最短で発行できる法人カードとは?スピード発行の方法を解説!

最短で発行できる法人カードを紹介!スピード発行の方法とは?

最終更新日: 2020年8月24日

画像: 最短で発行できる法人カードについて

ビジネスの効率化が図れる法人カード。
今すぐにでも導入したいという思いから、最短で発行できる法人カードはないものかと探している方もいるのではないでしょうか?

基本的に、法人カードの発行には、最低でも1~2週間程度の時間が必要です。
法人カードによっては、これ以上の時間が掛かるものもあるため、事前に申請することが大切になります。

しかし、法人カードの中には、最短で発行できるものも存在
そういった法人カードを探し出せれば、様々な事情により、できる限り早めの導入を実現したいという方の希望に沿うことができます。

ただ、どういった法人カードが最短で発行できるのかわからない方もいることでしょう。

そこで今回は、最短で発行できる法人カードについて解説!
最短何日で発行できる法人カードが存在するのか、またスピード発行を実現する方法についても紹介します。

加えて、最短で発行可能なおすすめの法人カードも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

法人カードで即日発行は叶わない!最短3営業日での発行が可能

画像: 法人カードの即日発行について

法人カードの導入を検討している方の中には、最短即日での発行が可能なものを探している方もいると思います。

しかし、個人向けクレジットカードとは違い、最短即日で発行できる法人カードは存在しません
そのため、法人カードを導入するためには、ある程度の時間が必要だと覚えておきましょう。

では、最短で導入できる法人カードは、一体何日くらいで発行することができるのでしょうか?

結論を言うと、法人カードの中には、最短3営業日で発行できるものが存在!
即日発行とまではいきませんが、最短3営業日で発行できる法人カードを見つけ出せれば、急ぎの方の希望に沿うことはできるはずです。

とはいえ、当然ながらどんな法人カードも、最短3営業日で発行できるわけではありません。
また、スピード発行が可能な法人カードでも、最短で入手する方法について知らなければ、早めの導入は叶わないことでしょう。

そうならないために、ここからは法人カードを最短で導入するための方法について解説します。

最短で導入するための方法を解説!

画像: 最短で導入するための方法について

最短で法人カードを発行する方法は、主に以下の通りです。

  • 利用限度額を低めに申請する
  • キャッシング機能なしで申請する
  • 同時にETCカードは申請しない

それでは、法人カードを最短で発行するために大切な上記3つの方法について解説します。

利用限度額を低めに申請する

画像: 利用限度額について

まず、法人カードを最短で発行するなら、申請時に低めの利用限度額を希望するようにしましょう。

利用限度額とは、その名の通り法人カードを利用できる上限金額のこと。
この利用限度額を高めに設定した場合、法人カードの審査が最短で終了しない可能性が高くなります。

というのも、高めの利用限度額を申請すると、その分発行会社が申請者の信用情報を厳しく審査するかもしれないためです。

高い利用限度額を許可するということは、それだけ貸し倒れ時のリスクが高くなるということ。
万が一、高い利用限度額を付与した法人カードの所持者が倒産や自己破産をしてしまった場合、カード利用額は発行会社が負担することになります。
当然ながら、高い利用限度額を許可するほど、貸し倒れ時の損失は膨らんでしまいます。

そのため、利用限度額を高めにして申請すると、貸し倒れの可能性が低いか調べるために、法人カード発行時の審査が厳しくなる可能性があるという訳です。

もちろん、審査が厳しくなるということは、法人カードの発行に時間が掛かってしまうかもしれません。
なので、法人カードを最短で発行したいなら、できる限り低めの利用限度額で申請するようにしましょう。

ちなみに、法人カードの利用限度額は、発行後に増枠することができます。
決して、発行時の利用限度額を変更できない訳ではないので、安心してください。

キャッシング機能なしで申請する

画像: キャッシング機能について

最短で法人カードを発行するためには、キャッシング機能を付帯しないというのも大切です。

キャッシング機能とは、法人カードでお金を借り入れられる機能のこと。
キャッシュフローを簡単に改善できるため、法人カードのキャッシング機能を重宝している方もいます。

では、なぜ法人カードの申請時にキャッシング機能の付帯を希望すると、最短で発行できなくなるのでしょうか?

この理由は、法人カードの発行時に通常の審査に加えて、キャッシングに関する審査も追加されるためです。

キャッシング機能は、発行会社からしてもリスクが高いサービス。
もし、貸し倒れなどが発生してしまった場合、キャッシングによって貸したお金は返ってこなくなります。

そうなってしまっては発行会社にとって大きな損失なので、慎重に申請者を吟味するためにキャッシングに関する審査が追加されるという訳です。

もちろん、キャッシングの審査が追加されるため、発行には通常より時間が掛かる可能性があります。
なので、法人カードを最短で発行したいなら、キャッシング機能は希望しないようにしましょう。

同時にETCカードは申請しない

画像: キャッシング機能について

最後に紹介する最短で導入する方法が、「同時にETCカードは申請しない」というものです。

ほとんどの法人カードには、ETCカードを発行できるサービスが付帯しています。
しかし、ETCカードを同時に申請するということは、法人カードの発行にあたり作業が増えるということ。

作業が増えればその分時間が掛かってしまうため、法人カードを最短で発行できない可能性が高くなります。

ちなみに、法人カードの発行後でも、ETCカードを作成することは可能です。
そのため、法人カードを最短で発行するために、ETCカードの申請は後回しにすることをおすすめします。

スピーディな発行が可能1枚!「セゾンコバルト・ビジネス・アメックス」

画像: セゾンコバルト・ビジネス・アメックス

今回、最短で法人カードを導入したい方におすすめとして紹介するのが、「セゾンコバルト・ビジネス・アメックス」。
数ある法人カードの中でも、最短での発行が可能な1枚となっています!

この法人カードが持つ最大の魅力は、何といっても最短3営業日で発行できるところです。
基本的に法人カードの発行には、1~2週間程度の時間が必要ですが、それと比べて約10日も早い導入が可能
最短で法人カードを導入したい方にとって、最適な1枚と言っても過言ではないでしょう。

しかも、最短3営業日で発行できるだけでなく、この法人カードには審査に通りやすいという魅力もあります。

この法人カードの公式サイトには、企業・事業を設立して間もない方でも申請可能と明記。
スタートアップ段階の方でも申し込めるということは、審査の際に法人・事業の収益などをそこまで厳しく見ていないのではと推測できます。

なので、法人・事業の実績に対してあまり自信がない方でも、審査に通過できる可能性は十分にあると思います!

その他にも、有効期限がないポイント還元サービスを提供していたり、様々なビジネス関連の優待サービスを備えていたりするセゾンコバルト・ビジネス・アメックス。
年会費は1,000円と法人カードの中でも格安なので、最短で発行できる法人カードを探している方は、ぜひ検討してみてください!

セゾンコバルト・アメックスの詳細

前もって法人カードに申請してみては?

画像: 法人カードを事前に申請してみては?

今回は、法人カードを最短で発行する方法について解説しました。
また、最短3営業日で発行できる法人カードも紹介したので、できる限り早めに導入したい方は、申請してみることをおすすめします。

とはいえ、最短での発行が可能なものに申し込むのではなく、前もって他の法人カードに申請するのも1つの手。
これは、最短で発行ができる法人カードは種類が少ないため、本当に自身のビジネスに合った1枚を入手するのが困難だからです。

もちろん、最短で発行可能な法人カードを探すのも、1つの選択肢にはなります。
しかし、導入したはいいものの、自身にとって使い勝手が良いものでなければ、法人カード導入によるメリットを十分に獲得できないことでしょう。

そうならないためにも、法人カードには前もって申請することを心がけ、自身のビジネスに最適な1枚を探してみてはいかがでしょうか?

もし、最短で発行できる法人カード以外にも確認したいという方がいたら、ぜひ当サイトを活用してみてください!

当サイトでは、最短で発行できるもの以外にも、非常に多種多様な法人カードを紹介しています。
加えて、おすすめの法人カードで作成したランキングも紹介しているので、きっとあなたのビジネスにぴったりな1枚が見つけられると思います。

法人カードを探す

TOP > 最短で発行できる法人カードとは?スピード発行の方法を解説!