい可能性が高いです。
そのため、審査がゆるいものを探している方は、できる限り低ランクの法人カードに申請するようにしましょう。

基本的に、法人カードの審査は、一般ランクよりゴールド・プラチナランクの方が厳しいと言われています。
というのも、法人カードのランクが上がるにつれて、利用限度額が高くなるためです。

法人カードの発行会社にとって、高い利用限度額を許可することは大きなリスク。
もし、法人カードを所持している方が倒産や自己破産をした場合、その利用額は発行会社に返済されません。
こういった貸し倒れが発生した際、高い利用限度額を許可しているほど、法人カードの発行会社は大きな損失を生むことになります。

もちろん、法人カードの発行会社としては、損失が発生する可能性をできる限り減らしたいと思うことでしょう。
なので、高ランクの法人カードは、審査が厳しいと言われています。

反対に、低ランクの法人カードは利用限度額がそこまで高くないため、万が一貸し倒れが発生したとしても、ある程度損失を抑えることができます。
よって、高ランクの法人カードと比較してゆるい審査を設けている可能性が高いので、一般ランクといった低ランクの法人カードを検討してみてはいかがでしょうか?

必要書類が少ない

画像: 必要書類について

申請時に必要な書類が少ない法人カードは、審査がゆるいと言われています。
というのも、必要書類が少ない法人カードは、審査の際に様々な項目を深く見ない可能性が高いためです。

例えば、法人カードの中には、必要書類として「本人確認書類」のみを提出するだけで良いものも存在します。
決算書や登記簿謄本の提出が不要ということは、審査の際に財務状況や事業内容をそこまで見ないのではと推測可能。
経営状況などに不安がある方でも所持できる可能性があるので、審査がゆるいという訳です。

もちろん、審査の際に財務状況や事業内容などを全く確認しないという訳ではないと思います。
ただ、必要書類が多い法人カードと比較して、審査がゆるい可能性は高いので、覚えておくようにしましょう。

スタートアップでも申請できる

画像: スタートアップについて

法人カードの中には、公式サイトに「スタートアップの方でも申請可能」と明示しているものもあります。
こういった法人カードは、ゆるい審査を設けている可能性が高いのでおすすめです。

基本的に、法人カードの審査では、法人・事業の設立年数を重要視すると言われています。
これは、設立年数を確認することにより、法人・事業の信用度を審査するため
当然ながら、設立年数が長いほど、安定した経営を続けている可能性が高いので、法人カードの審査に通りやすくなる可能性が高いです。

しかし、スタートアップの方でも申請可能と謳っている法人カードの場合、こういった審査基準を設けていないかもしれません。
設立年数が短くても申し込めるということは、経営状況に不安がある方でも審査に通過できるかもしれないということ。
審査がゆるい可能性が非常に高いので、スタートアップでも申し込める法人カードを検討してみてください。

発行までの期間が短い

画像: 発行期間について

発行までの期間が短いかというのも、審査がゆるい法人カードを見分ける方法として効果的です。

発行までの期間が短いということは、審査に掛ける時間も少ないということ。
審査に掛ける時間が短いほど、様々な項目を深く見る可能性は低いことでしょう。
なので、発行までの期間が短い法人カードは、審査がゆるいと言われています。

ちなみに、法人カードによっては、最短3日~1週間程度で発行できるものも存在します。
こういった法人カードは、審査に1~3日程度の期間しか設けていないのではと推測可能です。
ゆるい審査を設けている可能性が非常に高いので、できる限り発行期間が短い法人カードを探してみてはいかがでしょうか?

審査がゆるいおすすめの1枚はこちら!通過率は驚異の65%

画像: 審査がゆるいおすすめの法人カードについて

今回、審査がゆるいおすすめの法人カードとして紹介するのが、「三井住友forOwnersクラシック」です。

この法人カードは、「本人確認書類」のみで申し込むことができる1枚。
もちろん、決算書や登記簿謄本といった書類の提出は必要ありません。
審査の際に財務状況や事業内容などを深く見られないかもしれないので、所持までのハードルは低いことでしょう。

しかも、この法人カードの公式サイトには、スタートアップの方でも申請できると明記しています。
スタートアップの方でも申請できるということは、法人・事業の経営状況をそこまでしっかりと審査しない可能性があるということ。
設立して1年目の方でも申し込めることから、非常に審査がゆるいと言われています!

さらに、この法人カードは、審査に掛ける期間が非常に短いです。
審査までのステップが最短3営業日で完了するため、様々な項目をあまり詳しく見ないかもしれません。

そして、当サイトが独自調査した「審査通過率」を確認しても、この法人カードがゆるい審査を設けていると判断できます。
その審査通過率は、驚異の約65%
この法人カードに申請した3人に2人が審査に通過できていることから、安心して申し込めると思います。

このように、審査がゆるいと言われている特徴を全て備える三井住友forOwnersクラシック。
一般ランクの法人カードの中でも、特に審査がゆるい可能性が高いので、ぜひ導入を検討してみてください!

三井住友forOwnersクラシックの詳細

所持までのハードルが低い法人カードはこちらでチェック!

画像: 所持までのハードルが低い法人カードについて

今回は、審査がゆるい法人カードの見分け方を解説しました。
また、審査がゆるいおすすめの法人カードも紹介したので、不安がある方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

とはいえ、法人カードを導入するなら、審査がゆるいのはもちろんのこと、より自身に合った1枚を手に入れたいと考える方もいることでしょう。
そんな方は、審査の甘さを基準に他の法人カードも確認してみることをおすすめします。

審査がゆるいと言われている法人カードだけでも、その性能は様々。
そのため、他の法人カードも確認すれば、審査がゆるいだけでなく、よりあなたにぴったりな1枚を導入できるかもしれません。

もし、審査がゆるい他の法人カードも見てみたいという方がいたら、当サイトの「審査ランキング」を参考にしてみてください。
審査がゆるい法人カードばかりを厳選したランキングなので、きっとあなた好みの1枚が見つかると思います。

審査ランキング

TOP > 審査について > 審査がゆるい法人カードの見分け方を一挙紹介!どんな特徴がある?