法人カードの審査基準とは?通過するためにできる対策を一挙紹介!

法人カードに設けられている審査基準とは?

最終更新日: 2021年3月25日
法人カードに設けられている審査基準とは?

クレジットカードと比較して作りにくいと言われている法人カード。
そのため、審査に通れる人の基準を知りたい人も居るのではないでしょうか?

実は、どの法人カードも落ちない基準を公にはしていません。
発行会社が明確に発表するようなことなく、ブラックボックスの話なのです。

しかし、あくまでも通説として流れている法人カードの審査基準は存在。
それを知れば、法人カードの申し込みにおける不安感を和らげられるかも知れません!

そこで今回は、世間で流れる法人カードの審査基準について解説します!

どういった裁量なのか、通過するためにできる対策とは何か。
また、発行までのハードルが低い法人カードも紹介するので、ぜひご覧ください!

法人カードの審査基準は大きく分けて3つ!

法人カードの審査基準は大きく分けて3つ!

法人カードには、3つの審査基準があるとされています。
一般的に言われている法人カードの審査基準は、以下の3つです。

  • 基準1:法人や事業の設立年数
  • 基準2:法人や事業の財務状況
  • 基準3:代表者の信用情報

それでは、上記3つの審査基準について、1つずつ詳しく紹介していきます。
法人カードを導入しようと考えている方は、これから紹介する審査基準についてしっかりと覚えておくようにしましょう。

法人や事業の設立年数

法人や事業の設立年数

法人カードの審査では、設立年数を確認されます。
その理由は、設立年数から安定している企業か判断できるためです。

発行会社としては、事業の安定した企業に法人カードを発行したいという思いがあります。
そうでないと、貸し倒れのリスクが常に伴い、利用者からの返済が滞る可能性があるからです。

よって、法人カードの審査基準には基本的に設立年数が入っています。

ちなみに、審査基準において理想と言われる設立年数は3年以上。
実際、そういった申請条件を掲げる法人カードがあるのも事実です。

一方で、設立1年未満でも作れると謳う法人カードも存在します。
そのため、設立年数が3年未満という企業では、こうした審査基準の法人カードを選ぶと良いでしょう!

法人や事業の財務状況

法人や事業の財務状況

法人カードの審査基準には、財務状況も含まれると言われています。
その理由は、財務状況が安定していれば信用できると発行会社が思えるからです。

安定した財務状況だと認識されるラインは、2期連続で黒字かどうか。
法人カードの導入しようと思われている方は、この点を確認するようにしましょう。

ただ、現在では審査基準に財務状況を含めない法人カードも多いと言われています。

これは、申請時に財務関係の書類が不要の法人カードが増えているため。
決算書や所得証明書などの書類も提出を求められないことが多いので、そういった法人カードを選ぶのもおすすめです!

代表者の信用情報

代表者の信用情報

最後に紹介する審査基準は「代表者の信用情報」です。
法人カードの審査では、法人としての審査に加え、実は申請者個人の審査も行われます。

審査で見られるのは、申請者の個人信用情報 (クレジットヒストリー) 。
「過去の返済状況」や「現在の借入状況」などが記録されており、審査での確認が義務付けられている代物です。

個人信用情報は法人カードの審査基準において重視されており、これが悪い評価だと黒字経営でも落ちることがあります。

一方で、良い評価であれば審査に通り法人カードを作れることも。
個人信用情報はCICという機関のサイトで確認できるので、審査基準に不安の方は確認されることをおすすめします!

個人信用情報の悪い評価は、5年~10年で抹消されます。
仮に悪い評価という方は、申請するのを後回しにした方が良いかも知れません。

審査基準を満たしていない場合の対策とは?

審査基準を満たしていない場合の対策とは?

審査基準を満たしておらず、不安を抱く人も居ることでしょう。
そんな審査基準を満たせていない方は、審査の対策を試みることをおすすめします!

もしも審査基準に不安のある方は、これから紹介します3つの対策を講じてみてください。

固定電話を事業用に契約する

固定電話を事業用に契約する

1つ目の対策は、事業用の固定電話を設置するというもの。
事業の存在証明が可能になり、法人カードの審査に通りやすくなるかも知れません!

また法人カードによっては、申請時の提出書類に固定電話の有無を聞くものもあります。
固定電話が審査に影響することがあるので、審査基準を満たしていないときは準備されると良いでしょう。

ホームページを作る

ホームページを作る

2つ目の対策は、自社のホームページを用意するというもの。
こちらも固定電話と同じ理由により、審査が通りやすくなると言われています。

ホームページ作成には、申請書類だけでは伝えきれなかった自社の良さをアピールできるメリットも。
事業の実態を明るみにできるので、より厚い信頼を獲得できることは間違いないでしょう!

簡単なものであれば費用が少なくて済むので、審査基準に不安ならホームページ作成をおすすめします。

利用限度額を低めに申請する

利用限度額を低めに申請する

3つ目の対策は、利用限度額を低めにして申請するというもの。
これは、利用限度額を高めに希望すると滞納のリスクが上がることため、審査が厳しくなる傾向にあるからです。

反対に、利用限度額が低ければ、発行会社のリスクは軽微なもの。
そのため、法人カードの審査に通る可能性は高くなるかも知れません!

ちなみに、キャッシングなども同様の理由から審査が厳しくなることも。
増枠もキャッシング枠の設置も発行後に行えるので、発行前は止めておくことをおすすめします。

通過率65%超えのおすすめ法人カードがこちら!

通過率65%超えのおすすめ法人カードがこちら!

ここまで紹介した審査基準を満たしていないと思った方も居ることでしょう。
そんな方は、審査基準のハードルが低い法人カードに申請されることをおすすめします。

審査基準が易しくておすすめの法人カードは「三井住友forOwnersクラシック」です!

こちらは、設立1年目のスタートアップ企業でも申請OKと公式に記載の法人カード。
3年以上が理想の設立年数において、初年度から審査に通る可能性があるのは非常に嬉しいことです!

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主・法人代表者向けの法人カードです。
申し込みの際に登記簿謄本、決算書が不要で個人の与信をベースに審査するため、創業1年未満でも発行できます。

参照:https://www.smbc-card.com/hojin/magazine/column/examination.jsp

また当サイトでは、この法人カードの審査通過率 (*1) を独自に調査。
その結果、調査した全ての法人カードで最も審査通過率が高い1枚だったのです!
※11,000件以上の申請データをもとに審査通過者の割合を数値化したもの

ちなみに「三井住友forOwnersクラシック」の審査通過率は約65%。
平均45%を大きく上回る通過率であり、3人に2人が発行という結果でした。

当サイトだけでも400枚以上の発行実績があることから、創業1年未満でも発行できる甘い審査というのは、あながち間違いではないのかも知れません!

そんな「三井住友forOwnersクラシック」は、審査基準が甘いだけでなくサービスが優秀です。

例えば、レストランや宿泊施設が優待価格になる「VISAビジネスオファー」。
このサービスを活用すれば、出張費や接待費の削減を簡単に図ることができます!!

まだまだ他にも利用するメリットがある他、年会費は税込1,375円と非常に安価。
審査基準だけでなく性能面もおすすめの法人カードなので、ぜひ検討してみてください!

三井住友forOwnersクラシックの詳細

通過率が高い法人カードのランキングはこちら!

通過率が高い法人カードのランキングはこちら!

冒頭でお伝えした通り、今回の審査基準はあくまでも通説。
審査基準を満たしていても通らないことがあるのは覚えておきましょう。

通る可能性が高いのは紹介した「三井住友forOwnersクラシック」なので、審査基準に不安のある方はこちらを検討してみてください!

また、審査通過率の高い法人カードは他にも存在します。
以下で紹介していますので、他の法人カードも気になる方は参考にしてみてください!

審査ランキング

TOP > 審査について > 法人カードの審査基準とは?通過するためにできる対策を一挙紹介!