法人カードの利用に掛かる手数料を一挙紹介!気を付けるべきこととは

法人カードに掛かる手数料とは?注意点も紹介!

最終更新日: 2020年8月7日

画像: 法人カードの手数料について

キャッシング機能を始め、様々なサービスが付帯している法人カード。
法人カードの導入を検討している、もしくはすでに利用している方の中には、どういった時に手数料が掛かるのか知りたい方もいることでしょう。

例えば、法人カードで備品を購入する際、基本的には支払い方法を選択できます。
選択する支払い方法によっては、法人カードを利用することで手数料が発生
法人カード利用時にどういった支払い方法を選択すれば、手数料が掛かるのか知っておくことは非常に大切です。

もちろん、法人カードの利用によって、手数料が発生する状況は他にもあります。
もし、どういった場面で手数料が掛かり、その金額はいくらになるのか知っておかなければ、法人カードが原因で大きな損失を生み出してしまうかもしれません。

そうならないために今回は、法人カードを利用した際に掛かる手数料について解説します。
法人カード利用によって手数料が発生する状況だけでなく、各シーンで異なる金額の目安や計算方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

追加カードやETCカード発行時に発生する場合も

画像: 追加カードやETCカード発行時について

法人カードを発行する際、発行時に手数料が掛かることはまずありません。
しかし、法人カードのサービスである「追加カード」や「ETCカード」の発行時は、手数料が掛かることもあるので注意しましょう。

追加カードとは、親となる法人カードの分身を作成できるサービスのことです。
この追加カードを発行することによって、手数料が発生する法人カードもあります。

追加カード発行に掛かる手数料は、各法人カードによって様々。
親となる本カードの年会費によって変動するため、一概に手数料の目安を伝えることはできません。
なので、法人カードで追加カードを発行する際は、必ず手数料を確認するようにしましょう。

そして、ETCカード発行時に、手数料が必要な法人カードも存在します。
ただ、法人カードでETCカードを発行する際、掛かる手数料は500円~1,000円程度
非常に安価な値段で発行できることから、ETCカードの発行手数料は気にしなくても良いでしょう。

ちなみに、上記2種類のカードに加え、法人カードを紛失・盗難されてしまった場合、再発行手数料が必要なケースもあります。
再発行する場合に掛かる手数料は、約1,000円です。

もちろん、法人カード・追加カード・ETCカードによって手数料は異なるので、再発行を検討している方は、事前に確認しておくことをおすすめします。

手数料が掛かる法人カードの支払い方法とは?計算方法を紹介!

画像: 手数料が掛かる支払い方法について

法人カードには、以下5つの支払い方法があります。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い
  • ボーナス一括払い
  • リボ払い

これらの支払い方法の中に、手数料が掛かるものがあります。

1回払い、2回払い、ボーナス一括払いの場合、基本的に手数料の掛からない法人カードがほとんど。
しかし、どの法人カードも分割払い(2回払いを除く)とリボ払いでは、手数料が発生します。

それでは、法人カードで分割・リボ払いによる決済をした場合、どれほどの手数料が掛かるのでしょうか?
ここからは、2つの支払い方法で異なる手数料の計算方法を紹介します。

分割払い

画像: 分割払い

上述した通り、2回払い以上の分割払いで法人カードを利用した場合は、手数料が発生。
その手数料を計算するためには、以下の公式を用いる必要があります。

利用額×(100円あたりの分割手数料(※)÷100円)
(※ 100円当たりの分割手数料とは、各法人カードの発行会社が定める手数料のこと)

では実際に、法人カードで分割払いを利用した際に掛かる手数料を計算してみましょう。
今回は、以下のケースをもとに、分割払いの手数料を計算してみます。

  • 利用額は10万円
  • 分割回数は10回払い
  • 100円当たりの分割手数料は6.8円

公式を用いて、上記のケースをもとに分割手数料を計算した結果が、以下の通りです。

  • 10万円×(6.8円÷100円) = 6,800円

上記の通り、法人カードで分割払いを利用した際に掛かる手数料は、非常に簡単に求めることが可能!
各法人カードで違う100円当たりの分割手数料さえ調べれば、数秒で分割手数料の総額を知ることができるでしょう。

ただ、上記の結果はあくまで「10回の分割払いによって発生する手数料の総額」です。
月ごとに掛かる分割手数料を知りたい場合は、以下のように支払い回数で割らなければいけないので注意しましょう。

  • 6,800円÷10回 = 680円/月

単純に10回で割ればいいだけなので、非常に簡単!
法人カードで分割払いによる支払いを検討している方は、ぜひ上記の計算方法を参考にしてみてください。

リボ払い

画像: リボ払い

法人カードのリボ払いで掛かる手数料を計算する際は、分割払いと違った公式を用いなければいけません。
リボ払いの手数料を計算するために必要な公式は、以下の通りです。

利用額×実質年率÷365日×利用日数(※)
(※ リボ払いを利用してから、支払いが完済するまでの期間のこと)

まず、リボ払いに掛かる手数料の計算方法を紹介する前に、「実質年率」について解説します。

実質年率とは、法人カードの発行会社が定める年間で掛かる利息のこと。
法人カードの発行会社が定めているものの、その値は法律によって上限が決められています。

基本的に、法人カードの発行会社が定める実質年率は18%です。
とはいえ、法人カードによって異なることもあるので、リボ払いの手数料を計算する際は、確認するようにしましょう。

では、法人カードでリボ払いを利用した際に、掛かる手数料の計算方法を紹介します。
今回は、以下の条件のもと、リボ払いの手数料を計算します。

  • 利用額は10万円
  • 実質年率は18%
  • 利用日数は30日

そして、上記条件を公式に当てはめた結果が、以下になります。

  • 10万円×18%÷365日×30日 = 1,479円

分割払いの手数料同様、リボ払いの計算方法も非常に簡単です!
ただ、分割払いとは違い、リボ払いの場合は利用額に応じて毎月の返済額が変動するので注意してください。

キャッシング機能でも手数料は発生!

画像: キャッシングについて

法人カードの中には、キャッシング機能が付帯するものも存在します。
このキャッシング機能を利用した場合も、手数料が掛かると覚えておきましょう。

キャッシングの手数料を計算する方法は、リボ払いの計算方法と同様。
以下の計算式を用いることによって、法人カードでキャッシングを利用した際の手数料を求めることができます。

利用額×実質年率÷365日×利用日数

この計算式からわかる通り、キャッシング手数料というのは「利用額」・「利用日数」によって大きく異なります。
そのため、法人カードでキャッシングを利用する際は、手数料を抑えるために「少ない利用額」・「早めの返済」を心がけるようにしましょう。

利用額の返済は期日までに行うべき!

画像: 返済額の延滞に注意

法人カードの利用額は、引き落とし日に指定の銀行口座から引き落としされるシステムとなっています。
万が一、この引き落とし日に間に合わず、利用額を返済できなかった場合、「遅延損害金」という手数料が発生。
この手数料は、キャッシングに掛かる費用と変わらないほどなので気を付けましょう。

例えば、「オリコEXGold forBiz」という法人カードでは、遅延損害金として利用額に対し14.6%の利息を加算しています。
この法人カードで10万円の利用があり、その返済が遅れてしまった場合、月に1,200円程の手数料が必要です。

もちろん、法人カードによっては、上記以上の利息が掛かり手数料が高くなるケースもあるので、決して利用額を延滞しないようにしてください。

また、法人カード利用額の返済に遅れてしまった場合、手数料が増えることに加え、もう1つ問題が起きてしまいます。
それが、個人の信用情報に傷が付いてしまうというものです。

法人カードと言えど、名義人や保証人の情報は控えられているため、返済を滞納すればその方の個人信用情報に傷が付きます。
個人の信用情報に傷が付くということは、今後のクレジットカードやローンの審査に悪影響を及ぼすということ。
もしかすると、審査に通らずお金が借入できないという事態に陥ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、法人カードの利用額は必ず指定された期日までに返済するようにしましょう。

正しく利用していれば法人カードはメリットばかり!

画像: 法人カードはこちら

今回は、法人カードに関する手数料を紹介しました。
法人カードの発行自体には掛からないものの、支払い方法や利用するサービスによって手数料が掛かるので気を付けましょう。

とはいえ、法人カードというのは、正しく利用していればメリットしかない便利なアイテム。
ビジネスを効率化してくれる様々な特徴を持っているため、法人・個人事業主の方問わず多くの方に愛されています。

もし、まだ法人カードを導入できていない方がいたら、当サイトで探してみてはいかがでしょうか?
高性能な法人カードばかりを紹介しているので、きっとあなたのビジネスに最適な1枚が見つかると思います。

法人カードを探す

TOP > 法人カードの利用に掛かる手数料を一挙紹介!気を付けるべきこととは