法人カードの審査に落ちた原因や対応策について解説!何ができる?

法人カードの審査に落ちた原因は?対応策には何がある?

最終更新日: 2020年12月4日

画像: 法人カードの審査に落ちた理由について

きっと、法人カードの審査に落ちたことにより、その原因や対応策について知りたい方もいるのではないでしょうか?

法人カードの審査に関する情報は、基本的にブラックボックスの扱い。
そのため、なぜ法人カードの審査に落ちたのか、完璧に把握することはできません。

ただ、一般的に言われている法人カードの審査基準を知ることにより、その理由について推測することは可能です。
また、原因を推測できれば、対応策を講じることもできます。
法人カードの審査に落ちないためにも、原因の推測方法や対応策について知っておくことは大切です。

そこで今回は、法人カードの審査に落ちた場合に考えられる原因について解説。
また、今後法人カードに申請する際に、どういった対策を講じることができるのか、詳しく紹介します。

さらに、審査に甘いと言われているおすすめの法人カードも紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

法人カードの審査に落ちてしまう原因を一挙に紹介!

画像: 法人カードの審査に落ちてしまう原因について

法人カードの審査に落ちた場合、きっとその原因について知りたい方は多いと思います。

そこで、ここでは法人カードの審査に落ちた原因について一挙に紹介。
考えられる合計4つの原因を紹介するので、参考にしてみてください!

法人・事業を設立してから3年未満のケース

画像: 設立年数について

一般的に法人・事業を設立してから3年以上の年数が経過していないと、法人カードの審査には通らないと言われています。
そのため、法人カードの審査に落ちた原因として、法人・事業の設立年数が関係しているかもしれません。

では、なぜ法人カードの発行会社が設立年数を確認するのかというと、法人・事業の信用度を審査する可能性が高いからです。

発行会社としては、信用できない申請者に法人カードを発行したいとは思わないことでしょう。
もし、設立年数が短い法人・事業に法人カードを発行してしまうと、貸し倒れといったリスクが高くなるかもしれません。
基本的に、設立年数が長い法人・事業の方が安定した経営・事業運営をしているため、3年を基準に設立年数を確認する可能性が高いという訳です。

もちろん、法人カードの発行会社によっては、審査の際に設立年数を重要視していないところもあります。
ただ、審査に落ちた原因として、設けられている設立年数の基準に満たなかった可能性は、十分にあることでしょう。

法人・事業の経営が安定していないケース

画像: 赤字経営について

法人カードの審査に落ちた原因として、法人・事業の経営が赤字続きであることが考えられます。
というのも、法人カードの発行会社によっては、申請者の財務状況を重要視する可能性があるからです。

先ほどの設立年数と同様に、法人カードの発行会社は、申請者の信用度を審査します。
当然ながら、法人・事業の経営状況が上手くいっていない場合、審査に落ちてしまうかもしれません。

財務状況の審査をする際に、基準として設けられているのが2期以上の黒字決算
もし、2期以上の黒字決算を続けていると、法人カードの発行会社から信用できる申請者として認められると言われています。

反対に、赤字決算がしばらく続く場合、法人カードの審査に落ちてしまう可能性は高いことでしょう。
なので、財務状況というのも、法人カードの審査に落ちた原因の1つとして挙がります。

代表者の信用度が低いケース

画像: 代表者の信用度について

法人カードの審査では、法人・事業の状況はもちろんのこと、法人代表者や個人事業主といった方の信用度も確認します。
そのため、代表者の信用度が低いことにより、法人カードの審査に落ちたのかもしれません。

例えば、代表者の方が個人向けクレジットカードの支払いを滞納していたり、ローンの支払いを延滞していたりすると、クレヒスに傷が付いてしまいます。
クレヒスとは、クレジットカードやローンなどの利用履歴のこと。
このクレヒスに傷が付いてしまっていると、法人カードの審査に落ちてしまう可能性は非常に高いです。

一方で支払いの延滞や滞納などがなく、金融事故を過去に起こしたことがない方であれば、法人カードの審査は有利になることでしょう。
なので、クレヒスが原因で法人カードの審査に落ちたのではと不安な方は、確認するようにしてください。

ちなみに、クレヒスは、CICという信用情報機関に保管されています。
情報の開示を依頼すればすぐに確認できるので、クレヒスに自信がない方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

高ランクの法人カードに申請したケース

画像: 法人カードのランクについて

きっと、ゴールドやプラチナといった高ランクの法人カードに申請した結果、審査に落ちてしまったという方もいることでしょう。

基本的に、法人カードの審査は、「一般→ゴールド→プラチナ」とランクが上がるにつれて、厳しくなると言われています。
高ランクの法人カードに申し込めば、それだけ審査に落ちてしまう可能性が高くなるということ。
もしかすると、高ランクの法人カードに申請したことが原因で審査に落ちてしまったかもしれません。

特に、初めて導入する方が高ランクの法人カードに申請した場合、審査に落ちてしまう可能性は非常に高くなります。
これは、初めてだと確認できる信用情報が少なく、高ランクの法人カード発行にリスクがあると判断されるためです。
なので、初めての導入を検討していた方なら、なおさら高ランクの法人カードに申請したことが審査に落ちた原因として考えられます。

審査に落ちた場合の対策とは?

画像: 審査に落ちた場合の対策について

ここからは、法人カードの審査に落ちた場合、行うべき対策について紹介します。
法人カードの審査に通りやすくなるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください!

ちなみに、1度法人カードの審査に落ちてしまった場合、半年間の期間を空けて申請する方が良いと言われています。
これは、法人カードの申し込み履歴が信用情報機関に半年間保存されるためです。

参照:CICが保有する信用情報|CIC

審査に落ちたのにもかかわらず、半年以内に法人カードの申請をしてしまうと、ハードルが上がってしまう可能性があるので覚えておきましょう。

固定電話を導入する

画像: 固定電話について

法人カードの審査に落ちてしまった場合は、次への対策として固定電話を契約するようにしましょう。

固定電話を契約することにより、法人カードの発行会社に法人・事業の存在を証明可能
法人・事業がしっかり存在していると証明できれば、法人カードの発行会社から信頼を獲得できるかもしれません。

ちなみに、法人カードの発行会社によっては、申し込みの際に固定電話の有無について申告しなければいけないところもあります。
固定電話の有無が審査に影響する可能性は十分にあるので、覚えておくようにしましょう。

ホームページを作る

画像: ホームページについて

法人・事業のホームページを作るというのも、法人カードの審査に落ちてしまった際の対策としておすすめです。

固定電話と同様に、ホームページを作成すれば、法人カードの発行会社に法人・事業の存在を証明できます
さらに、ホームページを作成することによって、法人・事業のアピールポイントを前面に打ち出すことが可能です。
そのため、ホームページを作成することにより、法人カードの発行会社から厚い信頼を獲得できる可能性は高まることでしょう。

もちろん、発行会社から厚い信頼を獲得できれば、法人カードの審査が有利になる可能性は高いはずです。
なので、法人カードの審査に落ちないために、ホームページの作成を検討してみることをおすすめします。

申込書類を正確かつ完璧に埋める

画像: 申込書類について

法人カードに申請する際、提出する申込書類(オンラインフォーム)に記入漏れなどがあった場合、審査に落ちてしまうかもしれません。
なので、法人カードの審査に落ちてしまわないためにも、必ず申込書類は正確かつ記入漏れなく埋めるようにしましょう。

例えば、申込書類に記入ミスがあったり、空欄があったりすると、審査が滞りなく完了する可能性が低くなってしまいます
もしかすると、雑に法人カードの申し込みを行っていると認識されるかもしれません。

そうなってしまえば、法人カードの審査に落ちてしまうことでしょう。
より審査に通過する可能性を上げるために、必ず申込書類は丁寧に記入するようにしてください。

利用限度額を低めに希望する

画像: 利用限度額について

もし、利用限度額を高めにして法人カードを申請すると、審査に落ちてしまう可能性が高くなります

高い利用限度額を許可するということは、法人カードの発行会社にとって大きなリスク。
万が一貸し倒れなどが発生した場合、利用限度額が高ければ高いほど、発行会社の損失は大きくなってしまいます。
なので、法人カードの申請時に高い利用限度額を希望すると、審査に落ちやすくなってしまうという訳です。

反対に、できる限り低い利用限度額で法人カードを申請すれば、審査に通りやすくなる可能性は上がります
そのため、法人カードの審査に落ちないために、利用限度額はできる限り低めに申告することをおすすめします。

ちなみに、キャッシング機能を希望しないことによっても、法人カードの審査に通過しやすくなる可能性は高いです。
キャッシング機能の付帯を希望すると、審査が厳しくなる傾向にあるので注意してください。

審査に落ちにくい!おすすめの法人カードはこちら

画像: 審査に落ちにくいおすすめの法人カードについて

そもそも審査に落ちないためには、所持までのハードルが低い法人カードを導入することが大切です。
そこで今回、審査に落ちにくいおすすめの法人カードとして紹介するのが、「三井住友forOwnersクラシック」。
様々な要素により審査に通りやすいと言われていて、当サイトが調査した「審査通過率」が全法人カードで最も高い数値を誇る1枚となっています!

三井住友forOwnersクラシックは、審査の際に提出する必要書類が非常に少ない法人カード。
この法人カードの申請時に必要な書類は、なんと「本人確認書類」のたった1点だけです!

もちろん、決算書や登記簿謄本といった書類は、この法人カード申請時に必要ありません。
財務状況や法人・事業の内容などをあまり深く見ないのではと推測できるため、審査に通りやすい法人カードと言われています!

さらに、この法人カードは、設立して間もない方でも申請可能と公式サイトに明記しています。
スタートアップの方でも申し込めるということは、審査の際に設立年数などを重要視していない可能性があると推測可能。
なので、設立年数が原因で審査に落ちてしまうことを不安に感じている方でも、安心して申し込めることでしょう。

しかも、当サイトが算出した「審査通過率」を確認しても、審査に落ちる可能性は低いと判断できます。
その審査通過率は、全法人カードの中でもトップの約65%
平均的な法人カードの審査通過率より、約20%も高い数値となっているので、審査に甘い可能性は高いはずです。

そんな三井住友forOwnersクラシックには、ホテル・レストランを優待価格で利用できるサービスが付帯しています。
審査に緩い可能性があるだけでなく、性能面も申し分ない三井住友forOwnersクラシック。
審査に落ちるかもしれないと不安を感じている方がいれば、ぜひこの法人カードの導入を検討してみてください!

三井住友forOwnersクラシックの詳細

こちらのランキングも要チェック!

画像: ランキングについて

今回は、審査に落ちた場合の原因について紹介しました。
その原因をもとに、できる対策についても解説したので、ぜひ参考にしてみてください!

また、審査に落ちにくいおすすめの法人カードとして、三井住友forOwnersクラシックを紹介しました。
1度審査に落ちてしまった方でも、所持できる可能性があるので、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

とはいえ、法人カードを導入するなら、他の選択肢も考えておきたいという方もいることでしょう。
そんな方は、審査に甘いと言われている法人カードを中心に探してみることをおすすめします。

もちろん、審査に落ちにくいと言われている法人カードは、今回紹介したもの以外にも存在します。
なので、他の選択肢も確認しておけば、審査が緩いのはもちろんのこと、より自身に合った法人カードを導入できるかもしれません。

もし、審査に甘い他の法人カードも確認したいという方がいたら、ぜひ当サイトの「審査ランキング」をチェックしてみてください!

審査ランキングでは、審査に落ちにくいと言われている法人カード5枚を厳選してランク付け。
審査に落ちる可能性が低い法人カードばかりを紹介しているので、チェックして損はないと思います。

審査ランキング

TOP > 審査について > 法人カードの審査に落ちた原因や対応策について解説!何ができる?