法人カードは即日発行できない!?最短で入手できるおすすめを紹介!

法人カードは即日発行できない!?

最終更新日: 2020年8月24日

画像: 即日発行できる法人カードについて

キャッシュフローの安定を図れる法人カード。
きっと、様々な理由により、即日発行で法人カードを手に入れたいと考えている方もいることでしょう。

基本的に、法人カードの発行には、2週間~4週間程度の時間が必要です。
申し込みから審査通過、法人カードの受け取りまで1ヵ月以上掛かることもあります。

それでは、法人カードの中には、即日発行で入手できるものは存在するのでしょうか?

結論を言うと、即日発行が可能な法人カードは存在しません
そのため、本日中に法人カードを入手することはできないので、注意してください。

しかし、法人カードの中には、即日発行と変わらないスピードで入手できるものが存在!
即日発行とまでは言わずとも、あなたの要望に応えられる法人カードがあるかもしれません。

そこで今回は、比較的早いスピードで入手できる法人カードを紹介します。
また、法人カードで即日発行が叶わない理由や、スピード発行を実現するための方法について解説。

できる限り法人カードを早めに手に入れたいビジネスマンの方は、ぜひ参考にしてみてください!

法人カードで即日発行ができない理由を解説!

画像: 法人カードで即日発行ができない理由について

法人カードでは、残念なことに即日発行が叶いません。
即日発行が実現できないのは、主に「審査項目の多さ」が原因です。

個人向けクレジットカードの中には、即日発行で入手できるものが存在。
しかし、これは個人向けクレジットカードの審査項目が、「申請者個人の信用情報」のみと法人カードよりも少ないためです。

一方で法人カードの場合、申請者個人の信用情報に加え、法人・事業の信用情報も審査します
また、個人向けクレジットカードよりも、貸し倒れ時のリスクが高いことから、法人カードの審査はさらに厳しいものとなっています。

これらの理由を踏まえ、法人カードの審査には、基本的に1~2週間程度の時間が必要
なので、法人カードでは、即日発行が叶わないという訳です。

ただ、即日発行は叶わないものの、法人カードの中には、最短営業日~1週間で発行できるものも存在します。
もし、できるだけ早く法人カードを導入したいと考えている方がいたら、1週間以内で発行できるものを探してみてはいかがでしょうか?

最短で入手するための方法とは?

画像: 最短で発行する方法について

上述した通り、法人カードの中には、即日発行が叶うものはありません。
そのため、できる限り早く法人カードを手に入れたいなら、1週間以内で発行できるものに申し込むことをおすすめします。

ただ、法人カードを最短で発行するためには、申し込みの際にいくつか気を付けなければいけないことがあります。
それらの注意点が、以下の通りです。

  • キャッシング機能を希望しない
  • 高い利用限度額を希望しない
  • ETCカードの申請を同時にしない

それでは、法人カードを即日発行に近いスピードで入手するために、気を付けるべき上記3つの注意点を1つずつ紹介します。

キャッシング機能を希望しない

画像: キャッシング機能について

法人カードを最短で発行するためには、申請時に「キャッシング機能を希望しない」ことが大切になります。
というのも、キャッシング機能の付帯を希望してしまうと、法人カード発行時の審査に加え「キャッシングの審査」も追加されるためです。

キャッシング機能とは、法人カードを利用してお金を借り入れられる機能のこと。
現金の調達が簡単にできるため、キャッシュフローの安定を図りやすくなります。

しかし、キャッシング機能を利用するためには、所定の審査に通過する必要があります。
要は、法人カード自体の審査とキャッシングの審査2つに通過しなければいけないということです。

当然ですが、より法人カードの発行に時間が掛かってしまうので、キャッシング機能は希望しないようにしましょう。

高い利用限度額を希望しない

画像: 利用限度額について

法人カードを即日発行に近い早さで入手したい方は、申請時に高い利用限度額を希望しないようにしてください。
これは、法人カード申請時に高い利用限度額を希望すると、審査がより厳しくなると言われているからです。

高い利用限度額を設定することは、法人カードの発行会社にとって大きなリスク。
万が一、貸し倒れといったトラブルが発生してしまうと、利用限度額が高いほど発行会社の損失が大きくなる可能性があります。

なので、そのリスクを最小限に抑えるために、高い利用限度額を付与するに値する申請者かどうか、法人カード発行時に厳しく審査するという訳です。

厳しい審査を行うということは、それだけ審査に時間を要するということ。
低い利用限度額を希望するよりも、高い利用限度額で法人カードに申請する方が、審査が長引くと推測できます。

そのため、即日発行と変わらないスピードで法人カードを入手したい方は、できる限り低めの利用限度額を希望してみてはいかがでしょうか?

法人カードの利用限度額は、後から増枠することが可能。
決して、発行時の利用限度額が永久的に固定されるわけではないので、安心してください。

ETCカードの申請を同時にしない

画像: ETCカードについて

ほとんどの法人カードには、ETCカードを発行できるサービスが付帯します。
ただ、ETCカードも同時に申請すると、即日に近いスピードで法人カードを発行できなくなるので注意してください。

法人カードと同時にETCカードも申し込むということは、追加で発行作業が発生するということ。
当然ですが、追加の作業が発生してしまうと、それだけ法人カードの発行にも時間が掛かってしまいます

本来であれば、1週間以内に発行できる法人カードでも、ETCカードも同時に申請することで1週間以上の時間が掛かってしまうかもしれません。
なので、法人カードを即日に近い早さで発行するなら、ETCカードの申し込みは後回しにすることをおすすめします。

即日発行と変わらない!?おすすめの1枚を紹介!

画像: 即日発行と変わらないスピードで発行できるおすすめについて

上述した通り、法人カードには、即日発行を実現できるものがありません。

しかし、即日に近いスピードで発行できる法人カードは存在。
今回、即日発行できる法人カードを探している方におすすめとして紹介するのが、「セゾンコバルト・ビジネス・アメックス」です!

この法人カードは、なんと最短3営業日での発行が可能。
一般的な法人カードの場合、最低でも発行には2週間以上の時間を要してしまいます。
それに対して、約10日も早く所持できる可能性があるため、即日発行の法人カードを探している方におすすめです。

しかも、即日に近いスピードで発行できる法人カードは、それだけ審査に甘い可能性があります。

発行に掛ける時間が短いということは、審査に掛ける時間も短いと推測可能。
他の法人カードと比べて、審査の際に確認する項目が少ない可能性が高いので、審査に緩いかもしれないという訳です。

そんなセゾンコバルト・ビジネス・アメックスは、魅力的なポイント還元サービスを提供しています。
それが、「永久不滅ポイント」というポイント還元サービスです。

永久不滅ポイントとは、この法人カードの発行会社「クレディセゾン」が提供するポイントプログラムのこと。
その名の通りポイントに有効期限がないため、ポイントの失効といった心配が全くいらない法人カードです!

自身のペースでコツコツポイントを貯めることができるので、優秀なポイント還元サービスを求める方にもおすすめの法人カードとなっています。

このように、即日に近い早さで発行できるだけでなく、優秀なポイント還元サービスも備えるセゾンコバルト・ビジネス・アメックス。
年会費は1,000円と法人カードの中でも格安なので、即日と変わらないほどのスピードで発行できるものを探している方は、ぜひ検討してみてください!

セゾンコバルト・アメックスの詳細

こちらで他の法人カードも探してみては?

画像: 他の法人カードについて

今回は、法人カードが即日発行できない理由について紹介しました。
また、即日発行は叶わないものの、最短3営業日で所持できる法人カードも紹介したので、早速の導入を検討している方もいることでしょう。

とはいえ、即日発行が叶わないなら、他の法人カードを前もって申請するのも1つの手。
発行までに時間が掛かる法人カードの中には、非常に高性能なものも存在しているため、よりあなたのビジネスに最適な1枚が見つけられるかもしれません。

もし、他の法人カードに前もって申請してみようかなと考えている方がいたら、当サイトで探してみてはいかがでしょうか?

当サイトでは、40枚以上もの法人カードを徹底比較。
比較した結果、用途別におすすめの法人カードでランキングを作成しているので、きっと導入を検討したくなるような1枚に出会えることでしょう!

法人カードを探す

TOP > 法人カードは即日発行できない!?最短で入手できるおすすめを紹介!